私はママです! | pangudownloads.com
Browsing Category

私はママです!

  • 私はママです!

    妊娠中の “クランティル”の服用方法は?

    婦人科医は、妊娠を計画するときやその間に、「クランティル」を任命することが多い。どのようにこの薬を服用する必要があります、それを使用する危険ではないですか?それは、妊娠中に使用される薬物が少ないほど、子供が健康になると信じられていました。 どのように妊娠を計画するときに行うことを勧められている指示の推奨事項を組み合わせますか? クランティル, 3ヶ月前に彼のコースを終えることで、彼は将来に任命されるでしょうか? 妊娠中の「クランティル」の行動 医師は、妊娠の最初の週に「クランティル」を飲むようにアドバイスします。その有用な特性は、生物を適応時間を最も快適に移すのに役立つからです。 それは季節性感染の可能性が減少することを意味するインターフェロンの産生に寄与する。 血管の微小循環を正常化する – 圧力降下のリスクを低減する。 生物の活発な活動に必要なアデノシンの破壊を活性生物学的物質に妨げる – 酸素なしで酸素を交換することは不可能である; 血液を希釈し、血栓の形成を防ぐ。 後の言葉では、胎盤機能不全で服用することをお勧めします。複雑な妊娠の場合は、一般的な状態を著しく緩和します。 また、後で言えば、薬物の使用は、胎​​児における低酸素の発生を防止し、その脳循環を改善し、呼吸器系の生理学的形成を助けることができる。 未来のママはしばしば33-35週に聞く “胎児のしゃっくり” – この生理学的作用は、短期間の光の収縮によって引き起こされる腹部の律動的な痙攣であると考えられているからです。頻繁なしゃっくりのバージョンの1つは、胎児への酸素供給の欠如である。 クランティル 妊娠中の75mgの用量ではビタミンとして処方されていますが、そうではありません。彼はかなりの副作用、多くの使用禁忌を持っています。 この場合、薬はその相手の前に巨大なプラスを持っています。 クランティル 妊娠中は母体と胎盤のみに影響を与え、作業状態でそれを支え、早期老化を予防する。その使用から胎児の形成は依存しない。 妊娠中に検疫を飲む方法は? 薬局で薬を購入する前に、指示をよくお読みください。母親の状態は、妊娠中の胎児の快適性に大きな影響を与え、副作用 クランティラ 軸受けを複雑にすることがある。 医師は禁忌のリストを心に覚えておらず、その中に病気の病歴が見つかった場合、注意が指摘されていない – それは妊娠の経過に影響を与えなかった…

  • 私はママです!

    どのように新生児に寒さを治すために?

