ビーディングは興味深く魅力的なクリエイティブな活動です | pangudownloads.com
手作り

ビーディングは興味深く魅力的なクリエイティブな活動です

ビーズワークは数百年前の存在の歴史を持つ最も魅力的な民俗芸術の一つです。ビーズから宝飾品、アクセサリーまで、あらゆる種類の織り方で服を飾り、刺繍する。

この装飾的な要素は、ファッションの現代的な女性の服だけでなく、有名な衣装の製品にも存在します。あなたが製織したい場合や刺繍ビーズは、すべての女の子や女性を学ぶことができるため、これはあなたがこの技術の基本的な技術を習得する必要があります。

ビーズワークの歴史

ビーディングは興味深く魅力的なクリエイティブな活動です

ビーズワークは長い歴史をもち、その歴史はほぼ6000年続く。この芸術は初めて、古代エジプトで起きました。このような創造活動の過程で使われた素材は、ビーズ“、アラビア語から翻訳され、この用語は”擬似真珠

最初は、ビーズで製織するのはかなり難しい作業でした。糸をガラスから引き抜いて銅棒で包む必要がありました。この後、ロッドを取り外し、各ビーズを手動で処理する必要があった。

当時、ビーズはシンプルで無色で不透明で、創造性の素材を作る技術が向上した時代とともに、人々はビーズを半透明、透明、色づけにすることができました。 

ビーズワークの歴史は古代ローマにも関連しています。古代ローマではビーズが金属チューブからガラスを吹き飛ばして得られました。ローマ帝国から、この魅力的な職業はイタリア、スペイン、ギリシャ、フランス、ドイツ、ヴェネツィアの領土に広がった。

ヴェネツィアは13世紀からガラス工芸のビーズワークの首都となっています。その当時、ガラス工芸はよく発展していたからです。まもなくヴェネツィアの競争は、ボヘミアとして知られていたチェコで、最高品質と純度のガラスを生産しました。

チェコ共和国でのこのガラス工芸の成果により、ガラスのボヘミアンビーズとガラスビーズがガラスとクリスタルから製造されました。 

その材料を製造する技術は、1704年までこのスキルの秘密が記述された単一の本が存在しないように注意深く守られていました。全世界だけを見たこの本は現在、英国の博物館に保管されています。

19世紀の初めに、材料の生産のために設計された機械が発明されましたが、残念ながら、この革新はビーズのコストを削減するだけでなく、品質にも影響を与えました。

古代ロシアのガラス製作では、ゲルマンとヴェネツィアのビーズも高く評価されましたが、スラブ自身は16世紀以降積極的にこの活動に参加し始めました。ピーター・ザ・グレートの治世中、他の国の有名なガラスメーカーがロシアに招待されました。

さらに、イタリアの若者たちは、クリエイティビティのための素材やビーズワークの基礎を学ぶためにイタリアに行った。 

1753年のUst-Ruditsaで、MS Lomonosovの参加により、着色ガラスとビーズの生産のための最初の工場が建設されました。数年後、工場はモザイクのためにビーズ、ガラスビーズ、ガラスを積極的に生産し始めました。

その時以来、様々なビーズ製品の品揃えが急速に増加しており、そのような装飾要素は、ワードローブアイテムだけでなく、家具のためのアイコンや室内装飾品でも装飾されていた。絵画、パネル、様々な装飾品、アクセサリー – ハンドバッグ、ブックマーク、傘カバー、様々な家庭用品がありました。 

ビーズで織り始めるには?

