日常生活や休日のタイツ | pangudownloads.com
ファッション

日常生活や休日のタイツ

有名デザイナーのCarl Lagerfeldは、セクシー・タイツの半ズボンははるかに早い時期に登場しましたが、20世紀の80年代の女性服のアイテムとしてレギンスを生き延びました。数世紀前、彼らは男性だけが着用し、最初は服の下に置かれ、その後軍服に広く使われた。

日常生活や休日のタイツ

これらのタイトなセミ・パンティーの名前は、最初のレギンスが縫い付けられた材料から得られたものである。推測するのが簡単なので、この材料はエルクの肌でした。

80年代、レギンスが2度目の生まれで生き残り、女性の愛を獲得したとき、彼らは合成布から縫い付けられ、その色は主に明るく蛍光を発しました。

90年代のレギンスやレギンスは暖かくなり、ポケットやその他のインテリアが見られました。叫ぶ色の場所は、グレー、ブラック、ベージュ、ダークブルー、ブラウンで占められていました。

今日では、綿、革、スエード、ウール、合成繊維などの様々な素材で作られています。スポーツファンのために、フィットネス、ヨガ、エアロビクス、ダンス用の特別モデルが縫い付けられています。

それらは、通例、通気性のある弾性材料でできています。現代のレギンスの色はまた異なります:セールでは、古典的な黒と珍しいカラフルな色の両方をさまざまなプリントで見つけることができます。

誰が適しているか

レギンスは服の非常に快適な種類です、彼らは優しく足にしがみつく、運動を妨げない、寒い季節に暖かい、タイツのように滑り落ちることはありません。これらの資質のおかげで、彼らは確実に女性のワードローブに定着し、明らかにそれを残すことはありません。

レディースレギンスはかなり多彩な服ですが、年齢や体型に関係なく、ほとんどすべてにフィットします。最も重要なことは、服装を選んで尊厳を強調し、人物の欠陥を隠すことです。

このタイプの衣類には世界中のファンがいますが、相手もいます。 80年代の表彰台にレギンスが登場したファッショナブルなドイツの雑誌が、彼らを悪夢と呼びました。このエディションでは、バイエルンのソーセージとタイトなズボンで女性の足を比較しました。

真実はこれにありますが、それでも女性はすべての女性がその脚を強く強調して、その長所と短所の両方を示しているため、女性に行くわけではありません。

レギンスを購入する前に、客観的に見ていく必要があります。細身で雄大な女性を身に着けないようにしてください。

伝説を選ぶときには、水平線画、明るい色、大きなケージの塗りつぶし、そして足の長さを覚えておく価値があります。そのようなズボンは、薄い、背の高い女の子に適しています。逆に、ダークモノクロームモデルは細身で、ジュース自体の女性が安全に買うことができます。

日常生活や休日のタイツ

また、losineを選択するときは、その長さに注意を払う必要があります。短い女の子は子牛の前でレギンスを買うべきではない。彼らは身長175cmの細身の背の高い女性にのみ適しています。

レギンスはその姿を完全に強調しているので、幅広い股関節、大々的なふくらはぎ、足首、屈曲した脚を持つ女性には適していません。これらの欠点はすべて、着用すると非常に目立ちます。

さらに、胃を絞るので、しわが出ることがあります。あなたが緩やかなブラウスを着ている場合、あなたは欠陥を隠すことができます。もちろん、これは妊婦には当てはまりません。妊婦のレギンスはいつもと違って縫製されています。彼らは柔らかく、引っ張らず、おなかの周りをやさしく包みます。

服と靴の正しい選択

タイツはズボンではありませんが、この事実を当然受け入れる価値があります。短いTシャツやブラウスでは着ることはできません。このルールの例外は、レザーレギンス、ジゼイン、ポケット、ロック、その他の装飾品を使用した非常に濃密なレギンスのみです。

黒色または有色で、上着を着用することをお勧めします:チュニック、ドレス、ロングセーター、Tシャツ。衣服の上部は、タイトなズボンを大腿線またはそれ以下に覆うことが望ましい。

ティーンエイジャーはスニーカーやスニーカーでタイツやショートTシャツを着用することができますが、25-30歳以上の女性はそのようなキットを着用することはできません。

スポーツレギンスはショートベストやTシャツと組み合わせることができますが、この形態ではほとんど自己尊重のファッショニスタが路上を歩き回ります。この衣装は、ジムやヨガへの旅行のためにのみ着用する必要があります。

クラシックなブラックレギンスや他の明るい色のレングスも、勉強のため、仕事のため(ドレスコードが許せば)、街歩きのために毎日着用できます。このようなモデルでは、ロングセーター、ショートニットドレス、カラーチュニック、ショートスカート、細長いトップス、シャツなどが完璧に組み合わせられています。

太ももの中央にシャツを着けてレギンスを着ると、ウエストにベルトを結ぶことができます。これは完全性のイメージを与えます。寒い季節には、タイツの代わりに身に着けることができ、暖かく快適です。靴に関しては、レギンスはかかととバレエシューズの両方でよく見えます。

当然のことながら、ブーツやアンクルブーツのレギンスはウィンウィンの選択肢です。実際、ヒールのない開いた靴のレギンスは視覚的に脚を短くすることができるので、バレエシューズやサンダルを使うと長靴の美しさだけにおすすめです。

キャプテンのレギンスは足首の中央に、反対には足を伸ばしてスラッシュし、低速で靴で履くことができます。

アウトレットの場合は、ビーズやスパンコール、レース、メタルディテール、刺繍でレ​​ギンスを選択するのが最善です。彼らは短いドレスやミニスカートでよく見えます。

夕方のバージョンでは、蛇の効果を持つレザーレッグ、色付き、ヒョウを含めることもできます。私は珍しい色のタイツで何を着るのだろうか。

明るい色のTシャツ、ブラウス、トップスには、同性愛者のプリントと色付きのレギンスがよく合います。上から天気によってジャケット、ジャケット、カーディガンを投げることができます。この服では、ディスコに行き、夏に通りに沿って散歩に行くことができます、主なものは適切な靴を見つけることです。パーティーのために、歩くことができる快適なバレエ団やサンダルのために、かかとを選択する方が良いです。

日常生活や休日のタイツ

ほとんどの場合、カラーのレギンスは、花、動物、幾何学、民族のパターンで作成されます。恋人を目立たせるために、彼らはワードローブに不可欠なものになるでしょう。さらに、彼らは肯定的に練習したい場合は、パーティーだけでなく、ジムでも着用することができます。

水分をよく吸収し、息を吸い込む特別な素材で作られた特別なフィットネスレギンスでは、体育を実践する方が良いですが。

レザーレギンス、黒細長いトップス、ルーズシャツ、デニムジャケット、ヘアピンの靴で美しく見える美しい外観。主なものは、トップがより控えめでなければならず、すべての注意がタイツに向けられていたということです。イメージがすばらしくなります。

今日では、ジージンは非常に人気があり、レギンスとジーンズのハイブリッドですが、ジーンズにはより多くの傾向があります。彼らはしばしばポケット、リベットとジーンズの他の特徴を持っています。女の子が理想的な人物なら、あなたは何でもジゼインを着ることができます。腰にいくつかの欠点がある場合、それをチュニックや長めの猫とTシャツと組み合わせる価値があります。

Losiny - 本当に多彩な衣類で、さまざまなタイプのトップスと組み合わせることで、毎日新しい方法で見ることができ、素晴らしい味で周囲を驚かせることができます。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

33 − = 27