女性の健康

誰に、なぜリンパ系の超音波検査が処方されているのですか?彼女の病気はどのように治療されていますか?

リンパ系は体内で保護機能を果たします。それは保護機能を活性化し、造血系での感染の導入により、それは損傷から臓器を保護し、食細胞の産生を刺激し、環境の悪影響に抵抗します。

首のリンパ節は、頭と首にある器官を保護します。

両親は、ごくわずかな増加に気付くとすぐに、子供の首のリンパ節の超音波検査を行うことを主張しています。しかし、幼い子供では、安定した免疫が確立されるのは3〜5年前です。それ以前には、内外の変化の影響がすでにわずかな炎症を引き起こす可能性があります。子供のノルムは、ノードが境界線状態にあるときです。成人のリンパ節の同様の状態で、身体検査が病理を検出するために開始される。

リンパ節腫脹の原因

小児の頚部および後頭部のリンパ節の増加に影響を及ぼす要因:

誰に、なぜリンパ系の超音波検査が処方されているのですか?彼女の病気はどのように治療されていますか?
  • 異なる病因の感染;
  • カタル性疾患;
  • 外傷性傷害、これは、化膿性炎症プロセスにつながる。

時々、彼は通常、動作が変更されない場合は、子供を任命頸部超音波のリンパ節、食欲は障害ではありませんが、リンパ系は否定応答を与えました。

ほとんどの場合、これはがんではありません - 両親はすぐに最悪の仮定を持っています。これは、リンパ系が、たとえ家庭内の動物でさえも、赤ちゃんと動物との接触にどのように反応するかを示しています。動物の唾液にはまだ子供が遭遇していない細菌が含まれており、その導入はリンパ節腫脹の特徴的な症状の出現を引き起こす。

首のリンパ節の超音波は何を示していますか?

頸部の超音波検査を行う場合、いくつかのノード群が考慮される。

  • 園芸前 - 彼らは喉頭の投影で首の前面に位置しています。
  • 前気管 - 前および気管の両側に位置する。
  • 顎下腺 - すべての親が知っているもの、人の解剖学的構造を知らない人でさえも。
  • 子宮頸部の三角形のリンパ節。
  • 胸骨筋肉の後ろにある頸静脈。

医師はレベルによってリンパ節を分類し、ローマ数字で示します。 6つのレベルがあります。

小児の検査は、小児科の専門医が行うべきである。そのような専門家がいない場合、将来的には、適格な小児科医によって指標が検査されるべきである。子どもと大人の首のリンパ節の超音波の基準は異なります。

小児の正常状態では、リンパ節の長さと幅の比は1/2以上である。長さ(cm) - 0.8〜1.5cm。サイズは、子供の年齢や個々の構造によって異なります。彼らは大きな豆のサイズでも、ヘーゼルナッツのボリュームに達することもできます。

これらの低エコー層は不均一な構造をしています - 中にはより密集しています。リンパ管と血管がそれらに近づくゲートを区別することが可能です。研究中、血流速度および自由で均一な血液充填の可能性が評価されます。

誰に、なぜリンパ系の超音波検査が処方されているのですか?彼女の病気はどのように治療されていますか?

リンパ節の数が数えられる。彼らはいくつかのグループのグループに配置することができ、グループの何人が生物の個々の構造に依存しています。

リンパ節炎のリンパ節の炎症は、均一に起こる。慢性炎症過程を有する血管の数は増加するが、それらの構造は変化しないが、病的捻転による延長は起こらない。構造は変わりません。

転移が現れると、ノードは円形になり、構造は均質になります。

血管の構造も変化し、病理学的に変形し、より断続的になる。

経験豊富な医師は、リンパ節群の増加に応じて、可能性のある感染プロセスの発生を示唆しているかもしれない。

  • 顎下のノードは、おたふく風邪、扁桃炎、喉頭炎、虫歯、口内炎の成人および小児に増加している - 最も頻繁に扁桃腺の舌に局在形状口内炎の潰瘍を変更するには、それらの原因となります。
  • リンパ系の病理pretracheal形成は、鼻咽頭に開発ウイルス感染で観察される - 副鼻腔炎及び副鼻腔炎、炎症過程に関与するだけでなく、上顎顔面だけでなく、フロント前頭洞含みます。
  • 鼻咽頭に入る感染のために、側方の三角形および頸部のリンパ節も炎症を起こす。
  • Perednesheynyリンパ節炎は、ときに下唇感染症、顎と首の前面の領域における化膿性炎症過程の領域で発生する虫歯、歯周炎及び歯周病があります。

小児では、子宮頸部リンパ管炎の原因は、感染症の他の身体系で起こる感染過程である。特に、気管支炎や肺炎のような肺疾患では、このような臨床像がしばしば起こります。

リンパ節炎の治療

子宮頸部リンパ節診断の超音波検査でのみ行うことはできません。

病理学的変化を明らかにするには、

誰に、なぜリンパ系の超音波検査が処方されているのですか?彼女の病気はどのように治療されていますか?
  • 血液を寄付する - 一般的な分析、生化学、寄生虫の病気;酵素上;血清学的検査; HIVと梅毒の検査。
  • 尿に合格する - 一般的な分析、変更が表示された場合は、さらに担当医師が任命する。
  • mantouxテストを入れる。
  • 胸部X線を行う;
  • 腹部の超音波検査が行われます。

リンパ節炎が長引くと、リンパ節の穿孔が必要となる。

最終的な診断の導入前に、医師は生命に対する脅威の場合にのみ治療を処方する。不十分な治療は、疾患の経過を悪化させる可能性があります。

子どものリンパ節が増えているのを見て、温めた圧迫をかけて、内科で提供されている様々なローションを使用する自己治療を始めることは不可能です。これらの行動は、体全体に感染の広がりを引き起こす可能性があります。

診断が行われると、炎症の原因は排除され、炎症は進行する。体は過熱を助ける必要はありません。

リンパ節のわずかな増加を伴う小児科医を訪問しないでください - 小児では、リンパ系はすべての変化に敏感に反応します。医療が大幅に増加した場合にのみ医療が必要となり、それらを押すと痛みが現れる。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

8 + 2 =