    子宮内では、胎児は液体培地中にあり、気道の粘膜は放出される前に完全に形成されておらず、その有効性は最大4ヶ月間持続した。したがって、いかなる有害な外部効果も粘膜を刺激する。それは乾燥した空気、ほこり、病原性の植物または鋭い匂いであり得る。 粘液は、液体の粘稠度を最初に有する透明な放出の放出によって刺激に反応する。両親が生理学的鼻水を子供に適切に治療する方法を知っている場合、状態は悪化せず、子供は長引いた鼻炎に直面しません。 コリザ 新生児の鼻の鬱血は珍しくありません。子供の鼻からの透明な液体の分泌と外部刺激との反応は正常な現象である。生理的なタイプのベイビーで鼻水を治療する方法は、幼児の上気道の特別な構造のためではなかったが、思慮深いことができなかった。 新生児の鼻道は短く狭い。少量の粘液でさえ、詰まって腫れ、赤ちゃんは吸うことができません。授乳中には、彼の口は忙しく、彼は鼻を通って呼吸しなければなりません。そうしないと吸うことができません。 親がそのような症状に注意を払わないと、子供は落ち着きがなくなり、栄養失調になり、体重を減らし、免疫力は低下する。生理的な鼻水には細菌が付着しています – 通常の石英でも、病原菌から部屋の空気を完全に浄化することは不可能です。 生理鼻炎の感染への移行を防ぐためには、子供を助ける必要があります。 この段階では、血管収縮剤の滴を必要としません。室内の衛生対策や鼻の洗浄が役に立ちます。 部屋はきれいでなければなりません、56〜65%のレベルの湿度、放映されます。子供の鼻は、時間の経過とともに粘液から浄化されなければならない。 新生児の寒さを治療するよりも? 即興ツールを使用することができます: ゴム製の梨またはアスピレーター; 洗濯用の生理食塩水 – 自分で製作したもの、薬局で購入したもの。 コットンワンドまたはガーゼトルンドーキー; 針なしの2立方体の注射器; トコフェロールアセテートまたはシーソウソウ油の油溶液。 油性の溶液で湿らせた鼻ガーゼ・トルンドチャカミの定期的な清掃が助けにならず、粘液がより多く生成された場合 – 鼻を洗浄しなければならない。このために、赤ちゃんはバレルに置かれ、鼻は油溶液で潤滑され、クラストを軟化させます。それから彼らは慎重に取り除かれます。 次に、各鼻孔に子供に2リットルのすすぎ溶液を注入し、アスピレーターまたはゴム製の梨で吸引した水で排液する。処置後の粘液は油で潤滑される。 子供の鼻水を治療するよりも、ソリューションや化学者のアクアマリス、Akvaloromとそれに似ていますか?これらの高価な薬剤はすべて、通常の生理食塩水である。 1リットルの水に、1ティースプーンの塩を混ぜる。ホームソリューションはさらに優れており、あなたは確信が持てます。それには他の改良がありません。 このような組成物は、1時間に数滴ずつ赤ちゃんを落とし、次いで鼻で鼻を洗うことが可能である。この場合、洗浄は必要ではない。 ベイビーの鼻炎の徴候 乱用するには、鼻腔が保護されていないことを避けてください。そして、病原性の植物相が急速に導入されています。ママの貯蓄行為には時間がかからなくなってしまいます。幼児では、病気はほぼ即座に発達します。 最初に薄い粘液、次いで赤くなった分厚い粘液は、厚い白色になる。子供は気まぐれになり始め、彼の体温は上昇するかもしれません。それは、赤ちゃんの似たような鼻炎をどのように治療するかが、医師によって提案された方が良いでしょう。 あなたは病気を開始することはできません、感染がダウンする –…

  • 私はママです!

    なぜ新生児は不調症になるのですか?

