目の中の虫の症状と治療 | pangudownloads.com
女性の健康

目の中の虫の症状と治療

蠕虫 – かなり一般的な現象ですが、目の中の虫の目にはほとんど見られません。ビジョンの器官に現れるのは危険な状態であり、この問題に対する非常に深刻なアプローチが必要です。

目に植民地化を含む腸の外に虫があることができますか?

目の中の虫の症状と治療

原則として、蠕虫(蠕虫)は腸内で体内に入りますが、好都合な状態を探して他の器官や組織を通過することができます。肺、肝臓、血液および脳寄生虫の害虫が記録された。

平均で女性の蠕虫は1日2万の卵まで延期する。したがって、その人口は増加し、それは局在化の常習的な場所を離れ、他の臓器/組織における食物を探す必要がある。目には多くの毛細血管があり、血からワームは必要な食物を受け取ります。さらに、彼らは視覚の器官にほぼ自由にアクセスできます。

肉眼で虫や成虫の卵を見ることは可能ですか?

騎兵が体の中にある場合、たとえ幻覚の器官であっても、あなたはそれを見ることはできません。まぶたの病変の場合、蠕虫の侵襲の症状に精通しているので、皮膚の直下を移動すると寄生虫の存在を疑うことができます。

後で説明するいくつかの蠕虫は、外科手術によって身体から取り除かれるまで見ることができません。

腸以外の人体に危険なワームは何ですか?

目の中の虫の症状と治療

この種の寄生虫は代謝を破壊し、免疫系を押し下げ、身体のアレルギーに寄与し、浸透部位の組織を損傷させる。結果として、炎症プロセスが起こる。

迅速に発生する虫(エキノコックスおよび嚢胞)は、周囲の組織を圧縮する嚢胞を形成する。このような新生物は、罹患した臓器(肝臓、脳、眼)の機能を破壊する。

例えば、視力低下、肝不全などで症状が現れることがあります。寄生虫は腫瘍臓器の損傷を模倣することができます。このような状況では、適切な診断を行うことが困難です。

目の中の虫の症状と治療:甲状腺炎

この病気は、ほとんどがしばしば胆管、肝臓および膵臓に定着する、吸虫科の虫である、オピストホルチスと呼ばれる寄生虫によって引き起こされる。しかし、それは視神経に当たって、眼の特定の部分に移動する可能性があります。

病変の主な症状は出血であり、ワームは吸盤によって脈管構造を損傷する。出血は血球に進行することがあります。

この病気は、河口に位置する地域では非常に一般的です。これは釣りに関するものです。汚染された魚を食べる数年間、先住民は蠕虫の慢性の保菌者です。

目の中の虫の症状と治療

この場合、病理は鈍い性質のものである。症状には、虹彩、眼瞼、周辺組織の規則的な炎症、癒着の形成、将来の視力の喪失が含まれる。偏頭痛の特徴は、両側の敗北である。

この種のワームの治療は、クロキシル(最大10gの薬剤を2〜3日間使用する)が必要です。コレラグ(胆汁酸、アロコール)、肝臓に影響を与える酵素、抗ヒスタミン薬も使用されています。眼瞼および眼膜の炎症は対症的に治療される。治療は眼科医によって選択される。

Echinococcalワームの目に

この寄生虫は、吸盤の助けを借りて粘膜に吸い込まれる。彼の主要な生息地は腸であるが、血流で彼は目、肝臓、肺、筋肉、骨に移行することができる。寄生虫は同時に1つまたは複数の臓器に定着することができる。将来、エキノコックスはそれ自体の周囲に嚢胞を形成し、そこで嚢胞が生きて再生する。

目の中の虫の症状と治療

この蠕虫による目の敗北は、事実上新生物とは異ならない。嚢胞の成長は、眼球のシフトを引き起こす:臓器は外側に突出する(ocellaria)。

荒い違反では、眼瞼の閉鎖時に不快感があり、点滅している。眼瞼は薄くなり、伸び、腫れます。粘膜は乾燥し、二次感染を引き起こし、結膜炎、角膜症状のリスクが高くなります。人は目に異物を感じ、二重視力がある。

