月経前の斑点が健康に危険なときは? | pangudownloads.com
女性の健康

月経前の斑点が健康に危険なときは?

女性の健康の指標の1つに月経があります。時が来たら、それは痛みがなく、毎月の前に、またはそれらの後にダブがなく、秘密は不快なにおいを持っていません – したがって、婦人科器官に問題はありません。

サイクル外で動作しないが、起動しないと、女性は心配し始めます、何が起こっていますか?特に茶色への自然分泌物の色の変化は厄介です – これは明らかに血液の混和を示しています。なぜ私は月経前に茶色で塗りつぶすことができますか?そしてこの治療状態は必要ですか?

毎月表示される前になぜmazhayschie茶色の放電

月経前の斑点が健康に危険なときは?

女性の状態に応じて、秘密が茶色になる病気を分類する。

妊娠初期の段階では、この現象は危険な症状ではありません。胚が子宮に導入されると、移植中に血管が損傷するため、数滴の凝固した血液を放出することができる。

この期間の女性は、彼女がテストを使用しなかった場合でも、状態の変化についてはまだ分かりません。

妊娠中、同じ排出はすでに危険です – 胎児の拒絶反応を示します。すぐに医師に相談する必要があります。現在、拒絶のプロセスは、10〜15年前には不可逆的であると考えられていたが、これを止めることができる。リネンに最初の茶色がかった女性が医学的助けを求めると、妊娠は成功する可能性があります。

女性は性交後に茶色の放電を起こすことがあります。これは、プロセスのためのある情熱を示すかもしれません – 粘膜は、coitionの間に傷つき、婦人科器官の頸部または炎症プロセスの侵食の症状であるかもしれません。このような状態はまた、婦人科医に治療を必要とする – 侵食細胞の変性および悪性プロセスの出現の危険性がある場合に炎症が悪影響、生殖器系の一般的な状態に影響を与えます。

排泄物が茶色に変わる他の理由があります。

月経前の斑点が健康に危険なときは?
  1. エストロゲンを含むホルモン避妊薬とサプリメントの使用。この場合、本体は新薬に慣れ、約2〜3ヶ月の適応プロセスに時間がかかる場合は、それは非常に可能性がある – 薬剤が適切でないと、治療は中止する必要があります。
  2. この性質の放電は、使用後2〜3ヶ月持続することができます 「応急処置」 避妊で – Postinora. ホルモンのショックは、ホルモンバランスを著しく阻害します。
  3. 内分泌系の変化、甲状腺機能不全;
  4. 子宮内器具を設置した後、この副作用が注意を払わなければ、後に子宮内膜炎が発症することがあります。
  5. 性感染症の存在;
  6. ホルモンの背景を変える。
  7. 性器の外傷後;
  8. 月経前夜に行われた婦人科的操作。
  9. 気候帯の変化;
  10. ダイエットやダイエットの変化は、体重の急激な低下につながります。
  11. ストレス要因、感情的な経験。

それが月経前に茶色になるならば、これの原因は性交であり、それは過程の前夜に行われたものです。月経は1日か2日遅れることがあり、血まみれの秘密は徐々に後退します。

ある種の病気もあり、その症状の1つは長期間続くものである “Daub” 月経前に茶色。不快な症状が現れるならば、失われず、炎症過程を排除するためにどのような治療措置が必要であるかを知るために、それらをより詳細に検討すべきである。

子宮内膜症および子宮内膜炎

女性はこれと同様の病気であると信じていますが、病因が異なり、異なるスキームに従って治療されています。しかし、症状は本当に似ています。

炎症を起こした子宮内膜炎、さらに悪影響、生殖機能に影響を与える子宮内膜は、とき – 果物が困難になる作り、子宮腔における卵子の実装と統合を破壊しました。このプロセスの病因は、病原性微生物の導入である。

子宮内膜症は、ホルモン障害の背景に対して起こる子宮外の上皮の成長である。この状態は、感染または婦人科的操作によって悪化する。

病気の症状 – 月経中に悪化下腹部の痛みを、引っ張って、茶色の割り当てを塗りつけは – 毎月起動しない、と彼らは、性交時、悪い秘密を便秘、腹部膨満、体液貯留、痛みを続けます。

月経前の斑点が健康に危険なときは?

しかし、すべての婦人科疾患で同様の症状が認められる。子宮内膜炎では、体重係数が最初に排除されます – 病原性微生物の活動は、抗菌薬、一般的で方向づけられた行動の助けを借りて停止されます。子宮内膜症もまた抗生物質による治療が必要な場合がありますが、この場合は局所治療に限定されます。その後、エストロゲンの産生を回復させるホルモン製剤が処方される。

両方の場合において、ビタミン – ミネラル複合体および免疫調節物質が処方され、全体の免疫力が高まる。

ポリポーシス

子宮内膜炎または子宮内膜肥厚後の子宮粘膜の病理学的状態において、ポリープが子宮粘膜または子宮頸管に現れることがある。成長ホルモン障害や炎症過程のリスクを高める。ポリープ症の典型的な症状は、運動後または性交後に増加する月経中放電、および長引く月経過多である。

治療:最初の外科的介入 – 腫瘍の除去を伴う婦人科スクレイピング、次いで抗炎症療法、およびさらなるホルモン薬。

スクレイピングの間、悪性プロセスの発症を排除するために、組織学的検査のために生物学的材料が与えられる。

エロージョン

性交後に月経前に褐色に染み、子宮頸部のびらんとなります。この疾患は、定期的な婦人科検査中に容易に診断される。

月経前の斑点が健康に危険なときは?

さまざまな種の灸の助けを借りてそれを取り除く。観察位置医師は妊娠中にのみ選択します。

他のケースでは、悪性腫瘍のリスクが最小限に抑えられているため、この病状には治療が必要です。

生検はほとんど行われません。ほとんどの場合、手術前に植物叢と細胞分析を渡すだけで十分です。最後のインジケータは、変化した細胞の存在を示す。

非定型構造を有する組織が見出されると、焼灼は病理学的に損傷された子宮頸部領域の切除によって置き換えられ、さらなる治療の必要性が決定される。

子宮外妊娠

それ以外になぜ茶色の排出がありますか?彼らが暗く、ほとんど黒い場合、子宮外妊娠の合併症を疑うことができます。

テストは妊娠を示し、一般的な条件は安全から遠い場合 – 重さと痛みが背中に放射の腹部感覚で、あなたは成熟記録上での上昇を待たずに、婦人科医を参照してくださいする必要があります。

子宮外妊娠が初期段階で検出され、管がまだ破裂していない場合は、卵管を保存しておき、その後、治療後も子どもに耐え続けることができます。病院に適切な器具があれば、腹腔鏡手術中に、胚だけでなくスパイクも取り除くことができ、正常な導入が妨げられる。

子宮外妊娠における割付けは、管の破裂を示す。

月経前の斑点が健康に危険なときは?

褐色の吐き気は、激しい身体活動、暴力的な性生活、婦人科器官における炎症過程、 “隠れている” 性感染症。極端に限局した分泌物は、子宮が密接に閉ざされていないことを示している。これは、様々な炎症過程を引き起こす上行する病原性微生物に導入されるリスクが高まることを意味する。血液の混和した湿った環境は、病原性微生物の集中的な開発にとって優れた背景である。

婦人科医への訪問を長期間延期しないでください。病気を特定することが可能になればなるほど、それを取り除く可能性が高くなります。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 7 = 2