女性の鼠径部におけるリンパ節の拡大と炎症 | pangudownloads.com
女性の健康

女性の鼠径部におけるリンパ節の拡大と炎症

体内のリンパ節は、リンパが流れる生物学的フィルタの特性を有する。それは身体と器官の一部から来ます。リンパ系は、病原体およびウイルスから身体を保護し、免疫を作り強化することに関与している。

一般情報

女性の鼠径部におけるリンパ節の拡大と炎症

合計で、人体には500を超えるリンパ節がある。女性の鼠径部のリンパ節の位置は、非対称である:左 - 20、右 - 14.科学者によると、このノードの配置は偶然ではない。彼らは右の半分に人間の体内で臓器の発達が支配的であることから、この事実を説明します。

炎症は、他の感染地域からの血液およびリンパの移動を伴う微生物の侵入によって引き起こされる。


リンパ節は、病原性微生物叢の重要な器官への侵入を妨げる。鼠蹊部のそのような部位に部位の増加が見られる場合、婦人科医は直ちに相談するべきである。

リンパ節が鼠蹊部に炎症を起こすのはなぜですか?

鼠蹊部の女性の体内には、リンパ節の炎症のさまざまな原因があります。

スペシャリストは、その主体を特定しています。

  • 腫瘍学的疾患。悪性腫瘍の進行中、全てのリンパ節は炎症を起こし、サイズが増加する。
  • 球状細菌および結核菌の体内への侵入;
  • ウイルス感染の存在。鼠径部において、リンパ節は、麻疹、ヘルペスおよび風疹のような疾患に最も頻繁に反応する。
  • スラッシュ;
  • グラフトの拒絶、ならびに手術領域における炎症;
  • 機械的な鼠蹊傷害を受けた後;
  • 体が性的に伝染する病気に感染したとき。それはクラミジア、梅毒、淋病、尿路プラス症であり得る。

鼠蹊部が傷ついた場合、リンパ節の急速な炎症があることに注意することが重要です。感染が起こると、このプロセスは病気が進行するにつれて円滑に進行します。

症状

どんな病気でも初期段階で治療が容易です。

したがって、鼠径部のリンパ節の炎症の次の症状が見られる場合は、すぐに医師に相談してください。

女性の鼠径部におけるリンパ節の拡大と炎症
  • リンパ節は拡大している。
  • 炎症、赤みの部位で;
  • ノードが膨らみ、密度が高まった。
  • 触れるときの痛い感覚;
  • 炎症の場所における疾患の初期段階では、温度が有意に上昇する。病気の進行の速度に応じて、それは体全体に上昇する。

鼠径リンパ管炎が発生し、リンパ節に膿が蓄積するにつれて、中毒が女性において起こる。

同時に、寒さ、一般的な衰弱、頭痛、筋肉痛を伴う、急激な温度上昇がある。臨床分析は、ESRおよび白血球増加症の指標の急激な増加を示す。

腫瘍学的疾患は、最終段階で非常にしばしば検出される。これは、それらのリンパ節がわずかに拡大し、痛みを引き起こさないという事実によるものです。

身体が性感染症に罹患している場合、鼠径リンパ節炎はほとんど不明瞭なままである。したがって、完全な検査と検査結果の取得後、医師だけが正確な診断を行うことができます。

診断

まず、診断を行うためには視覚的検査が必要です。炎症過程の存在下で、リンパ節は圧縮され、痛みを伴い、腫脹する。鼠径部の温度が上昇する。審査と審問に加えて、適切な審査が任命される。このためには、骨盤内器官の超音波診断(超音波)を受けるために臨床的および生化学的分析のために血液を提供することが必要である。

さらに、コンピュータおよび磁気共鳴イメージング、放射線検査を処方することができる。腫瘍学的疾患の疑いがある場合、炎症を起こしたリンパ節の生検が行われる。

治療

リンパ節の治療は、患者の包括的な検査からのデータに基づいて規定される。療法は、鼠蹊部のリンパ節炎の原因に応じて処方されます。それ自体は通常は発症しませんが、体内への感染の結果です。原則として、前任者は、炭水化物、膿瘍、くぼみです。

炎症を起こしたリンパ節の治療は、外科的かつ慎重に行われる。

初期段階は、以下の措置から成り立っています。

女性の鼠径部におけるリンパ節の拡大と炎症
  • 抗生物質の受け取り。投薬量、治療期間は、患者の炎症の程度、個々の特徴および体重を考慮して、主治医によって規定される;
  • ローカルアクションの消毒薬の受け取り。しばしばこの目的のために軟膏が使用される レボメコル. それは患部に適用されるガーゼドレッシングに適用されます。
  • 理学療法を実施する。抗炎症効果を達成するために、電気泳動を抗生物質と組み合わせて使用​​する。

化膿性鼠径リンパ節炎では、薬物 レボメコル 理学療法は禁止されています。

手術による治療は、鼠径部のリンパ節の増加および赤みだけでなく、膿の蓄積もある場合に行われる。凝固液の流出を確実にするために、外科医は排液を行う。

民間療法による鼠蹊部のリンパ管炎の治療は、初期段階で行うことができる。そのような出来事から結果を得るためには、薬と組み合わせる必要があります。

予防措置

鼠径部におけるリンパ節の病理学の適時の診断および適切に選択された保存的治療は一般に好ましい予後を構成する。

予防目的では、鼠径部のリンパ管炎を用いて慢性感染症の病巣を浄化し、性感染症を追跡する。

定期検査に合格すれば、適時に病理を特定することができます。そして、これは、治療が病気の初期段階で行われることを意味します。健康である!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

83 − = 76