くも膜下腔の拡張がいつ診断されるのですか? | pangudownloads.com
女性の健康

くも膜下腔の拡張がいつ診断されるのですか?

脳脊髄液で満たされた脊髄の軟膜とくも膜下腔の間の空洞をくも膜下腔と呼びます。このスペースを通して、脊髄の位置を固定する靭帯が存在する。

くも膜下腔の拡張がいつ診断されるのですか?

CSFの経路は、脊髄および脳のくも膜下腔および心室系からなる。脳の脳室は、その機能が脳脊髄液の産生であり、様々なタイプの上皮で覆われています。通常の状態では、くも膜下腔よりもCSFが少ない。心室の壁は十分に強く、接近不可能であり、くも膜下腔は様々な要因の影響下で容積を変化させる。

Liqvorはショックアブソーバーの役割を果たします – 脳を外傷から保護し、輸送の役割と免疫機能を果たします。

脳および脊髄のくも膜下腔は、脳の脳室と直接通信し、一連の連通する血管を形成する。くも膜下腔の外側は殻で分けられている。この構造は、別個のチャンバおよび水槽を形成する。

肯定的な圧力は、機能的状態の変化(重い身体的仕事、ストレス、感情障害でさえ)の変化に伴って短時間で増加する。傷害、中枢神経系の炎症過程および腫瘍学的疾患により、その増加が増加し、くも膜下腔の拡大につながる。

乳児のくも膜下腔の拡大

乳児のクモ膜下対流圏の空間は、頭部の成長に伴って広がる – 頭部の円周の増加。親は、頭蓋骨の骨が収束し、子供が産道を容易に通過することができる頭蓋骨の場所である、フタナネルを突き出す病理学的過程に気付くことができる。

幼児においても、大脳半球亀裂およびくも膜下腔の拡大は、頭蓋骨の急激な増加を伴い、その結果、子供は頭を上げることができない。この場合、診断は周産期脳症である。状態の一般的な中断、反射機能の低下に加えて、子供たちは変になり、食べることを拒否し、生理的に遅れて体重を減らし、体重を減らす。

もう一つの非常に明らかな症状があります – “月光の様子”. 病気の幼児のまぶたは常に下に下がり、タンパク質の一部が肌の下から見えます – 瞳孔と虹彩はまぶたの下に巻き上げられます。脳の軽度の病変では、この像は周期的に現れ、重い病変を伴い、虹彩を短時間見ることができる。

くも膜下腔の拡張がいつ診断されるのですか?

子供はまた、対流性くも膜下腔の広がりが生じる脳萎縮を有することができる。正面、頭頂葉、側頭葉および後頭葉の溝は拡大する。

心室系も拡張によって病理学的に変形される。この場合、重大な検査は生後2年目にのみ行われます。診断を行う前に、赤ちゃんの生命に危険が伴うと考えられます。


コンピュータおよび断層撮影の研究だけでなく、穿刺による脳脊髄液の抽出も必要となるかもしれない。

幼い頃、子供には神経外科撮影が与えられます。頭蓋腔の状態は、このようにして、フォントセルの融合の前にのみ可能です。

重要な領域が損傷した場合、または白血球減少症が診断された場合、この用語は脳の柔軟化と呼ばれ、機能的能力が侵害され、衝動信号は適切な量で送られず、受け入れられません。

しかし、慌てないでください。子供の体は回復のチャンスがあり、タイムリーかつ適切な治療 – 最初の症状の出現 – 回復の機会が増えています。

大人のくも膜下腔の適度な拡張によって証明されるものは何ですか?

くも膜下腔の無条件拡大 – 不均一または均一 – は起こり得ません。脳脊髄液の循環障害は、炎症性または外傷性の病理学的プロセスによって常に引き起こされ、一般的な状態に悪影響を及ぼし、脳室内の攣縮を引き起こし、大脳半球の亀裂を拡大させる。

同様の変化を引き起こす要因:

くも膜下腔の拡張がいつ診断されるのですか?
  • 酒類 – 伝導系の先天性病理;
  • 様々な重症度の頭蓋脳損傷;
  • 感染症 – 様々な病因の脳炎および髄膜炎;
  • 脳の腫瘍学的プロセス – 耳管内骨髄腫、髄膜腫など。

これらの疾患では、浮腫のために脳の体積が増加するが、頭蓋内圧の上昇により、灰白質脳の機能細胞が萎縮する。

CSFの量が増加し、大脳皮質の皺のパターンが平滑化され、くも膜下腔が最初にわずかに広がり、次いで病理学的変化が増加する。

被害者を無力な状態にしておく治療を怠ると、生理的な重要な活動はそれ自身では回復されません。致命的な結果が可能です。しかし、適切な治療を行っても、一部の脳機能はかなりの量で失われます。

対流圏の拡大が進んでいる。

このような変更の重大度は3段階あります。

  • 軽い、無意味な – 最大2 mm;
  • 平均値 – 2〜4mm;
  • 重い – 4mm以上。

頭蓋内障害の症状:精神活動の変化、感覚および運動障害、偽尺度症候群。

仮性麻痺は、それは同時に切断された状態である – 再生が困難嚥下、唯一ささやくことができます言葉を発するために鳴り失われます。これは、喉頭の筋肉の麻痺や麻痺につながる可能性咽頭と喉頭の筋肉を、支配する皮質センターの崩壊で半球とその圧縮結果の位置にあることが、不均一な変化を事実にあります。

くも膜下腔の拡張がいつ診断されるのですか?

外科的治療は必ずしも犠牲者を助けるとは限らず、完全な労働と生活の適応を達成することはほとんど不可能です。しかし、タイムリーな治療を受けて、日常の仕事の能力を、自分自身を世話するときに、外部の助けなしに返すことが分かりました。場合によっては、精神的能力と知的資質が残っています。

脳脊髄液の圧力は、くも膜下腔の膨張と共に上昇する。

診断は、特徴的な症状と器械検査の結果を簡単に入力することができます。

小児では、脳の状態は出生直後に評価され、怪我や病気の後の成人は、脅迫症状または異常な行動に気づいた場合に検査される。

ほとんどの場合、近親者は医学的援助を求める必要があります。患者自身が頭蓋内圧を大幅に上昇させ、自分の状態を適切に知覚する能力を失います。

Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

2 + 1 =