    Dysbacteriosis – 健康な腸内微生物叢の違反。この症状の主な危険の1つは、それが特徴的な症状を示さないことであるため、時間内に問題を診断し、治療を開始する必要があります。 排除するか、まったく認めないことが特に重要です 認知症 新生児で。大多数の症例では、幼児の疾患は乳房への遅発性のために起こります。 母乳は、腸内細菌叢を構成する細菌のバランスを正常化します。私たちはそれが自然な治療法だと言うことができます。乳幼児への稀な付着のために、1年までの子供の違反が頻繁に発生することが証明されています。リスクグループには、人工授乳中の人が含まれます。 新生児にはどのようにdysbiosisが現れますか? 全ての赤ちゃんは滅菌した腸で生まれています。子宮では、胎児は母親から抗体を受け取り、免疫を形成する重要な遺伝情報も受け取る。腸内での出生直後に、有害で有益な細菌が住んでいました。これらとの最初の接触は、出産プロセス中に直ちに起こります。 母親の母親の誕生ラインを通って、子供は彼女から酸っぱい細菌を受け取ります。乳房への最初の適用も重要な要素であり、ほとんどの場合、新生児の異常症を避けることができます。 すでに生後2日目に、赤ちゃんは腸内に特定のビフィズフロラを持ち、病気にならないようにします。出産後7日目に、健康な子供の腸はビフィズス菌が99%占有しています。この場合、dysbacteriosisのリスクはほとんどゼロです。 病気の発症は、人工/混餌、不適切な食物の選択、栄養調合の変化に影響する。 これらの要因は、有用な乳酸菌およびビフィズス菌のレベルがそれぞれ有意に低下するので、有害微生物の数が増加するので、疾患を発症するリスクを有意に増加させる。この時点で、病原性微生物叢の数が増加するにつれて、病気が発症する。 新生児の不全を引き起こす可能性のあるもう1つの要因は、抗生物質の使用です。細菌のバランスの違反は、重度の、むしろ不快な症状を伴います。 大人であっても抗菌療法は強いストレスを引き起こし、幼児にとっては常に非常に危険です。抗生物質による治療は、常に腸の正常状態を回復させるための予防措置を伴うべきであり、さもなければ、形成されたフローラは完全に破壊され得る。 疾患の出現のリスクは、薬物作用のスペクトルの幅に依存する。さらに、抗生物質は、授乳中の母親が服用した場合に違反につながる可能性があります。その後、薬物は母乳に吸収され、子供の体に悪影響を及ぼします。 新生児のdysbiosisの症状 この疾患の臨床像は特異的ではない。この疾患の危険性は、この病気の症状的特徴がないという事実に現れる。 症状はしばしば間接的なので、必要な場合にdysbiosisの存在のための糞便サンプルを渡し、治療を開始するように、小さな子供の親は、疑わしいと危険信号に気配りする必要があります。 腸内細菌叢のバランスの違反を示すかもしれない主な症状: おなかの痛み。鼓腸、疝痛、圧迫、激しい痛みは消化の問題の徴候です。腫れと優しさが絶えず観察される場合、赤ちゃんが不安症を抱える確率は非常に高い。 便の違反。それは排便、下痢、便秘の困難に現れ、消化されていない食品の粒子が便に存在する可能性があります。 糞便の粘液の一貫性、彼らは不快ににおいがあり、非標準的な色を持っています。便はしばしば水っぽいか緑色になる。 摂食後の頻回の逆流。ときには嘔吐やガス発生の増加があります。 赤ちゃんの一般的な心理生理学的状態が変化する。通常、子供たちは落ち着きがなく、気分が悪くなり、睡眠が貧弱になります。病気の第2段階では、食欲が消える。この場合、クラムは食べ物を拒否し、しばしば泣くが、体重が減る。皮膚、爪、髪の状態を著しく悪化させる; 人工授乳用ミルクまたは混合物は、ひどく消化されません。この場合、消化された食物、粘液、時には血液の粒子が便中に見える。 子供の腸内細菌叢のバランスに非常によく、アトピー性皮膚炎(または素質)が現れます。かなりの頻度でこの病気が起こるのは、母乳育児の時期尚早の終了です。皮膚には、刺激、発疹、その他のアレルギー反応があります。子供が常習食に不適切に反応することが想定されています。 新生児のdysbiosisの診断 それはもう一度注意してくださいdysbiosis自体は病気ではありません。この状態は、子供の健康および赤ちゃんの正常な発育に非常に悪影響を与える、より多くの可能性のある合併症である。非特異的な症状は必ずしも腸内の問題を示しているとは限らず、場合によっては体内の全く異なる問題の兆候でもあります。 長期間症状が観察され、正常な摂食でも症状が消えない場合は、失明の分析に合格する必要があります。生化学的研究のみが幼児の違反を明らかにするであろう。なぜならその徴候は他の方法の診断に使用して検査室検査を省略するにはあまりにも特徴的ではないからである。 実験室の条件下で、幼児の糞便の組成を、病原性および有用な細菌叢の割合について調べる。 新生児におけるジビオシスの治療…

  • 私はママです!

