頭頸部顔の麻痺、低感情発症の主な原因 | pangudownloads.com
女性の健康

頭頸部顔の麻痺、低感情発症の主な原因

誰もが自分の健康を心配しています。不快な症状や兆候があるときは、医師の助けを借りて病気に対処しようとします。

それぞれの病気には独自の症状と徴候があり、医師が診断データと併せて診断することができます。不快な病気の1つは、顔のしびれ、頭の全体または一部です。医学では、この現象を鎮静といいます。

hypoesthesiaの症状は何ですか?

頭頸部顔の麻痺、低感情発症の主な原因

頭の麻痺は、皮膚の表面上でうずき感の形で現れ、 「クロールクロール」 その上に。この場合の皮膚の感受性は低下する。この現象は不快であり、人にはほとんど不快感を与えない。

肌のしびれが唇の領域を刺すとき、顔全体。腫れ、灼熱感、顔の表情を制御すること、顔の筋肉を制御することは不可能です。さらに、しばらく人が味を失うことがあります。

このような状態は、永続的または一時的な状態になることがあります重度の状況では、顔の無感覚が顔の麻痺の発症を引き起こす可能性があります。

だから、なぜhypoesthesiaが出現して、それの原因は何ですか?

頭のしびれの発症の原因は、体内システムおよび人体器官の正常な動作を妨げる要因の影響に対する人体の反応と関連している。

無感覚の原因は必ずしも病気であるとは限りません。人が動きのない、不快な姿勢で長時間働いている場合、頭部、頸部、顔の過敏感は通常と考えられます。例えば、睡眠中。この場合、血液の循環が一時的に中断され、これにより頸部と枕の上にある顔の一部が鈍くなり始めるという事実につながります。人は筋肉や皮膚にわずかなうずきを感じます。

この場合、ベッドの位置を変える必要があります。体の反対側の枕に横たわっていて、感情鈍麻は2〜3分で終わります。あなたは軽いマッサージをして症状を和らげることができます。

顔や頭の皮膚のしびれがより頻繁に発生し、夢ではなく、並行して、温度、痛み、視力や聴力の低下などの症状がある場合、これは専門家に直接言及する理由です。多くの人々が自分自身に質問します。どのような病気が顔や頭の麻痺になることができますか?このような状態は、脳卒中または心臓、脳、内臓器官および系統の仕事に関連する他の重篤な疾患の初期発生について話すことができる。

頭と顔の麻痺の原因

頭頸部顔の麻痺、低感情発症の主な原因
  1. 神経圧迫。ヘッドの左側が馬鹿になる理由は、顔面、三叉神経、上顎、眼の神経、脳内の体内の血流の侵害を圧迫する(ピンチング)ことがあります。神経のピンチは、腫瘍の発達、傷害後、癒着、小脳動脈の拡張、鼻腔および口腔における炎症過程の進行に起因する。起こることは、頭の後頭部の部分が鈍く、その上に肌があるということです。鼻には痛みがあり、目には耳があり、皮膚にはうずうずしている感じがします。
  2. 脳脊髄損傷。このようなトラウマは、脳組織、その膜において出血を引き起こす可能性がある。頬骨、眼球、上顎の損傷の危険性。重度の打撲傷のために、脳震盪が起こる。数日後にその兆候が現れますが、長く持続すると、それはより深刻な損傷を示します。頭蓋骨に外傷を負わせると、頭部および頸部の感覚鈍麻などの徴候を伴って、頸椎が痛む可能性があります。
  3. 脳の腫瘍。腫瘍は、成長するにつれて頭蓋を押し、脳を囲む。その結果、彼らの仕事は中断され、視力は減少し、頻繁かつ重度の頭痛、衰弱、顔、首が麻痺する。
  4. ベルの麻痺。多くの場合、唇と顎はベルの顔面麻痺の発達とともに麻痺します。これは正面に発達する最も一般的なタイプの麻痺の1つです。これは、ウィルス感染の発症のために挟まれた神経に関連しており、それは次に神経の炎症を引き起こす。その結果、顔、唇、舌が鈍くなります。麻痺が現れる前に、耳の後ろには痛みがあり、味覚は失われています。回復は数ヶ月後にのみ起こります。予後は、麻痺が片側だけに発症した場合(例えば、左または右)に有利である。
  5. 多発性硬化症。この疾患の発症により、神経組織の一部が結合組織の細胞に置き換えられる。生体の自己免疫反応が存在する。自分の細胞が攻撃を受け、神経を傷つける。上唇、首、顔が失われ、感度が失われ、視力が低下し、動きが調整されなくなる。
  6. ストローク。ストロークの初期段階の発達とともに、頭と顔の麻痺が注目される。血管が破裂して閉塞すると、酸素が脳に供給されにくくなります。前部はつぶれて始まります。
  7. 一過性虚血。この現象では、脳内の血液循環の急激な中断があります。感度は失われ、顔面部分は麻痺します。
  8. 重度の片頭痛;
  9. 子宮頸部骨軟骨症;
  10. 薬の副作用。
頭頸部顔の麻痺、低感情発症の主な原因

