自分の手でインテリアの工芸品:美しくスタイリッシュな | pangudownloads.com
手作り

自分の手でインテリアの工芸品:美しくスタイリッシュな

アパートは私たちのプライベートスペースです。それを装備することで、私たちは暖かく快適な雰囲気を作り出します。かわいい装飾なしで居心地の良いインテリアに自分を紹介することは困難です。非常に普及した最近の工芸品は、自分の手で作られています。主な議論は、独創的な工芸品を作るために特別なものを買う必要がないということです。あなたは驚いていますが、あなたの処分した資料はすべて自宅にあります。

私たちは箱を開きます!

自分の手でインテリアの工芸品:美しくスタイリッシュな

家の中で多くの人々は確かに折り畳まれ、慎重に古い壁紙、ワイヤーの小さなコイル、古新聞や雑誌、紅茶やコーヒーの缶の下、および同様のゴミの部分を格納し、コーナーを持っています。

今、時間が来る思考、そして古いジュートや麻のこの作品で自分を慰め、私たちは間違いなく便利になる、我々は徐々に使用しにくい小さなものの膨大な数の保護者に変わります。

少し夢、あなたはそれらの内部面白い要素を多様化し、長い何もしないクローゼットの中のほこりを集めてきたものの実用的なアプリケーションを見つけることができるようになります。

家庭用の工芸品とは何か

人の幻想が境界を持たないため、すべてのカテゴリをリストアップすることはできません。最も人気のあるもの、すなわち:

  • 機能的な記事。この種のものには、箱、棺、穀物用の瓶、小さな瓶などが含まれます。
  • お部屋に居心地の良い雰囲気を作り出すことを目的とした室内装飾用工芸品 – 絵画、写真、花、ナプキン、お守り。
  • 美しさと機能性を兼ね備えた工芸品 – コーヒーテーブル、靴や傘用のスタンド。

我々は材料を選択する

すべてがシンプルです。工芸品を作るための素材は何でもかまいません。それはあなたの想像力に左右されます。

ますます普及しているのは、荒布と撚糸で作られた工芸品です。一見、三角は魅力的でないと思われ、農業で広く使われている荒い素材で、飾る部屋とは何の関係もありません。

それは絵を書くためのキャンバスとして時々使用されますが。 インテリアデザイナーは、スタイリッシュで、自然で環境にやさしいファブリックである大草原を位置づけています。

したがって、彼らは喜んで彼らの仕事にそれを使用し、あらゆる種類の要素を補い、より多くの新しい装飾品を考え出します:

  • 三角とジュートで作られた物品;
  • ジュートとストロー製品;
  • コーヒーと三角の装飾品;
  • 粘土とジュートの工芸品;
  • 亜麻で飾られた荒布。

リストは不完全であり、すべては想像力と即興の手段によります。

自分の手で製品を包む

すでに述べたようバーラップ – 花瓶や植木鉢用カーテン、ナプキン、花、装飾 – あなたは日常の家庭用品のための興味深いと便利なの多くを作ることができ、そこから汎用性の高い生地が、あります。

このような場合に初心者ではない人は、簡単なものから始めることをお勧めします。ファブリックを細かく切って、バクラムとデンプンの端を溶かしてみてください。ここで準備ができたテーブルナプキン!

同じ原理で、元の外観を普通の花瓶に与えることができます。これを行うには、緻密な布で包むだけで、エッジのエッジ同士を互いに固定する必要があります。記事を材料の上に退屈していないようにするには、スイカやカボチャの種をペーストしたり、コーヒー豆やその他の穀物を加えたりすることができます。

自分の手でインテリアの工芸品:美しくスタイリッシュな

主なものは、使用される材料の色の種類です。このようなパフォーマンスは、目を楽しませる独創性だけでなく、花鉢のデザインを時折変えることも可能にします。あなたに同時に現金を追加する必要はありません。

自家製のホームインテリア要素は、友人や親戚に贈り物のための元のアイデア、例えば、することができます。だから、面白いと関連しているどの家でも、そのような要素は、お守りのように見えます。

私たちは小包から病棟を作る

家は私たちの要塞です。そして要塞のようにガードなしではできないように、家は家の守護者なしではできません。そしてそれが家のお守りになると、ほとんどの人にとって心に浮かぶのは、家政婦の置物です。あなた自身の手で袋を作って作られた小さな家を作ることはとても簡単です。あなたが必要とするのは指示に従うことだけです。

図の作業を開始する前に、必要なものがすべてあることを確認する必要があります。

  • 2本の線;
  • 撚り糸;
  • 三角の片。
  • 使い捨てスプーン3個。
  • パクリのブロック。
  • 鉛筆;
  • はさみ;
  • 針と糸;
  • 使い捨ての靴下またはそれらはまたカプロンとも呼ばれる。
  • ワイヤのコイル;
  • シンテポン;
  • 段ボールのシート、または胴体のモデルのために出てくる他の材料は、家政婦です。
  • 接着剤;
  • フィギュアを装飾するためのアクセサリー – コイン、小粒、小さなほうきなど

今すぐ製造プロセスに進んでください。

利用可能な段ボールはチューブにねじられ、ステープラで縁の周りに固定されています。 Пあなたの裁量で、私たちは小さな男の将来の手のための穴を作って、そこにワイヤーを挿入します。

次に、使い捨て靴下を取り出し、少量のシンテポンで詰めてボールに転がす。その後、これらのボールは私たちの工芸品の側線に結びついています。 ボールと、ワイヤが円錐に入る穴との間に、距離がなければならない。私たちはあなたが好きな素材から縫うことができるスリーブでこのギャップを閉じます。

手と同じ原理で、頭が作られます。家長の体に頭を固定した後、この場合は目を模倣し、糸で美しい笑顔を刺します。

自分の手でインテリアの工芸品:美しくスタイリッシュな

使い捨てのスプーン2本を持ち、小さい人のための2つの便利なサポートを持っているようにハンドルを切ってください。脚を糊付けした後、スプーンを三角で飾ることができ、家のスリッパの模造品を作ることができます。

残りのスプーンはハンドルストーブに接着されています。スプーン – 繁栄の象徴であり、家庭のガードでは、この要素は不可解なので、見えます。

あなたの家政婦はほとんど準備ができています。それは紐からひげを作ることが残っています。コイン、穀物、特に米、メロンの種など – プロセスが完了したら、domovenkaシンボリックな倍音を持っているアクセサリーを飾ります

あなたが見ることができるように、小穂と撚糸の小さな家政婦は簡単に実行する、主なものはあなたの願いです。 インターネット上では、自分でできる多種の工芸品を見つけることができ、インテリアの多様化を図ることができます。あなたに創造的なインスピレーション!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

4 + 6 =

Adblock
detector