    幼児の乳糖不足:症状と治療

    牛乳製品を摂取した後の胃の不快な感覚、またはシールを提供した後の鼓脹は、子供の体の乳糖不耐症を言うことができる。赤ちゃんが外界と知り合って、母乳だけを食べ始める頃に、同様の現象が観察されるのはどうでしょうか? ラクトースの欠乏とそれに対処する方法は何ですか、我々は今日の記事で検討します。 ラクトース欠乏とは何ですか? 乳糖不足は、乳製品の摂取に対する寛容ではなく、腸内で乳糖を消化するのに必要な酵素がないことから生じる。したがって、この病気に苦しんでいる人々は、身体に分割されていない牛乳由来の製品を使用することはできません。 大人の場合、この点は食事を調整するだけで十分に解決されますが、新生児の乳糖欠乏症はより深刻な問題です。 結局のところ、赤ちゃんの栄養の主成分は母乳であり、これは成長と発育のために赤ちゃんにとって重要な多くの有用な物質を含んでいます。 しかし、私の母親のミルクでは、ほとんどの乳児用調合乳製品には、腸の問題の原因となる乳糖が含まれています。 それが幼児の体内に根付くためには、ラクターゼと呼ばれる特殊な酵素が必要です。しかし、それが十分でない場合、乳糖の吸収が中断され、その内容物が体に耐え難いものとなります。 1歳未満の小児では、この問題はかなり一般的であり、いくつかの理由から生じる。 乳糖不耐症の原因: 早く出産する。これは、酵素が24週目から将来のクラムの体内で生産され始め、急速に成長するためです。未熟児の生物は、このプロセスを十分に開始する時間がありません。 遺伝的素因。両親からの継承を受け、残念ながら治癒を完了することはできません。 何らかの病気によるラクターゼ生産の違反。この場合、主な理由は主な理由を見つけることであり、問​​題は自動的に解決されます。 赤ちゃんの栄養補給方式の不均衡に起因する腸の異常症。これらの徴候は、子供の生涯の最初の数週間に見られ、特に注意を払う。 さらに、乳糖​​欠乏症は2つのレベルに分類される。 一次 – ラクトースの部分的な不耐性を話し、腸細胞の表面の保存を伴う。 二次 – 乳児における乳糖不足の特徴的な徴候は、必要な酵素を産生する細胞の表面の違反であり、この場合、乳糖に対する完全な不耐性がある。 乳糖不足の症状 乳糖不足の主な症状は次のようになります: 赤ちゃんには、粘液や消化されていない食物粒子を含む緩い便があります。それは1日に10回まで頻繁に行うことができ、逆に、それは不在であり、さらなる刺激を必要とする。 授乳中に赤ちゃんは落ち着きません。 赤ちゃんには膨満感があります。 パン粉はポンドを得ないか、一般に重量を失う。 子供は摂食時にアーチし、しばしば泣く。 頻繁に増加するガス生産。 診断を確定するために、通常、乳糖不足の便試験が処方されている。 1%以内の糖含量、高い酸度および脂肪酸の存在が明らかであれば、ラクトース不耐性の治療について検討する価値がある。 乳糖不足の治療…

  • 私はママです!

    気候変動はどのように子供に影響を与えますか?順化の症状と治療

    ほとんどすべての両親は、少なくとも1回は生涯、子どもの慣れのさまざまな症状に直面しています。ほとんどの場合、それは別の気候ゾーンのゾーンに移動することによって引き起こされますが、場合によっては、病気の原因が天気や食事の突然の変化である場合もあります。 ほとんどの場合、この病気の症状はすべて7-14日で消えますが、一部のお母さんやお父さんは赤ちゃんの健康を心配して行動を強いられます。 子供たちにはどのように順応が起こるのですか? 原則として、慣れの最初の症状は、移動後2日目に現れます。 特に3歳未満の子供、新しい条件に急激に反応する。それにもかかわらず、すべての子供が個性的であることを忘れないでください。異なる子供たちに起こった変化に対する反応は、時々刻々と現れます。 特に、新しい場所に到着して1週間後に子供が発熱や他の症状を訴えていることを知っている一部の両親は、赤ちゃんが風邪をひいていることを完全に自信しています。 実際、ほとんどすべての症例において、2週間以内に現れる一般的な倦怠感および他の寒さの症状は、順化の症状である。 通常、この状態は次の特性によって決まります。 悪心および嘔吐; 下痢のない連続。 咳および鼻水; 食欲の喪失または食欲の喪失; 珍しい嗜眠や眠気、逆に、非常に悪い邪魔な夢。 カリカチュア、過敏症; 過度の感情、涙。 さらに、多くのママとパパは、子どもが順化して発熱するかどうか疑問に思っています。実際、これは非常にまれであり、2歳未満の最年少の子供が暴露されることが他のものよりも多いことが多い。原則として、2日間から4日間続く、順化の急激な悪化の段階に伴い熱が発生します。 体温の上昇が長時間続くと、免疫が低下し、風邪や他の病気で病気になり、免疫力が低下し、気候が急激に変化しました。 子供の状態を和らげる方法 順化は自然界の生物学的過程であり、原則的には治療しないことが最善である。気候や気候の変化の背景や食生活への他の食物や水の導入を背景に、小さな生物の保護勢力はすべて小児で活性化されます。順応の好都合な流れで、子供の免疫はすぐにそれに対処し、子供は新しい生活条件に適応することができます。 それにもかかわらず、場合によっては、クラムの状態が非常に深刻であり、親が不快な症状を取り除くためにあらゆる努力をする。順化中の治療は、自らの生物の保護機能を維持するために最も控えめで、指揮されるべきである。 赤ちゃんが新しい状態に素早く適応できるように、次のガイドラインを使用してください: もう薬を一切与えないようにしてください。 38度に達したら温度を下げてください。体温が上がったり上がったりする場合は、医師に相談してください。病気の原因はまったく異なります。下痢の救済策は、小さな有機体が脱水に脅かされている最後の手段としてのみ使用されるべきです。治療はできるだけ穏やかでなければならないことを忘れないでください。 到着直後に、ストレスや不安を避けてください。赤ん坊が十分に飲み、静かに休ませてください。 あなたが行った場所で、晴れた天気が優先される場合は、必要な保護対策を講じてください。子供に直射日光を当てないでください。11〜16時間。パナマまたはライトキャップを必ず着用してください。日陰でも、適切な年齢の幼児に使用できる高い防護係数を持つ信頼性の高い日焼け止めを使用して繊細な赤ちゃんの皮膚に潤いを与えます。 食欲がない場合は、息子や娘に強制的に食べさせないでください。赤ちゃんがしばらく空腹になったら大丈夫です。新鮮な空気の中でもっと歩くと、数日後には彼は確かに食べ物に引き込まれるでしょう。また、子供が好む通常の食べ物を食べるのに余計なことはありません。 ご存知のように、どの病気も治療よりも予防​​が簡単です。もちろん、順化は通常誰にも避けられませんが、その発現を最小限に抑えることは可能です。これを行うには、来るべき気候変動の約1カ月前に、その年齢に適した特別なマルチビタミンと微量栄養素を子どもに与え始めます。 また、数日後、あなたの新しい場所にある日の体制にクラムを慣れさせてください。他の地域に旅行する場合は、タイムゾーンを変更することを検討してください。毎日の料金とさまざまな堅い手続き。 最後に、出発する約1週間前に、赤ん坊が他の子供に感染することができないように、子供のグループを訪問することを拒否します。…

