子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置 | pangudownloads.com
女性の健康

子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置

多くの場合、人々は定期的に脚の筋肉の痛みに注意を払っていません。症状は不便の多くを提供しなくなるまで長い散歩の成果やハイヒールを身に着けていると相殺、彼らは、数ヶ月の治療を遅らせます。腓腹筋の痛みは、の原因は異なる塩基、しばしば血管疾患、筋炎(筋肉の炎症)の前駆体と同様に、脊椎に問題があることがあります。

重大な結果を防ぐためには、医師に相談することが重要です。歩行時の痛みの原因が疲労だけではない場合は、特別な方法で除去する必要があります。どのように腓腹筋の痛みは:どのように治療するための理由はありますか、それを防ぐことができますか?

症状

子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置

歩いているときの筋肉の痛みは突然現れることがあり、数時間から数日間保持されます。彼らは痙攣、皮膚の赤み、時には発熱や全身倦怠感を伴います。

しばしば背中に痛みがあります。このような症状は、医者を診る必要があることを示しています。

原因

痛みの出現の原因は、体内で起こる生理学的および病理学的過程と関連している。病気のグループに応じて、特別な治療が規定されています。 1本の脚のふくらはぎの筋肉がしばしば強く痛い。これは四肢の過度の歪みと重症の病気の両方に起因する。

生理学的

ふくらはぎの筋肉が傷ついた場合、その理由はぎこちない過労でカバーすることができます。そのような場合、医師は介入する必要はありません。痛みは自然のプロセスによって引き起こされます。足首の腫れ、歩行中の筋肉痛、そして安静に疲れた兆候。筋肉の激しいストレス時にのみ、物理的な作業の停止後に表示される乳酸を蓄積。数時間の休息は、筋肉のパフォーマンスを回復し、痛みを和らげることができます。

子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置

不快感を取り除くプロセスをスピードアップするには、ベッドに横たわって足を高くする価値があります。これは、血流を改善し、動脈血供給を強化する。乳酸の流出はより速い。

腓腹筋が痛むもう一つの生理学的理由は、そのストレッチである。この場合、安らぎと平和も必要です。前の負荷のバックグラウンドに対して鋭い動きがある場合、筋肉は伸張することができる。スポーツマンとアマチュアの両方に痛みが現れ、身体活動的な活動に従事しています。各訓練の前に簡単なウォーミングアップを行う必要があります。

病理学的

血管、脊髄および神経系の重篤な疾患によって引き起こされる多くの理由がある。主なものは次のとおりです。

  • 奇形;
  • 下肢の炎症、血栓の形成;
  • 感染性の病理;
  • 脚の動脈のアテローム性動脈硬化症;
  • 脊椎の病理;
  • 神経線維の病理。

そのような病気は、子牛に痛みが現れるずっと前に現れる。夕方に発生する不快な症状は、多くの場合、足首の腫れを伴い、静脈瘤の最初の兆候です。腫れ組織神経終末に押す - 血液は痛みが原因、足に停滞します。タイムリーな治療で合併症を避ける。子牛が数日間痛い場合はどうすればいいですか?すぐに専門家に電話する必要があります。

血栓症および炎症

子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置

ふくらはぎの筋肉の血栓や炎症の出現は、子ウシの痛みを伴う症状を引き起こす可能性があります。痛みはしばしば強く、脈打つ。他の症状があります。罹患した静脈の経路に沿って炎症が起こると、皮膚温度が上昇し、カバーが赤みを帯びる。倦怠感があり、温度が上がります。血栓症の主な徴候は、足の著しい腫脹である。皮膚には濃い赤色と青色があります。

このような疾患の治療は、病院の医者 - 静脈学者によって行われる。症状を排除するために独立して推奨されていません - それは壊疽の発症を脅かすものです。

動脈の病気

痛みの一般的な原因は、アテローム性動脈硬化症の発症である。プラークは正常な血流を妨げる脚の動脈に現れる。ふくらはぎの筋肉の痛みは、すぐに治療すべき疾患の症状です。

