なぜ、好酸性細菌が必要なのですか? | pangudownloads.com
女性の健康

なぜ、好酸性細菌が必要なのですか?

彼らも生きている抗生物質を呼び出す – これらのアシドフィルス菌は、免疫系の発達に重要な役割を果たしています。炎症性疾患があり、消化機能が乱れている:彼らは、腸粘膜、鼻や性器に「生きる」、およびその削減量は、直ちに健康状態に影響を与えます。

体内では、すべてのシステムが相互に接続されており、免疫系の機能不全が直ちに慢性疾患の感染および悪化のリスクを高める場合、したがって、有用な乳酸菌は常に必要量の体内に存在することが非常に重要です。

乳酸菌についての情報

好酸性メタン栄養細菌は、嫌気性菌のクラス由来の非胞子形成グラム陽性微生物である。

2番目の名前はアシドフィルス・ロッドです:

なぜ、好酸性細菌が必要なのですか?
  • 彼らは膣、口、大腸に定着します。腸全体がこのタイプの微生物で満たされていることを一般の人々の信頼にもかかわらず、心に留めする必要がある – 彼らは小腸エリアにコロニーを形成する際に全身カンジダ症、マイナスの体の状態に影響するほど深刻な真菌症を開始します。ほとんどの場合、それは、がんと放射線療法を受けているの歴史を持つ患者に影響を与えます。
  • HIV感染;
  • 結核;
  • 重度の自己免疫疾患 – 例えば、紅斑性狼瘡;
  • 重度の糖尿病

以前は、すべての乳酸菌は、ドイツの婦人科医の名前でDiderlaneスティックと呼ばれていました。現在、いくつかのタイプの有用微生物が単離されている。

乳酸菌の機能 – 腸、口腔および膣の微生物叢の正常なバランスを維持し、酵母感染の発生を回避するのを助ける。有用な植物のおかげで、コレステロールのレベルは必要なレベルに維持され、身体が腫瘍治療を止めることができる物質を生産するのを助けます。ラクトバチルスアシドフィルス(Lactobacillus acidophilus)のおかげで、葉酸、チアミン、ビタミンB、ビタミンKが合成されます。

なぜ、好酸性細菌が必要なのですか?

抗生物質による乳酸菌療法は、腸障害の防止、大腸で微生物叢の健全なバランスを維持することができたとき – 抗生物質だけでなく、害虫を殺すだけでなく、便利な微生物叢。彼らの治療過程への導入は、憩室症の発症を予防することができる。

呼吸器系に侵入した感染症の排除時に抗菌薬を併用することで、喘息発症を抑制することができます。

膣感染の治療において、ラクトバチルスアシドフィルス(Lactobacillus acidophilus)を用いて薬物を投与することは特に重要である。婦人科器官の炎症プロセスを排除した後、膣の正常な酸性度は感染プロセスの再発を避けるのに役立ちます。

乳酸菌を含む医薬品

ラクトバチルスアシドフィルスを基本成分とする製剤の種類は多いです。あなたは最も有名なものを挙げることができます: “アシラクト”, Laktowag, Bifilact, ラクトフィルトラム, ラクトバクテリン その他多数。

錠剤、カプセル剤、坐剤、散剤、坐剤、液体のすべての剤形で利用可能である。投与形態は、異なる投与量および異なる量の活性物質を有する。

乳酸菌の中には、栄養補助食品や生ヨーグルトが含まれているものもあります。

それらに次の問題を割り当てます。

なぜ、好酸性細菌が必要なのですか?
  • 異なる病因の胃腸疾患を伴う;
  • 膣の酵母感染について;
  • にきびの治療のための;
  • 感染症の排除のための治療複合体に予防法が導入される。

薬物の各部分には108億個の有用な細菌が含まれていなければなりません。さもなければ治療は役に立たなくなります。したがって、生ヨーグルトまたは栄養補助食品を使用する場合は、ラベルを慎重に読んでください。

有用作物がより少ない量で保持される場合、 “治療” つまり、お金の無駄です。

「生きている」薬の受容の特徴

薬の指示書には、その薬のどのような投与量が詳細に書かれています

様々な感染症の治療に使用する必要があります。しかし、医師からの他の勧告を得られない場合、危険な状態を排除することができることに焦点を当てた一般的な規則があります。

1日に腸内微生物叢を再構成する場合、1〜2カプセルの薬物を3回、または懸濁液を2〜3回使用する。液体の形態 – 1日3スプーン。 dysbacteriosisの治療におけるキャンドルは直腸内投与される。この場合、処置は3週間まで持続し、1坐剤が1日に投与される。おむつ皮膚炎または皮膚カンジダ症の治療のために、溶液をローションとして適用する。

膣の感染症:

  • 経口的に – 1日当たり1〜100億個の生菌類;
  • 朝と夕方に2〜7日間、または1〜10日間に1回までの坐剤。

重症度の高い状態では、経口および局所使用が組み合わされる。

禁忌および副作用

なぜ、好酸性細菌が必要なのですか?

妊娠と授乳は乳酸菌での使用には禁忌ではありませんが、医師に知らせる必要があります。

現地治療への絶対禁忌は毎月行われます。粘液やスポッティングは、膣の有益な植物相を溶出させ、および製剤の実装では、感染をもたらす危険性があります – この期間中に子宮が開いています。ラクトバチルスアシドフィルスを含む薬剤を服用している間はアルコールを飲むことは不可能です。

アルコールは微生物叢のレベルを崩壊させ、原薬の作用を阻止する。

乳酸菌で薬物を治療する場合、副作用が生じることがあります:

  1. 腸の障害、下痢:
  2. 膣の刺激、特に、同時に他の局所措置を使用しなければならない場合:
  3. 乳酸菌と鎮静剤との相互作用は完全に確立されていないため、局所的および一般的なタイプのアレルギー反応が起こりうる – 例えば、蕁麻疹の発症は入院の背景に記載されている ジアゼパム.

知る必要がある

好酸球性の乳酸菌で製品を購入する際は注意深くラベルを読む必要があります。言及がない場合 “生きる” または “アクティブ” 文化、治療法はありません。また、有効期限に注意する価値があります。

剤形がどのようなものであれ、冷凍庫ではなく冷蔵庫に保存する必要があります。 1カップ – 125 g – 生ヨーグルトを1日使用すると、膣の異常症のリスクは3倍減少します。

なぜ、好酸性細菌が必要なのですか?

抗生物質を治療する場合や放射線療法の過程では、医師とLactobacillus acidophilusで医薬品を使用する可能性を検討し、必要な投与量を確認する必要があります。乳酸菌の薬はすべての病気の万能薬ではありません。それらのいくつかは顕著な副作用を引き起こす可能性があります – ほとんどの場合、剤形の追加成分のためです。

したがって、治療では、体内で起こる変化を分析する必要があり、陰性反応の場合には、薬剤を取り替える必要があります。

乳酸菌を含むさまざまな薬が幅広く、いつでもあなたに合った薬を選ぶことができます。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

79 + = 82

Adblock
detector