  • 私はママです!

    新生児のための睾丸の水腫はどのくらい危険で、どのように治すことができますか?

    すべての若い親は、例外なく、狂ったように生まれたばかりの赤ちゃんの誕生を喜ぶが、無限の幸福感に間違いなく健康と発展のレベルの彼の状態についての一定の不安感を加えました。 少年の母親や父親は、しばしば、小さな息子がわずかに拡大した小さな陰嚢を有しており、また青っぽい色合いを有することに気付く。 ほとんどの場合、そのような症状は、新生児 – 水疱性睾丸の一般的な病気の徴候です。この記事では、この病気が何であるか、それがどれほど危険なのか、どのように取り除くのかについて説明します。 男の子の睾丸の滴り – それは何ですか? 新生児の水疱性睾丸は、非常に一般的な病理と呼ばれ、小さな睾丸の一方または両方の殻が液体で満たされている。 赤ちゃんが生まれるまで、彼の性器はおなかの中にあるように配置されていますが、新生児ではすでに陰嚢に発見されています。 ある場合には、1回または2回の腺が落ちるだけでなく、腹腔の一部、すなわち、赤ちゃんの腹の内側を覆う結合組織のフィルム含量に沿って運ぶ。 この理由から、この病気は、外陰部での陰嚢の増加を表している。また、ほとんどの場合、水疱のある少年が肉眼で鼠径部に腫れて観察されます。 この病理は新生児に特別な不快感を生じさせず、原理的には無害であるという事実にもかかわらず、そのような症状が認められれば小児外科医に連絡する方が良い。特に、あなたの生殖器に触れるときに赤ちゃんが泣いた場合にはすぐに行うべきです。これは、この問題が彼を傷つけることを意味します。 統計によると、10代の男の子ごとに、水腫は子宮内で発生し、場合によっては、将来の母親の超音波診断中に検出することができます。それにもかかわらず、この病気は性格を獲得する可能性があります。 新生児の睾丸の水疱の原因 この疾患の先天性形態は、母親の子宮内の男子で起こり、次の理由により最も頻繁に引き起こされます。 遺伝性因子; 将来の母親の慢性疾患; 乳児の未熟児; 中断の脅威と成功した妊娠; 腹腔内圧が上昇した。 乳児の子宮内感染; 出産の過程で受けた様々な怪我。 ほとんどの場合、購入したフォームは次の理由により発生します。 精巣捻転; 性器で起こる炎症過程; 先天性心血管機能不全; 精巣上体炎、または精巣上体の炎症; 睾丸またはその付属器の種々の腫瘍形成; リンパ系への損傷およびその機能の破壊; 機械的損傷および陰嚢損傷; 様々な腹壁欠損;…

Adblock
detector