愛されていない夫との生活 - 評決に署名する必要がありますか? | pangudownloads.com
心理学

愛されていない夫との生活 – 評決に署名する必要がありますか?

若者は誘惑、情熱、熱烈な愛、明るい希望でいっぱいですが、残念ながらそれ自体危険な罠を抱えています。若くて、私たちは多くの間違いを犯します。落ちると、私たちは自分自身を振り払って動きます。

愛されていない夫との生活 - 評決に署名する必要がありますか?

しかし、時には発疹が致命的となることもあります。何十年もの妄想の後でしか実現できないすべての負担です。誰かがこの時期に30歳になり、若者で習得した人生のモデルが40年に近くなっていることに気づきます。

結婚は非常に一般的な方法です "沈む", 地球上の人々の圧倒的多数が来る。結婚では、一つの重要なこと以外に特別なことは何もない - 愛。

しかし、信じられないほどの数の人々が、5年間の計画に耐えられない震え感を確認します。

しかし、たとえ時代遅れのものであっても、関係を維持するためのすべての費用の神秘的な重要性は、何百万もの家族が習慣から唯一の結婚生活を営むことになります。

どうして私たちはその人々と一緒に生き続けないのですか?

根本的な解決が結婚の絆を壊すのを防ぐ要因、巨大な集団。原則として、強くて自信がある人だけが、自分の利益を自分の恐怖以上に置くことができます。これは、世界をより微妙かつ敏感に知覚する女性にとって特に当てはまります。

解決した女性は、子供のために、または他の何らかの理由で、愛されていない人と一緒に生きる方法を疑問に思っていません。彼らは誰もができるだけ幸せになる最善の方法を見つけようとしています。しかし、弱い霊の女性は、彼女の恐ろしい結婚に住み続け、夜は静かに泣き、彼女の不確実性を取り除くことを恐れる。

女性はしばしば過度の自己犠牲になりがちであり、多くの人にとっては無慈悲な人との結婚は自発的な労働になります。

あなたが未知の夫と一緒に暮らす方法を理解しようとすることに頭を悩まし、なぜこれを行うのか、なぜこれが起こるのかに集中しよう。

愛されていない夫との生活 - 評決に署名する必要がありますか?
  • ステレオタイプと他人の意見. 私たちの国では、25歳以上の未婚の女の子が疑惑を抱いているだけです。スタンプ "オールドメイド", すべての無差別に周囲の型を知らない、多くの女性は屈辱的な事実として認識します。女の子が目立っているが、彼女自身が当事者を見つけられなかった場合、社会は彼女に過剰な性的嫌悪感を疑う。それは多くの女の子が自分の人生を壊して、結婚式に飛び乗るのを急いで、外人の意見の影響を受けて "遅い", または誰もがこれを行うからです。
  • サポートを受けたい. 何千年にもわたって、西側だけに課せられた家父長的価値観は、段階的に力を失いつつある。しかし、私たちにとって、過去の世紀の暗闇のエコーは、依然として女性人口の心に反響しています。ほぼすべての女性が保護されていると感じてほしく、ほとんどの人がこれを達成するための最も明白な方法は結婚することです。財政的困難を経験しない自信のある紳士は、すでに多くの人にとって優れた買収をしており、相互の愛は多くの夢想家です。
  • 低い自尊心. この破壊的な要因は無限に話すことができます。たとえ女の子が愛されていない配偶者から離れなければならないことが分かっても、不確実性が彼女を止める。休憩の際に見通しの完全な欠如の恐れ - それは公正なセックスの多くを恐れるものです。そして、結婚自体はすでに大成功であると信じて、親戚はしばしば火に油を注ぎます。
  • 習慣のビジネス. 奇妙に聞こえるかもしれませんが、多くの人は既に長い間混乱している半分に慣れています。彼らは愛されていない人間から永遠に逃げる方法についても考えていません。関係は日常的に変わります。
  • 残念. この要因は、このシナリオで最も頻繁に現れます。強大な女性は、配偶者に対する罪悪感のために去っていくつもりはありません。そのような場合、夫は妻の震えを感じることがあります。しかし、女性の側に相反することはないが、彼女に負担をかけるが、男の同情はこの悪循環を破ることを許さない。
  • 子供の利益のための不幸な結婚. 認めるのは恐ろしいことですが、多くの家族関係では子供たちは唯一のリンクにすぎません。女性と男性の両方は、母親と父親だけが一緒に働いて、価値のある社会のメンバーを彼らから育てることができると信じて、子供のために嫌いにする準備ができています。
  • 重要事項. 離婚には多くの問題があり、結婚では解決しやすくなります。これは、住宅問題と財産の移転、移転、文書による赤字 - 一般的には、自分の人生の完全な再編成に関係します。このすべての大騒ぎは、いくつかの女の子を怖がらせるので、通常の苦しい家庭生活を好むが、混乱はない。
  • 霧の未来の恐れ. 不確実性は強い人でさえ恐怖ですが、結婚の愛がない場合、その女の子はいつか最高の運命に陥ることをかなり疑います。リスクは正当化されていないと思われ、現時点で何が失われるのかという恐れは、あなた自身の苦しみを止めることを妨げます。

