胆汁が食道に放出されるのは危険ですか? | pangudownloads.com
女性の健康

胆汁が食道に放出されるのは危険ですか?

逆流性食道炎は、消化プロセスの最も一般的な障害の1つです。胆汁が食道に放出され、そして口に入ると、胃の内容物が粘膜を浸食し、重度の痛みおよび胸やけの出現を引き起こす。

胆道痙攣の主な原因 - 胆道のジスキネジー、胆嚢および肝臓の炎症、癌プロセス。胆汁の胃への放出の症状が現れるとすぐに、その状態の治療を開始する必要があります。病気を取り除く機会は、最初に捕まえることができれば上昇します。

胆汁運動の生理学

胆汁が食道に放出されるのは危険ですか?

肝臓は胆汁を産生し、胆嚢の括約筋の作用および胆管の縮小のために胆嚢内で上昇する。

胆嚢では、胆汁が蓄積し、食事のプロセスが始まると反射的にオッディの括約筋を介して胃に投げ込まれます。胃では、消化液の混合が起こり、消化プロセスが始まります。

胆嚢の除去、胆管のジスキネジーおよび肝臓疾患により、オッディの括約筋の機能に違反する。内容をリセットすることは、もはやインパルスに依存しなくなりました。インパルスは、食べ物が胃に入ったときに生成する脳の信号です。

任意に減少括約筋は、胆汁が胃の中に蓄積し、腸の中に投げ込まマイナス要因の影響下と食道は、繊細な粘膜を傷つける、口腔内に入ります。

そのような鋳造は重大な合併症を引き起こす:

  • 逆流性胃炎 - 胃粘膜が炎症を起こし、食後に胃の内容物が食道に戻る。
  • 治療は、時間内に開始されていない場合、状態が悪化し、胃食道逆流症の始まり - 胃と十二指腸のびらんと潰瘍性病変があり、食道が炎症を起こし、
  • 将来、機能上皮は円筒状のアナログに置き換えられ、診断され得る 「バレスの食道」. これは消化器官の前癌状態の段階である。

状態の悪化には、多くの要因に影響を与える可能性があります、食事の違反に関連付けられていません。

食道に胆汁を投げる理由

食べ物は、口から食道まで、食道から胃まで、さらには腸まで、上から下へ通過するだけです。嘔吐は正常な状態とはみなされません。体が酔っているとき、胃が緊急に毒素を浄化する必要があるときに起こります。嘔吐の助けを借りて、体は中毒から保護されています。

消化液 - 塩酸、胆汁、膵臓の秘密が胃に入り、食物を消化します。括約筋は、食道昏睡状態を食道を上昇させないようにする。負の要因の影響下では、消化バランスが乱される可能性があります。

胆汁の胃からの排出の原因、治療を必要としない:

  • ダイエットの違反 - 胆汁分泌を刺激する炭酸飲料および製品の乱用 - 脂肪、燻製食品、強力なコーヒーおよび茶;
  • 特定の医療機器の使用。
  • 喫煙;
  • 食事後の身体活動および運動活動の増加;
  • 妊娠;
  • 睡眠中の厄介な位置。

しかし、医療援助なしでは管理できない条件があります。

これらには、

胆汁が食道に放出されるのは危険ですか?
  • 2〜3度の肥満;
  • 腸の膨満を引き起こす様々な病因の腸炎;
  • 胃の幽門の不十分;
  • 胆道のジスキネジー;
  • 食道の下部の横隔膜の食道のヘルニア;
  • 心血管疾患および呼吸器系疾患における腹水;
  • 十二指腸の病理学的変化;
  • 腸や消化器の病気。

これらの疾患では、保存的治療は必ずしも助けになるとは限らず、重篤な症例では外科的介入が必要である。考慮する必要があります、消化器官での操作後にも逆流の徴候があります - 口に苦い味が感じられます。

胆汁が腸から食道に排出される際の特徴的な症状

下位部の食道の炎症は、以下の症状を示す可能性があります - 胆汁摂取が中断され、発生します:

  • 胸焼け - つまり、胸骨の後ろの感じ - 胃の穴の下で - ベーキングのように、痛みが上から上がり、突然の動きや夜に頻繁に現れます。
  • 口の中の苦い味と喉頭の灼熱 - 水平な位置に動くとき、身体的な努力で、傾けられた後に始まります。
  • 食べた後に嘔吐または嘔吐。
  • 横隔膜の重度の痛み;
  • ちょっとした胃が痛い。

合併症を待つことはありません。逆流が原因一定の刺激を食道に、頻脈や狭心症の攻撃を引き起こす可能性のスパイクを表示され、正常粘膜は、瘢痕組織によって置き換えられる - 食道と胃の癌の危険性が高いです。重篤な病状の症状が現れるのを待ってはいけません。不快な症状の最初の症状では必ず医師に相談してください。

病気の診断

胆汁が食道に放出されるのは危険ですか?

逆流の疑いのある検査およびインストールdiagnoza.V後に割り当てられた胆汁は現在、主に患者のキャスト排除するための治療レジメンは、胃の中の胆汁の存在がプロセスを食べていると、すぐにフラグメント粘膜生検を取ることができ、すぐに明らかであるFGSに向けられています。

また、腹部超音波検査、超音波検査、超音波検査、着色物質によるラジオグラフィーが行われる。内視鏡検査が必要な場合があります。

反射性疾患の治療

逆流を引き起こす理由にかかわらず、患者は、胆汁の積極的な作用から消化器官の粘膜を保護することを目的とする特別な食事に座らなければならない。

ダイエットは1日に6〜7回に分けて小分けしています(ところで、妊娠の後半では、隔膜の圧力にかかわらず、この栄養モードに切り替えることが望ましい)。

酸性、脂肪、スパイシー、スモーク、甘い、炭酸飲料、チョコレート、豊富な栄養ブロス - 食事から胆汁の分泌を刺激し、すべての食品を除外します。

治療で食べるためには粘性のある栄養が必要です - キセル、豚;毎日のメニューで乳製品と発酵乳の数を増やすことをお勧めします。新鮮な野菜や果物から一時的に放棄する必要があります。

保存的治療のための治療レジメンには、以下の薬物が含まれる。

胆汁が食道に放出されるのは危険ですか?
  1. プロトンポンプ阻害剤 - "Omez"、 "Gastrozol"、 "Ranitidine"、 "Omesol"、 "Pepticum" またはそれらのように。
  2. 粘液を損傷から保護し、消化器官の分泌を減少させる、 "Maalox"、 "Almagel"、 "Gastrofarm";
  3. 避難機能を高め、胃から腸への胆汁の流れを加速する選択的な薬 - "モチリウム"、 "シサプリド";
  4. 激しい発作を排除し、胆汁分泌を正常化するために、ursodeoxyzolic acid - "Ursosan"、 "Ursofalk"、 "Ursoliv";
  5. 鎮痙薬を使用して痙攣を和らげ、痛みを取り除く - 「ノンプップ」、「スパザルゴン」、「バラギン」、. 胃の負担を軽減するために、この群の薬剤を注射剤に使用することが望ましい。

胆汁の注出が有機病変によって引き起こされた場合、外科的介入が必要である。現時点で試されている最も安全な手術は開腹手術です。これは内視鏡法で行われます。このような手術のために、副作用の可能性が減少します。

操作の前に状態を持ち込まないでください。喉頭での苦味が定期的に感じられて食事が変化し、医師に相談すれば、炎症プロセスの進行を避けることができます。

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 6 = 15