非常に暑い食べ物や飲み物の消費中に形成される粘膜の火傷で、舌が鈍くなることがあります。数日以内に粘膜が回復し、減感情の状態が続きます。舌は、歯が抜けた後、顔面領域に傷ついても麻痺します。

舌がしびれていると、舌咽神経の神経痛がしばしば発症する。その外観が変化する場合、これは口腔カンジダ症の発現、ビタミンB12の欠如を示す。


ステロイドホルモンの入った吸入器が誤用されていると、頬が鈍くなることはありません。

頭は愚かであり、人生の脅威をそれ自体は持ちませんが、痛みやその他の不快な症状を引き起こす可能性があります。原因を誘発することには、歯科医院における失敗した処置、顔面の帯状疱疹、体内のビタミンの欠乏なども含まれる。

原則的に、血液循環が妨げられる頭部の部分は麻痺し、反対側では、感覚減退はあまり一般的ではない。感度は、唇、舌、限られた移動性、フェイシャルを模倣する領域で減少する。このような症状が1日以上続く場合は、医師に相談する必要があります。脳卒中の発症について話すことができます。タイムリーな治療開始(最初の6〜12時間)により、患部を制限して脳の機能を回復させることができます。

頭の後頭部のしびれの主な原因

  • 過冷却。子宮頸部および後頭部は冷たく冷える。首には、ドラフトに首が吹きます。その後、後頭部にも痛みやうずきが見られます。
  • 睡眠中の不快なポジション。脈絡された血管、血液循環の違反があります。
  • 強いストレス。神経緊張を伴うと、血管は重度の攣縮を経験し、狭窄する。血液循環が衰え、酸素が脳に入りにくくなります。

これらのケースでは、ネックは暖かくて抗炎症剤で擦り、それを包むより暖かいものでなければなりません。この状態が長期間続くと、一般的な状態を悪化させる他の症状が現れた場合、これは病気の発生を示しているので、医師に相談する価値があります。

めまい、衰弱が麻痺した顔面で発達し、発声が鈍くなったり、体温が上昇したり、引っ張ったりする必要はありませんが、医師に診察を依頼し、その後の治療のために正しい診断を行うようにしてください。

診断と治療の方法

診断には、神経科医との義務的な相談が含まれる。血液検査も行われます。

医師は、

頭頸部顔の麻痺、低感情発症の主な原因
  • ラジオグラフィー;
  • MRI;
  • 電気穿孔法;
  • ドップラー付き超音波。

頭部外傷があった場合は、外傷学者と外科医の相談が必要です。

頭が愚かになり始めると、どのような治療法が選ばれますか?

方法の選択は、感情鈍麻の発症の原因に依存し、処置の経過は調査の後に任される。それは、抗生物質、抗炎症薬、鎮痛薬および他の薬物を含むことができる。

また、この症状の強さは外部因子の影響に依存するため、催眠感が最も頻繁に生じる状況を避ける必要があります。

Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 2 = 3