なぜ水不足ですか? | pangudownloads.com
私はママです!

なぜ水不足ですか?

栄養失調の診断は妊婦の20​​%です。この現象は、羊水の欠如で現れる。流れの複雑さに応じて、それは非常に危険なことができ、いくつかのケースで流産を脅しました。

なぜ水不足ですか?

外来水は、胎児の適切な発達にとって重要な成分である。それらには、必要な酸素、ビタミン、その他の有用物質、塩、ホルモンが含まれています。さらに、保護機能を果たし、母親の臓器の衝撃や圧迫から赤ちゃんを保護します。また、感染症や他の攻撃的な現象の浸透も防ぎます。

妊娠中の水不足の治療はその流れ、胎児の原因への影響の程度に依存します。診断は、子供を抱えるどの段階でも行うことができる。多くの場合、それは妊娠中期に診断されたが、第三に検出された例がありますされています。

最後の週の羊水の量が1〜1.5リットルの範囲で変動する場合、これはその数が不十分であることを示します。多くの場合、この時点で重大な問題に変わります。

羊水の欠如には2つのタイプがある

  • 中位。通常は栄養失調に起因するので、それを排除するために、女性は食事と食餌療法を調整する必要があります。医師は、栄養素とビタミンが多い食品をもっと食べることを勧めます。食生活を観察するときは、定期的に観察する婦人科医に確認する必要があります。
  • 表現される。それは胎児に危険をもたらす。治療は複雑な方法で行われ、薬物の使用が含まれます。女性は必然的に病院に保管されて保存されます。胎児の骨系の変形、四肢の発達と窒息の病理につながり、神経系や脳を破壊することがあるため、水の不足が顕著であるほど、子供のリスクは高くなります。

妊娠中の表現されたhypostasisよりも脅威ですか?

女性は通常、違反に気付かず、気分がよく、彼女の状態は正常から逸脱しない。この病理には重大な症状はなく、診断を非常に困難にすると言える。しかし、多くの場合、胎児の動きの中で痛みを経験するので、いくつかの点でこれは兆候の1つと呼ばれることがあります。

羊水の欠乏を検出することは、医師にとってのみ可能である。

観察される婦人科医は定期検査を行い、その結果に基づいてその存在を述べることができる

  • 成長の子宮の欠如;
  • 子宮内視鏡の不均一な上昇;
  • 腹部の寸法は、妊娠期間には不適切です。

医師は、ヒポコンドリアの脅威を十分に認識しています。胎児のリスクは大幅に上昇します。また、表現が強ければ強いほど、それは高くなります。

診断の正確さを確認するために、医師は女性を超音波に送り、医師の結論を確認または反論する。並行して、胎盤内の流体の量および障害の重篤度は、胎児に対するその効果と同様に確立される。

妊娠中のhypochlorismの原因

なぜ水不足ですか?
  • 高血圧。ベアリングの全期間にわたって、子供はジャンプを確かめるが、それは重要ではなく、規範の範囲内にある。しかし、変動が許容値を大幅に上回り、しばしば十分に観察される場合、羊水の欠乏につながる可能性がある。高血圧の発現は胎児の発育に影響を与え、その成長を遅らせ、妊娠の衰退を招くことさえある。しばしば、この特定の原因によって引き起こされる病理は約21週間で発見されるが、最初の妊娠期間を通してそれは珍しいことではない。
  • 胚の異常な発達もまた刺激的要因となり得る。それは、第2の計画された超音波の通過中に検出することができる。
  • 膜の分泌が低下し、それを覆う上皮の発達が悪い。
  • 複数の妊娠。原因は、胎盤の不均一な血流です。この場合、1匹の赤ちゃんは2番目の栄養素と他の要素を得る。これは、弱い子供の死につながる可能性があるので、これらの女性は病院の環境で観察されます。
  • 妊娠前と妊娠中の細菌感染。病原性微生物叢は、産道だけでなく、羊水中に落ちることもある。当初、彼女は自分自身を見せないが、ホルモンの影響を受けて21週目までには、通常、劇的に発達し始め、10週間の低血圧が顕著になる。
  • 過剰繁殖。女性では36週間後に確定する。この頃には、子供は完全に出産の準備ができており、いつでも出席することができます。場合によっては、女性は赤ちゃんを着用し、最大40週間かかります。胎盤の老化により水分量が約38分の1に減少します。それはすでにその機能を果たし、徐々に剥離する。この場合の医師は早産を引き起こすか、または帝王切開を行う。
  • 収入自体から栄養失調が発症する場合があります。このような状況下では、計画された超音波検査を12週間または22週間で行うことができます。将来の母親の代謝障害および肥満の背景に対してしばしば起こる。医師は、その重症度と子供への影響の程度を評価する。深刻な違反がなければ、胎児を救う機会があります。この状態の女性を治療することは、出生そのものまで病院で​​行われます。この場合の子供は、胎盤が期日前に剥がれ始めるので、最大37週で生まれます。しばしば、赤ちゃんは帝王切開によって生まれます。

診断

医師が原因を特定して、現象の重症度になる診断後の最初のステップ。

このための専門家は、さまざまな検査とテストを使用します

  • ドプラ法、超音波。それらは、胎児の卵の水分量を決定するのに役立ち、また、発達における子供の遅れを特定するのに役立ちます。さらに、これらの方法は、胎児の脳、臍帯および子宮の動脈における血流を評価するために使用される。
  • 血液と尿の一般的検査、性器領域の病気の存在のための汚れ。これらの方法は、赤ちゃんの感染の可能性を排除します。
  • KGTでは、子供の状態と福利を判断することができます。

妊娠中の軽度で重度の水分保持の治療法

重大度、原因および影響度に応じて、異なる方法が使用されます。例えば、羊水の欠乏が27週間で検出された場合、肥満は、胎盤の機能を改善する投薬を処方される。

31週目からは、胎盤の代謝を刺激する薬剤の摂取を含む包括的な治療が行われています。ビタミンを処方し、もちろん、原因を取り除くための救済策。

なぜ水不足ですか?

外来患者と入院患者の2つの治療法があります。最初のものは中程度の流れで使用され、2番目のものは表現されます。

最初のケースでは、妊娠中の女性は倹約療法を遵守し、運動活動を減少させ、過剰なストレスを掛けず、医師の処方薬を服用し、定期的な相談に出席するべきである。基本的に、この方法は第2妊娠で規定されています。

病院では、妊娠中の中等度の低血圧がある場合には、重度の経過を迎え、子宮の陰茎を伴います。通常、女性は後日、医療施設での治療が必要です。

母親と子供の状態を監視するには、週1回の超音波、ドプラー法、KGTを任命します。胎児の健康と生命を重大に脅かすリスクがある場合は、帝王切開を命じ、33週間から早産を引き起こす可能性があります。

早期に、特に第1妊娠では、この違反はしばしば流産を引き起こす。さらに、出産そのものに影響を与え、戦いや試練を弱める。そのような場合には、帝王切開が行われるか早産が生じる。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 2 = 3