脂肪の原因と耳の後ろの結果 | pangudownloads.com
女性の健康

脂肪の原因と耳の後ろの結果

耳介の周りの皮膚の一部には巨大な皮脂腺が含まれており、その結果、この領域はいわゆる脂肪の形成に特に敏感である。可能性のある病気の中に乳頭腫、線維腫、アテロームおよび脂肪腫がある。

脂肪の原因と耳の後ろの結果

耳の領域で形成される脂肪性腫瘍はゆっくりと成長し、しばしば悪性ではない。耳たぶ上のzhirovikovとは異なり、顔の領域の良性腫瘍の中では、後ろのゾーンで新生物の出現はわずか0.2%です。耳の後ろまたは尿の上のウェナーは、通常、外科的除去からなる治療を必要とする。

あなたの耳に脂肪があり、この現象の特徴的な徴候をどのように認識すればよいでしょうか?

耳の中に門の形成機構

耳の後ろの脂肪の多い成長は、しばしばアテロームであり、皮膚の空洞であり、その内部には皮脂がある。この現象は、顔、襟元、背後のゾーンの影響を受けます。私たちが知っているように、私たちの皮膚には皮脂を生産する皮脂腺があります。この層は表皮の乾燥を防ぎ、皮膚に潤いを与え、環境の悪影響から皮膚を保護します。

皮脂腺は、身体の下部を避けて、頭部、胸部、および背部の大部分に集中して、体の上に偏在しています。皮脂腺の最小量は、手のひらと足にあります。腺は、脂肪が特別なダクトを通して排泄されるように配置されています。それらの閉塞の場合、脂肪は蓄積し、徐々に特徴的な空洞を形成することができる。だからアテローマがある。

耳の後ろに温の耳の形成の理由

アテロームにはいくつかの刺激要因が先行している。さらに、ヒトのアテロームを有する患者は、同時に複数の因子を同時に観察することができる。

脂肪新生物の形成の理由:

脂肪の原因と耳の後ろの結果
  • 脂肪または炭水化物代謝の障害;
  • 皮膚の脂肪含量の増加に対する遺伝的素因;
  • ホルモン性背景および内分泌系疾患の障害;
  • にきび;
  • 脂漏性皮膚炎;
  • 皮脂腺の感染症 – ピアスやイヤリングを着用すると感染が記録されることがよくあります。
  • 耳の後ろのゾーンの低体温;
  • 多汗症 – 発汗の増加に伴う疾患。
  • 真性糖尿病;
  • 舞台裏での頭部損傷および組織損傷
  • 低品質の個人衛生。

原因因子の確立は、脂肪細胞の治療において重要な段階である。

耳の中または耳の後ろのアテロームの症状

アテロームは、直径4.5cmまでに達することができる、皮膚表面上に突出する丸い空洞である。出現したzhirovichokが非常に小さい場合、患者は炎症プロセスに気付かないでしょう。

腫瘍が感染している場合、または炎症反応が生じた場合、患者は以下を観察することができる:

  • 患部の痛み;
  • 皮膚の赤み;
  • 火傷およびかゆみ;
  • ゆらぎは、空洞形成における流体の存在を示す症状である。

アテロームの壁またはその損傷を押すと、粘性塊の内部が皮膚の表面に残るという事実につながる。それは不快なにおいと白い色をしています。アテロームが化膿性の炎症状態にある場合、この液体は緑黄色の色調を有する。

何が耳の後ろにzhirovikを導くことができます、どのようにそれを扱う?

これを治療するには、膿性アテロームと小さなzhirovichokが必要ですが、炎症反応はありません。

もしあなたが温家宝を時間内に取り除かなければどうなるでしょう:

脂肪の原因と耳の後ろの結果
  • 炎症の非存在下では、新生物は結合組織による置換の結果として徐々に密度が高くなり、そのような結節の寿命を延ばす。
  • 結合組織の置換を伴う炎症性の炎症性プロセスは、その後の炎症、発赤および痛みを引き起こす。一定の時間が経過すると、これらの症状は消え、空洞は線維性組織で繁殖します。非常に結節は人生のために体に残ります。
  • 炎症反応中のアテロームの壁の破裂は、特徴的な瘢痕が続いて皮膚に残るという事実につながる。
  • 感染の影響を受けた小さなアテロームでさえ、内耳および中耳に負の影響を及ぼし得る。この感染症は、深化し、近くの領域および器官に当たるという特性を有する。だから、耳たぶの治療を受けていなければ、感染は耳介のひどい変形を引き起こす可能性があります。

脂肪新生物の治療

適切でタイムリーな治療では、脂肪腫またはアテロームはいかなる危険ももたらさない。耳の後ろ、耳の後ろ、または葉の上に特徴的な形成を認めたので、すぐに脂肪を処置する必要がある。この病気を取り除くための選択肢はあまりありません。しばしば簡単な手術です。

医師は病変部の皮膚を切って膿や皮脂を除去しなければなりません。より現代的な方法の中では、レーザーまたは電波除去が一般的です。

この病気の予防には、身体全体の健康維持、皮膚の衛生管理、代謝過程の正常化が含まれます。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

63 − 55 =