不幸な結婚、子供のために未知の夫との生活 - なぜこれが起こっているのですか?

愛されていない夫との生活 - 評決に署名する必要がありますか?

時々、女性は子供の想像上の幸せな未来に犠牲を払う。彼女の意見では、息子や娘の人生は父親なしでは完全ではないでしょう。単語 "離婚" 若い世代の明るい未来のためのすべての希望を壊すことができる魔法のような呪いのように聞こえる。

したがって、多くの女性は、そのような疑わしい決定の考えを避け、毎日不幸な結婚で自分自身を犠牲にする儀式を実行しようとします。


そのような犠牲者の正当性と、本当に子供が必要かどうかという疑問について、常設思考は答えられません。結局のところ、知っている社会はすでに私たちに答えてくれました。

しかし、子供たち自身についての考えや、自分の状況に対する認識がある程度分かった場合、あなたの想像上の犠牲者は気づかれずに理解できます。子供たちは微妙なエネルギーの微妙な振動を感じることが多く、誠実さ、暖かさ、そして相互理解が欠如していると、彼らはそれを通り抜けません。そして、今あなたの大人の子供が何年前から自分の母親の苦しみの根本的な原因になったのかを知っていると想像してください。

彼はどのように感じるべきだと思いますか?

何歳もの間違いの経験をした多くの女性は、子供に責任を移そうとしていますが、それに応じて彼らはただ一つのことを聞きます。子供はあなたの犠牲をまったく必要としませんでした。

このような決定は、離婚によって未婚の夫と同盟を取り除く方法は、しばしば選択肢ではない。あなたは、父親を見てコミュニケーションをとる機会を子供から奪う。父親と子どもの関係がますます強くなっていくのは、すべての年齢層にとって非常に困難な時期を経た後です。しかし、配偶者が子供との関係でイニシアチブを示さない場合、あなたは正しい選択をしたことを疑うことはありません。

さらに、誠実な相互の感情と尊敬に基づいて、新しい人との結婚は子どもにとって肯定的なものになります。結局のところ、真の愛は無意味な犠牲ではなく、喜びと暖かさを与える欲望です。

愛されていない夫との生活 - 評決に署名する必要がありますか?

あなたは未知の夫と、あなただけにとどまる必要があるかどうか、決定を下し、新しい人生を始める。恐怖、不安、世論、そして近いものさえも、自分の将来を選ぶ自由を制限しないようにしてください。

あなたが不必要な人と長年の人生に耐えることができたならば、そのギャップは非常に恐ろしいあなたのためにアクションのための巨大なスペースを開きますか?

さらに、親戚や友人、親戚は、あなたの過激な踏み出しをサポートしませんが、あなたにすべての困難を確実に分かち合い、その道を渡すのを助けます。

連続的な自己犠牲の状態の人生は、遅かれ早かれ、最強の女性からでもすべてのジュースを絞り出すでしょう。しかし、一時的な見方やあなたの苦しみの意見はありますか?人生は変化であり、それがなければ前進することは不可能であることを思い出してください。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 12 = 17