バルバー症候群:小児および成人の病因の原因、症状、治療の特徴 | pangudownloads.com
女性の健康

バルバー症候群:小児および成人の病因の原因、症状、治療の特徴

脳幹の尾部が損傷すると、球茎症候群が発症する。病理は、疾患の治療が依存するいくつかの要因の作用から生じ得る。 

病気の原因

バルバー症候群:小児および成人の病因の原因、症状、治療の特徴

大便障害は、咽頭、喉頭蓋、舌、唇、軟口蓋、声帯の筋肉の麻痺によって現れる。このような変化は、脳活動の障害、すなわち髄腔長脈のために起こる。

バルバド症候群の正確な診断およびその後の治療では、高い陽性結果を得ることができるため、病理発生の原因を確立することが重要です。

専門家の間では、

  • 遺伝性;
  • 心臓血管;
  • 変性性;
  • 感染性。 

球茎症候群の感染原因は、急性断続的ポルフィリン症およびケネディの球根筋萎縮症に見られる。退行性因子は、人が注射針、松葉杖、ギラン・バレー症候群を発症したときに発生します。 

リスクグループは、虚血性脳卒中を起こしているこれらの人々を含んでいます。疾患、および筋萎縮性側索硬化症の一般的な原因のいくつかは属し、かつ周期性四肢麻痺や脊髄性筋萎縮症ファジオ・ロンド。

これらの疾患はまた、延髄症候群の症状を引き起こす可能性があるので、後の腫瘍随伴性多発性神経障害、甲状腺機能亢進症の人への危険性を忘れてはいけません。 

シンドロームの他の原因の中でも、専門家はそのような病気とプロセスを呼びます:

  • ボツリヌス中毒;
  • 脊髄の腫脹;
  • 骨の異常;
  • 髄膜炎;
  • 脳炎。 

したがって、多くの要因が、人の生活の中でそのような危険な病理の出現を引き起こす可能性がある。最大の精度で、これらの理由は、現代の診断方法およびツールを使用する高度な資格を有する専門家のグループによってのみ確立され得る。 

バルバー症候群の症状

脳の敗北によって引き起こされた病気の発症を認識するためには、彼の特徴的な特徴によってすることができます。症候群がわずかに異なる電球と偽髄様症候群を区別することが重要です。

大麻麻痺はそのような徴候によって特徴付けられる:

バルバー症候群:小児および成人の病因の原因、症状、治療の特徴
  • 擬態の欠如、人は噛んで話すことが難しい、彼の口は常に開いている。
  • 液体食品を摂取すると、鼻咽頭に入ります。
  • 片側の麻痺があると、柔らかい空がぶら下がり、舌が病変の影響を受けていない側に迂回されます。
  • 咽頭反射および口蓋反射の欠如;
  • その人は鼻と不気味に話す。
  • 発音は壊れています。
  • 麻痺した舌の部分は常に痙攣している。
  • 心臓の悪化;
  • 呼吸が妨げられる;
  • 脈の不整脈がある。 

それぞれの人は様々な複雑さの度合いで観察される症状があります。偽脊柱または偽麻痺は、両側の脳損傷が生じたときに起こる。

臨床的には、これらの2つの障害は同じ症状を示し、偽麻痺でのみ萎縮、衰弱と舌の変形の反応を起こさない。加えて、プブドバルバニー症候群は、球茎とは対照的に、呼吸および心臓の逮捕に至らない。 

子供の病気はどのように発達していますか?

新生児に球茎症候群が発症すると、通常は比較的乾燥しているべきである口腔粘膜に水分が増加する。泣いたり泣いたりしているときに赤ちゃんの口を調べると、舌の先端が少し外れていることがわかります。この症状は、舌下神経に影響がある場合に発生します。 

子供の球茎麻痺は、脳幹に影響を及ぼすため、生命が不可能になることなく機能することはほとんどありません。小児ではしばしば偽麻痺の麻痺を発症し、これは臨床的に非常に困難である。子供は、音声装置の筋肉の麻痺に加えて、筋緊張、高カリウム血症、および他の運動障害の変化も有する。 

バルバー症候群:小児および成人の病因の原因、症状、治療の特徴

新生児におけるこのような脳損傷の形態は、多くの場合、幼児性脳性麻痺の症状である。病理は、出生直後または小児期に最大2年間起こる可能性がある。しばしば、脳性麻痺は出生時の外傷の結果となる。 

球茎および偽髄様症候群では、両親は子供の運動機能障害に気付く。しばしば、顔の上部は影響を受けます。なぜなら、それは不動になるからです。

これらの子供たちがサービスを提供するために自分自身を助けることができない、彼らは不便で不快になり、適切にかむと食べ物を飲み込むことができない、口の中の唾液の遅れ。 

治療はどのように行われますか?

この病理を持つ人々の健康には特に注意が必要です。患者の命を救うためには、緊急の医療が必要になることがあります。私たちの主な行動は、入院して治療されるまで、患者の生活に対する脅威を中和することです。通常は、脳幹の損傷によって損なわれた身体機能のサポートが必要です。

この目的のために、専門家はそのような措置を取る:

  • 呼吸を回復させるための人工換気;
  • プロセリン、アデノシン三リン酸およびビタミンを使用して嚥下反射を活性化する;
  • 唾液分泌を減らすためのアトロピンの任命。 

患者の状態を緩和することを目的とした強制的な対症療法が行われる。また、球柱症候群の発症を引き起こした病気を治すことも重要です。 

この障害は脳神経の破壊の結果であり、現代の方法や治療薬を使用しても、人を完全に治癒することはほとんど不可能です。しかし、適時に開始された療法は、病人の状態を有意に改善することができる。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

27 − = 23

Adblock
detector