涙液中のエキノコッカス嚢胞の局在化
腺には一定の催涙があります。

寄生虫が肝臓に留まると、成人でさえもある時点まで検出することは困難です。

嚢胞がかなり大きなサイズに達すると、最初の症状、すなわち生化学的血液検査の変化を見ることができます:

  • 肝臓の位置に痛み;
  • 過敏性、緊張感;
  • 一定の飢餓、味の違反、口からの悪臭。
  • にきび、他の発疹;
  • 他の臓器(胃、膵臓、肺)の仕事の妨害。

嚢胞が印象的な大きさに達すると、医師は触診でそれを容易に感じることができるようになる。それは嚢胞の可能性があることに注目する価値がある。この場合、中毒の症状が最初に起こる:温度上昇、痛み、衰弱、頭痛、リンパ節の数の増加、体重の減少(時間の経過)、睡眠障害。

echinococcalワームを目から除去する方法は?

echinococcal cystの診断は、超音波のみで可能であり、直径0.5cm以上のサイズでのみ可能であることは注目に値する。

治療は駆虫薬の使用で構成され、若者の発達を止めるのにも役立ちます。化学療法薬は、嚢胞に直接注入され、眼または肝臓に局在する。このために、特別な細長い針が使用されます。

目の中の虫の症状と治療

根治的に治癒した虫は、手術を受けることができます。手術介入と一度にいくつかの臓器の敗北に頼って。

以前は、発散、感染、感染のリスクが高いオープンオペレーションが実施されましたが、現在ではより革新的なテクノロジーが使用されています。通常、操作は超音波装置の監督下で行われ、すべての操作は単一の穿刺によって行われる。

人体における線維化症

皮膚の下に移植された後の寄生虫の移動を伴った虹彩の浸潤は、双線維化症と呼ばれる。原則として、感染症は1つの標本のみの和解を伴う。感染は蚊の刺咬に関連している。

寄生虫の幼虫は、昆虫の咬傷の後に皮膚の下になり、約4週間この状態にとどまります。起動後、24時間で10〜15cmの速度で動き始めます。中毒の症状は、寄生虫が死亡した場合にのみ発生します。通常、寒さ、吐き気、発熱があります。侵略の最初の現れは、幼虫の動きです。最初は肉眼では見分けがつかない小さな蜂蜜が体のさまざまな部分に不可解に動いています。

非常に頻繁に彼らは視覚の器官のゾーンに収まります。後者の場合、痛みを伴う結節がまぶたまたは粘膜上に現れる。蠕虫が眼球の中に深く浸透すると、人は目をせずに放置することができます。

もちろん、異物の存在下で皮膚の下に忍び寄っています。このような寄生虫は、脂肪腫、線維腫およびアテロームのような疾患を模倣することができる。

最終的な診断は、手術後にのみ、より正確には、その行動に直接的に、蠕虫が
目から引き抜かれた。

眼科症:寄生虫を特定して撤退する方法

目の中の虫の症状と治療

この用語では、フライの幼虫によって引き起こされる病気の全体的なグループを意味する。目の近くの領域が影響を受けた場合、外部のミリアスを想定することができます。特定の炎症の焦点が形成される粘膜に寄生虫が浸透すると、内部寄生虫が発生します。

フライの幼虫はワームのようなものです。それが動くと、目の中に砂の感じがあり、視力は著しく減少する。幼虫は組織を破壊し、壊死に寄与する。病気の進行に伴い、眼科は視力喪失につながる。

この種の蠕虫の治療には、外科的介入が含まれる。さらに、再燃を防ぐために抗寄生虫薬を使用する必要があります。抗生物質、ホルモンおよび抗炎症薬を使用することができる。

昆虫を破壊し、(一般、個人)の衛生を(彼らは寄生虫の卵を運ぶ)とバリアクリームや軟膏を使用します。完全に自分自身とあなたの家族を保護するには、いくつかのルールに従う必要があります。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 24 = 31

Adblock
detector