なぜ妊娠は非常にめまいになるのですか? | pangudownloads.com
私はママです!

なぜ妊娠は非常にめまいになるのですか?

めまいと機能障害の調整は女性の間では一般的です。不快な状態は悪心、嘔吐、発汗の増加を伴う。

障害の主な原因は前庭装置の異常であるが、同時にめまいは約80の疾患の症状である可能性がある。妊娠初期に、そのような倦怠感は、それよりも頻繁に現れます。それは、妊娠のサインとも呼ばれます。

めまいの徴候と症状

なぜ妊娠は非常にめまいになるのですか?

体の弱さの感覚、物体の回転が始まり、脚が弱いと感じる - これらの症状は多くの女性にはよく知られています。体の動きのバランスと協調のために、中耳に位置する前庭装置の周辺部分が原因である。身体が炎症過程を有する場合、それは協調およびめまいの喪失によって現れる。

ヘッドため生理的要因(ストレス、疲労、グルコースレベルの変化)は、身体のシステムのいずれか、または罪悪感の故障回転させることができます。

しばしば重度のめまい、悪心および嘔吐を伴う。酸素の不十分な摂取の場合には、反射的欲求が脳によって送られる。これは、食物を消化するのに必要なエネルギーを節約しようとする体の保護反応です。

妊娠時に、周囲の被験者の不快な回転感を補うことができます:

  • 耳に鳴り響く。
  • 手のしびれ;
  • 冷たい汗;
  • 目の中の暗闇;
  • 突然の弱さ。

これらのすべての徴候は、失神のアプローチ、すなわち意識の一時的な喪失の状態を示す。このような状況は、邪魔な部屋や交通機関の中に存在を引き起こします。妊娠期間中、この問題は、身体の一般的な再構築と、心臓および血管への負荷とに関連する。

めまいの原因

倦怠感の最も一般的な原因のうち、

なぜ妊娠は非常にめまいになるのですか?
  1. 子宮頸部骨軟骨症 - 吐き気、頸部の痛み、頭を回したり持ち上げたりすると悪化する病気。
  2. 妊娠中のホルモンのバックグラウンドの再構築に伴う血圧の差。
  3. 内耳または中耳の炎症過程には、吐き気、嘔吐、および聴力障害が伴う。
  4. 考えられる原因は、頭部または脊柱の外傷である。
  5. 脳の腫瘍。
  6. 薬を服用することによる副作用。
  7. 貧血 - 栄養不足は吐き気、衰弱、眠気などの感覚を引き起こします。
  8. 妊娠中の大脳血管の拡張は圧迫を減らし、栄養と酸素は遅くなり、めまいや失神の原因となります。

妊娠の様々なトリメスターのめまいの原因

突然のめまいは、妊娠のすべての段階で発生する可能性がありますが、それは異なる理由があります。最初の妊娠では毒毒症があり、吐き気やめまいがあります。状態は、体内のホルモンおよび身体的変化の背景に対して観察される。女性に心臓の問題、低血圧または栄養血管性ジストニアがある場合、妊娠中のこれらの診断はめまいを引き起こす可能性があります。

第2妊娠では、倦怠感は子宮の大きさの増加と関連している。大型で重い臓器が血管を圧迫し、正常な血流を妨害する。この間、体位が急激に変化すると、めまいが強くなります。圧力障害だけが原因ではなく、攻撃は正常な血圧で起こる可能性があります。

めまいを引き起こすのは、ストレスによるアドレナリンの放出です。この状況では、細胞に酸素がなく、目の前の物体が動き始める。

なぜ妊娠は非常にめまいになるのですか?

前庭装置の問題は、乗り物または輸送中の海賊の攻撃に変わります。彼らは衰弱と吐き気を伴う。妊娠中にすることができます骨軟骨症嘔吐原因、脊髄動脈peredavlennaya流れる血液の量を減少させ、そしてそれ酸素と。

妊娠33週の重度のめまいは、ヘモグロビンや血糖値や毒性の欠如によって引き起こされる可能性があります。通常、この状態は女性と胎児の健康を脅かすことはありませんが、問題が解決しない場合は、医師にそのことを知らせるべきです。

正常なレベルの砂糖と鉄を維持するために、妊婦は時間通りに食べ、必要なミネラルとビタミンをすべて摂取しなければなりません。最後の妊娠時の倦怠感の発作を防ぐために、レモンバームや母親の追加でリラックスしたお風呂を温めるのに役立ちます。圧力を正常にするには、緑茶を飲むことをお勧めします。

めまいに対処する方法

周りの物体が突然回転し始める場合、まず座ったり横たわったりすることです。頭部を下げて、この位置で血液の流れを確保し、酸素でそれを確保する必要があります。

寒さに早く対処することは、額に冷たい圧縮を助けるでしょう。吐き気がある場合は、ミントでお茶を飲むべきです。外気温が正常な場合は、窓を開ける必要がある場合は、部屋に新鮮な空気の供給を確保することが重要です。妊娠中に頻繁にめまいが起きた場合は、常に座っておく必要がある輸送手段で、同伴者を同伴者にしておくべきではありません。

治療法:薬と民間療法

妊娠中の頻繁なめまいの原因を正確に判断するためには、診断が必要です。医師は検査を処方する:

  • 一般および生化学的血液検査;
  • 心電図;
  • 様々な臓器(心臓、甲状腺、脳)の超音波;
  • 専門家の相談:眼科医、神経病理学者、セラピスト。

めまいが吐き気や片頭痛を伴う場合は、急いで鎮痛剤を服用しないでください。妊娠中は、投薬は子供に害を及ぼすことがあり、医師のみが拾う。

なぜ妊娠は非常にめまいになるのですか?

倦怠感自体は治療を必要としません、それは出産後に通過します。研究によって病理が明らかになる場合には、適切な治療法が規定される。

伝統的な医学の勧告 - 鎮静特性を持つ植物からの茶の受容。これは、バレリアン、メリッサ、ミントの根です。ハーブは、いつでも醸造し、飲むことができます。オイルまたはミントパウダーは吐き気の感覚を完全に取り除き、吐き出す衝動があるときに嗅ぎつけられます。

問題の予防

妊娠中は、女性は自分の健康に2倍の注意を払うべきです。不愉快な状態を除外するために、彼女は単純な規則に従うべきです:

  • 職場や家庭で部屋を換気することがよくあります。
  • 夜の睡眠や長時間の休息の後には頑固に起きないでください。最初はゆっくりと座り、身体が慣れるまでこの位置で数秒を過ごしてから起きます。
  • グルコースのレベルを監視するために、断食を許さないようにする。食べ物はしばしば少量ずつ取るべきです。
  • 貧血を避け、この状態は頭を回転させるだけでなく、子供の健康に危険です。肝臓、牛肉、ザクロ、ビーツ - 医師によって処方さ鉄分のサプリメントを取るために、この要素が豊富な食品の食生活を多様化するために、ヘモグロビンレベルが必要な場合。
  • 直射日光の当たる場所では歩かないでください。
  • 予防訓練を実施する。
  • あなたは水のバランスを忘れることはできません、より多くの液体を飲む価値があります。

妊娠状態自体が重度のめまいを引き起こしますが、頻繁な衰弱や失神が医師を訪問する機会です。

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

43 − = 34