ビーズワークのような創造性に取り組むことを決定すると、あなたは患者であり、患者であり、喜んで学ぶべきです。必要な材料を購入し、製織のスキームを選択するために必要な作業に必要です。経験豊富な針医師は、この職業は多くの人に見られるように簡単ではないので、最も簡単なスキームから始めることをお勧めします。

初心者にとっては最も簡単なテクニック – ノット製織を選択する方がいいです。通常、ビーズやブレスレットを製織するのに使用されますが、各ビーズやビーズが結ばれた後のものです。

ビーディングは興味深く魅力的なクリエイティブな活動です

この問題は、初心者の針の女性でよく発生するため、ビーズのもつれを防止します。加えて、ノッティング技術は、製品に柔軟性を与え、ビードが互いにノックすることを防止する。 

ビーズ加工の最も一般的な方法は、浚渫です。ジュエリー、家庭用品、アクセサリー、装飾衣服など、さまざまな製品を製造するプロセスで使用されています。 nizaniyaにとっては、小さなビーズや大きなビーズを選ぶのが最善です。太い亜麻や綿糸にこのような素材を紐止めする必要があるからです。

織り方を学ぶには、経験豊富なマスターが提供するトレーニングビデオを見ることができます。彼らの多くは手作業ではなく、特殊な機械で製織することを好みます。このような機械をビーズワークに使用すると、製品を作成するプロセスをスピードアップできますが、マニュアル製織は創造的な活動からはるかに多くの喜びをもたらします。

ビーズワークの基本技術

初心者の方には写真やビデオを添えて、あらゆる種類のテクニックがあるので、このような創造性の基礎はとても難しいものではないことを学びましょう。現在、針状加工は、ビーディングの技術、技法および技法の多くを開発してきた。

多くの場合、経験豊富な職人は、適用された技術でビーズ製品を製造する過程において、独自の要素を作り出している。そのような編み技法はしばしば使用されます。

  • モザイク技術;
  • 針織り;
  • フランスの技術。
  • «ワイヤループ»;
  • «ワイヤーハーネス»;
  • «ワイヤの仮固定

宝飾品やアクセサリーの創作に携わる多くの職人は、まだ多くの品種がある織物のモザイク技術を使用しています。例えば、奇数または偶数のビーズ、二重および三重の技法、円形または円筒形の編組。

この技術は、実質的にあらゆる製品の作成の基礎として使用することができる完全に平坦なビード表面を得ることを可能にする。完成したものは小さなレンガの壁に似ています。このモザイク技法を選択すると、細断された丸いビーズが使用できます。 

針網は、端部が2つの針に挿入された糸の使用を伴う。次いで、糸の端部は、最終的にビードを通過し、互いに反対方向に出るように、縮小される。

糸や線の代わりに、ビーズからアートの驚くべきビーズを作成する際に必要な伝統的な要素、ワイヤーも使用できます。このような “ワイヤループ“または”ワイヤーハーネス“、あなたはビーズワークのためのワイヤーが必要になります。

この方法は、主にインテリアデザインで非常に人気のあるオリジナルのコンポジションを作成するために使用されます。この方法では子供用の美しいおもちゃを作成することもできます。 

ワイヤーは、材料が円でそれにねじ込まれると、フランスのビーディング技術の選択にも使用されます。ビーズを失わないために、ワイヤの一方の端部にはループが形成され、他方の端部には、図に示されている適切な量の材料が通される。

ビーディングは興味深く魅力的なクリエイティブな活動です

詳細を作成するには、ワイヤを正しい方向に曲げなければならないので、フランスの技法はアーク編組として知られています。原則として、それは花の構成要素である花や葉を作成するために使用されます。そのような要素はかさばって見えます。

フランスのビーディングは、ワイヤで製織する最も複雑な方法の1つです。ビーズとビーズは互いに密着していることが重要です。ワイヤーに沿って動くべきではありません。なぜなら、製品はたるんで醜いからです。 

かわい子や編み物を編む方法と愛情を知っている女性は、ビーズで編みこむ必要があります。ニット製品では、そのような装飾的な要素がキャンバスの一部となり、独創性と祭りの服を与えます。

ビーズは、文字列に紐を張って刺繍することもできます。刺繍では、他の素材(ビーズ、ラインストーン、スパンコール、編組、有色糸)と完全に組み合わせられます。 

この種の針を使って、自分の時間を過ごすことができ、あなた自身やあなたの愛する人のためにオリジナルの製品を作ることができます! 

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

2 + 2 =