まず実用性:湿地とは何ですか? | pangudownloads.com
手作り

まず実用性:湿地とは何ですか?

既に非常に “モコストラピ「靴について話しているのは明らかです。このように、XIX世紀の前半には、悪天候時に使用される試作ガロッシュを呼び出すようになりました。この言葉の起源については、研究さえ行われています。最近では、デバイスの床に装着された靴の上にパッチも呼び出され始めています。

彼らは買われるだけでなく、それ自身で作られます。我々は、これらの2つの適用分野にもっと詳しく取り組むことを提案する。

アンティークシューズ

まず実用性:湿地とは何ですか?

多くの人々は有名な人物、作家、言語学者、アドミラルA.S. Shishkov。他の研究者は、初めて “モコストラピ“V.Iを使い始めました。ダール。

この言葉は、外国語を禁止した後にロシア語で出始めた失敗したパロディーのカテゴリーに含まれているとの意見がもう一つあります。

一般的に、古代のいくつかの場所では、この言葉は他のものと同じレベルで使われたという証拠があります。

古くから、そのような名前をつけた履物は、近代的なギャロスのようには見えませんでした。 Mokrostupyは木製の靴であったか、それは木製の取り外し可能なライニングだった。他の場所では、この言葉は雨天時に着用するように設計された革カバーと呼ばれていました。

村では、この名前は、高い海賊版のカバ樹皮の靴を表すために使用されました。人々がゴムを発明したとき、木製の履物は独特の装飾機能を発揮し始めた。

モコストラピと修理

まず実用性:湿地とは何ですか?

特別なシューズパッドは、セルフレベリングフロアを設置したり、コンクリートのスクリードや芝生の曝気を行うときに、ビルダーが部屋の周りを移動できるように発明されました。彼らはまた、シャクラバミ、エアロサンダル、クラスコスパミなどと呼ばれています。

唯一の棘には、床の上を歩いている間に気泡を取り除くことができるためのものがあります。モデルによって、その長さは完全に異なることができますが、塗りの高さに対応する必要があります。ソールは柔らかいが耐久性のある素材で作られています。

締結具の存在により、濡れテールは足に確実に固定される。これは、必要に応じてサイズを変更または増やすことを可能にする特殊なテープで行われます。使用後、床材の残渣を水で除去し、次いでそれを乾燥させることが十分であるので、ライニングの取り扱いは困難ではない。

今日まで、そのような靴パッドはほとんどすべての工事店で見つけることができます。誰もが自分のために適切な選択肢を選ぶことができます。利点は、蚊が安価であり、長い時間続くことを含む。これらのパッドを購入したくない、または購入しない場合は、自分で行うことができます。

なぜ私たちは虐待を必要とするのですか?

驚くべきことに、これらの靴は今日でもまだ使用されています。

mokrostupyのメリットは次のとおりです。

  • 彼らはそれを傷つけることなく、新しくカットされた床を歩くことが可能です。 30分以内にこれを行うことができます。注ぐの完了後。長い散歩は損傷につながる。
  • コーティングの間に形成された不均一性を除去することを可能にする;
  • Mikrokodamは無作為にそれに入ったまだ液体の床の異物から得ることができ、外観を台無しにする。
まず実用性:湿地とは何ですか?

即興資料からあなた自身の手でモロモプチを作ることができます。これを行うには、合板の小さな部分を取って、靴の幅と長さに対応するライニングを切り取る必要があります。もちろん、それらを長方形にすることができます。これにより時間と労力が大幅に削減されます。周囲に沿って、ねじをねじます。

シューにライニングを添付するには、あなたは、通常の粘着テープを使用しますが、削除して、それらの上に置くことができますので、我々は通常のベルトを使用することができるか、極端な場合には、単に唯一に取り付けられた2本のリボンを結ぶ、困難になります。このような手作りのドレスは、手段だけでなく時間も大幅に減らすでしょう。

要約

今あなたは “モコストラピ“、その場合にはそれを使うことができます。フロアの修理を行う際には、ライニングを常に着用することを推奨します。その結果、最終結果が失望することはありません。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

1 + 7 =