女性の健康

コーンの上のコーン:それは何でしょうか?

肘領域の皮膚下のシーリングは、いくつかの疾患を示し得る。診断は、円錐の形成に先立つ因子、その性質、局在、他の症状の存在(プリオラリティ)に基づいている。診断が行われた後、適切な療法が処方される。

それはどのようにすることができ、どのように肘の塊を治療するのですか?

コーンの上のコーン:それは何でしょうか?

温泉、または脂肪腫 - 皮膚の下に凝縮しています。一般的には、それは丸くて小さいですが、病変があり、直径は最大10cmです。この脂肪は、脂肪組織由来の良性腫瘍である。

彼は動いており、痛みを起こさない。しかし、大きな脂肪腫は周囲の組織および神経終末を圧迫し、中等度の疼痛症候群を引き起こす可能性がある。肝臓は成長する傾向があるので、手術を必要とすることがあります。


痛みのないソフトコーンが肘に現れ、医師が診断を確定した場合、治療の唯一の方法は手術である。脂肪腫の存在下での保守的治療は、全く効果がない。

アテロームは、肘の屈曲部または他の肢の部位上のボールの形態の硬い圧迫である。原則として、無痛です。主にアテローム頭、首、背中と脇の下の内側表面上に形成されたが、それは身体の他の部分で、その外観も可能です。不快感がなければ、患者はめったに医者に相談しません。

医師の診察を受けて新生物の感染を引き起こす。このような状況では、痛みが強く、サイズが大きくなることがあります。炎症は体温の上昇を伴うことがある。そのような病理がある場合は、操作を行う必要があります。

血腫は外傷の結果である。ブローは、軟組織を貫通し、シール腫瘍チアノーゼを形成するために血液を引き起こし、小血管の破裂を伴います。血腫の大きさと形はかなり変わります(1~2~15~20cm以上)。血腫は、円形または不規則な形状であり得る。新生物の色もまた、赤から黒まで変化する。血腫は非常に病的です。

時には局所的な温度上昇があり、患肢/脚の損傷を受けた肢の機能が制限されることがあります。これは、血腫と慢性挫傷との主な違いである最後の症状です。治療は、原則として外科的に行われます:血腫は穿孔され、その内容物を排出され、感染の予防を提供する。

肘の肘は、集中的なリンパ排液など、いくつかの医療的操作で現れることがある。リンパ節の増加は、処置における過剰な強度およびエラーに起因する。

内側と外側から肘に曲がるコーン

コーンの上のコーン:それは何でしょうか?
  1. Hygromaはシールであり、多くの場合、手首関節の領域に局在するが、時には肘に局在する。通常、その外観はアーム上の関節の構造に関連している。通常、湿疹は疼痛症候群を引き起こさないが、サイズが増加すると、運動中に生じる。湿疹を治療する保守的な方法は効果がない。操作は唯一の真の解決策です。 hygromaがあった場合には、関節自体までそれを削除するか、または再度形成することができることに留意すべきです。
  2. リンパ節炎はリンパ節の炎症である。後者はサイズが異なるかもしれませんが、ほとんどの場合、痛いです。典型的には、疾患は二次的である、すなわち、他の組織および器官の炎症を背景に発生し、例えば、蜂巣炎、汗腺、感染プロセスなど。治療は、感染または炎症の修復部位に焦点を当てているが沸騰します。

もし肘と塊が形成されていたら?

損傷が十分に深刻な場合は、痛み症候群があり、あなたは亀裂、骨の変位、神経の挟み込みを疑うことができます。このような状況では、入院が必要です。コーンが形成されている場合は、様々な局所加温剤が使用されることはない。伝統的に、冷たいは傷に適用されます:冷たい水のボトル、アイスパック、布に包まれた氷の部分。あなたはタイプの軟膏を使用することができます 救助者。

影響後に結果がそれほど深刻でない場合は、まず、患肢の平穏を確保する必要があります。しかし、医師も必要とされるべきである。彼は非ステロイド系抗炎症薬を処方することができます。診断目的のために、それらは穿刺生検を行うことができる。治癒プロセスをスピードアップするためには、運動が役立ちます。

肘の上または下の皮膚の下の腕の円錐:滑液包炎

圧迫の出現は何らかの理由で常に容易になる。通常、後者は外傷、ショック、または打撲傷に隠れており、感染によるアレルギー、代謝障害の結果としての頻度が少なくなります。

コーンの上のコーン:それは何でしょうか?

滑液袋の薬の炎症を肘滑液炎といいます。この病気は、運動選手だけでなく、ドライバーでもよく見られます。

多くの場合、滑液包炎は痛風、結核または淋病における二次的病理として現れる。これら2つの疾患が同様の症状を持っているので、したがって、肘上記の痛みが緊急に必要とされるとき、関節炎の鑑別診断をすることができ、生産diagnoza.Vrachのスペシャリストにお問い合わせください。

滑液包炎の治療は、その外観の原因を取り除くことから始まります。他の病理と同様に、治療が早期に開始されるほど、患者にとってより良好であることに留意すべきである。初期段階では、あなた自身を保守的な方法に限定することができ、長くて重度の病気では外科的介入が必要です。

錐体に加えて、肘の滑液包炎は局所的な体温の上昇を特徴とする。急性炎症では強い疼痛症候群が観察され、慢性炎症の場合には瘢痕と類似している。

手足の急性炎症過程においては、休息が必要である。膿の存在が除外されている場合、腕に圧力包帯をかけ、加温圧縮を行います。固定ドレッシングも必要です。外傷後の滑液包炎の治療には、鎮痛のためのヒドロコルチゾンの注射が含まれる。

慢性炎症に手術を必要とする:柔らかいバンプは、抗生物質又は防腐剤で洗浄し、炎症性滲出液から精製し、開かれます。同様に、化膿性滑液包炎が治療されるが、最初に穿刺を行うことが推奨される。処置が効果的でない場合、滑液バッグを開き、膿を取り除く。医者はまた、摘出によって隆起を除去することもできる。

治療は主に腫瘍の除去を目的としています。このために、UHF、乾熱および他の処置、ラジオグラフィーおよび放射線療法を使用することができる。このような治療は、痛み症候群を止めること、抗炎症効果を有すること、損傷した組織を迅速に修復することを可能にする。

あなたへの健康と健康に良い!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 1 = 1