動脈の病気には以下の症状があります:

  • 筋肉の酸素飢餓のために、一方の脚の子牛は萎縮することがあり、
  • 足首の皮膚が乾燥します。
  • 下脚から髪が落ちる。
  • 爪は真菌の影響を受けます。
  • 重度の血管損傷は四肢の壊疽を引き起こす。

このような動脈の疾患は、医師の参加によってのみ治療される。

背骨の病理

腓腹筋に痛みを引き起こす一般的な原因は、骨軟骨症である。しばしば症状が現れ、様々な湾曲、椎間板ヘルニアを伴う。このような痛みは、動きが始まると急激に筋肉を「撃つ」という特殊な特徴が特徴です。腰部には激しい痛みの症状が伴う。

筋障害

下肢部の痛みは、筋肉の直接的な損傷を示すこともあります。それは以下のようになります:

子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置
  • 筋炎 - 炎症過程;
  • リウマチ性線維筋痛 - 自己免疫疾患(免疫不全に関連する)である。
  • 寄生虫病
  • 筋障害は特発性疼痛であり、その原因は確立できない。

ふくらはぎの筋肉の痛みは、しばしば筋肉や血管の損傷とは関係ありません。この場合、神経系に損傷を与える可能性があります。

痙攣

しばしば痛みは突然起こり、急にも痛みを訴える。これは痙攣と呼ばれます。原因:

  • 脱水;
  • 気候帯の変化。
  • ビタミンやミネラルの不足。
  • 甲状腺疾患;
  • ふくらはぎの筋肉の長期的な緊張;

低体温の後に痙攣があり、脚の動きの振幅が急激に増加する。攻撃は数秒間または数分間続きます。腓腹筋が痙攣の後に痛むとき、あなたはそれをマッサージする必要があります。

治療法

痛みを取り除くためには、専門家に相談する必要があります。なぜなら、彼は病気の真の原因を確かめることができるからです。

歩行時の痛みが発生した場合、それは理由がフラットフィートまたは骨軟骨症であることが多いですので、治療がうまく、唯一の症候性かもしれません。

子宮筋肉の痛み:原因、治療および予防措置

痛みが静脈に問題を引き起こす場合は、常に静脈学者から助言を求めるべきです。ステップや疾患の種類に応じて、それは(必要軟膏(例えば、ヘパリン、ihtiolovaya軟膏Troxevasin)、ゲル(Lioton、Fastumゲル)、経口投与のための製剤を(Phlebodia 600 Detraleks、Venarus)を指定または手術を推奨してもよいです通常、このような操作は簡単で重大な結果はありません)。

また、それは正しい靴を着用する価値があります。それは便利で実用的でなければならない。女性はハイヒールやスタッドを着用すべきではありません。

特別な包帯はしばしば治療のために処方される。歩行時に生じる腓腹筋の痛みの治療は、専ら専門家の監督下で行われる。

予防

予防のために、いくつかの推奨事項を守ってください。

  • 砂糖とコーヒーの消費を最小限に抑えます。
  • 喫煙とアルコールをあきらめる。
  • ビタミンやミネラルの毎日の使用;
  • カルシウムとマグネシウムが豊富な食品を食べること。
  • 硬化を行う。

そのような勧告は、ふくらはぎの筋肉の痛みを防ぐのに役立ち、早期回復に寄与する。

成果

子牛の痛みは、過度な反応、筋肉組織、神経線維および下肢の血管の結果である。ふくらはぎの筋肉の痛みの原因と治療法を決定することは、専門家に委ねられるべきです。痛みの軽減は、不快な症状を引き起こした疾患の治療にある。予防には、快適な靴を着用し、適切な食生活をして堅くすることが含まれます。

あなたが医者の助言に従い、不合理な自己治療に従事しないと、痛みはすぐに消え、筋肉の能力が回復します。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

22 − 16 =