なぜ黄色い体は妊娠中に重要なのですか? | pangudownloads.com
私はママです!

なぜ黄色い体は妊娠中に重要なのですか?

黄色い体は各排卵後に活性卵巣に形成される腺である。それは妊娠のための女性の体の準備を提供するホルモンを生成します、その主なものはプロゲステロンです。

黄色体の機能低下(活動低下)が発現する場合、これは自動的に妊娠の自発的終了またはその発症の不可能を意味する。

妊娠中に黄色い体がどのように発達しますか?

この問題の処方は完全には完了していない。なぜなら、成熟した卵胞の代わりに各排卵の後に新しい卵巣が黄色い体内に形成されるからである。黄色い体の元の組織は、成熟した卵が出る卵胞殻から形成される。

実際には、殻は二重の機能を持っています – まず、成熟した卵を保護し、体に妊娠の準備の必要性についてのシグナルを与える腺を形成します。

黄色の体がさらに必要かどうかは、卵が胚になったかどうかによって決まります。

なぜ黄色い体は妊娠中に重要なのですか?
  • これが起こらなければ、鉄はプロゲステロンを産生し続けますが、月経周期の終わりの2〜3日前に、その活動は徐々に止まります。ホルモンの背景が不況に入り、月経が始まります。腺組織は細胞レベルで変化し、結合組織になる。この時間までに卵巣で新しい卵が通常熟し始め、古い黄色の体は最初に白くなり、瘢痕化して消えます。機能低下が存在する場合、それは知覚できないが、超音波によって検出することができる。
  • 卵子が受精した場合、黄色の体はプロゲステロンを放出し続ける。さらにオキシトシン、リラキシン、アンドロゲン、エストロゲンおよびインヒビンを生成 – 彼らは「妊娠の状態」と体を「翻訳」 – 新しい卵が成熟していない、毎月起動しない、子宮表面が緩いと、自分自身に形成された接合体に固定することが可能となります。この瞬間に早い時期に機能低下が始まると、胚は足場を得ることができず、さらに発達し始める。

1週間に超音波は何を表示しますか?

医師は早期に超音波検査を行った後、黄色い体が正常に発達していること、減少または増加していること、およびその欠如を記録することができる。このニュースが良いかどうかは、妊娠が計画されているかどうかによって決まります。

たとえ黄色い体が平均サイズから大きくずれていても、それはまだ正常であり、機能低下が始まったとは言えないことを覚えておく必要があります。

卵胞からの卵胞の放出直後(月経後2週目)に、黄色の体は12~22mmの範囲の寸法を有する。受精は3-5日後に起こる可能性があり、これは卵の最大可能生存率である。

この期間中、黄色の体は24〜30mmに増加し、できるだけアクティブになります:

  • 黄体のプロゲステロン生産が停止して低下し始め、卵が死亡した場合 – 寸法7-17 mmまで減少し、組織の再構築を開始しています。月経1〜3回で体が白くなって消えます。
  • 受精が起こった場合、黄色の体はその最大寸法を保持し、超音波ではっきりと見ることができる。妊娠初期(12週目まで)に機能し、胎盤が子宮内で形成され、プロゲステロン自体を産生しなくなるまで機能します。その後、黄色い体が自然に消える。

31mm以上の腺の大きさは、その中に液体が蓄積していること、または嚢胞が形成されていることを示しています。大多数の場合、これは健康上の脅威にはならないが、継続的な監視が推奨される。

危険な機能低下とは何か

小さな黄色の体は、体にプロゲステロンが供給されていないことを示しています。つまり、胎児を運ぶために再構成することはできません。これは、身体の重大な中断であり、緊急の医療介入を必要とする。

機能低下の月経は、子宮の収縮と胎児の血流の洗浄を刺激卵子を受精しても、次の始まりです。

なぜ黄色い体は妊娠中に重要なのですか?

たとえ妊娠が起こらなくても、機能低下は月経周期の規則性に悪影響を及ぼし、内分泌系および免疫系の障害を引き起こす可能性がある。

妊娠が始まったとしても、機能低下は、プロゲステロンのその後の生産に影響を与えると大幅にさえ、妊娠の第二トリメスターで流産の可能性を高めるだろう胎盤の異常形成を引き起こす可能性があります。


機能低下は、女性の不妊の原因の一つである黄色体の不完全な生活期の結果であり得る。そのような場合、腺の発生は7〜10日以内に起こり、その後それが死ぬ。プロゲステロンによる身体の飽和は起こらず、列挙されたすべての偏差が現れ始める。

機能低下と黄色体の嚢胞はどのように治療されますか?

民間療法や公的な薬の使用(そして外科的介入の可能性)のより良い紛争は、ここでは完全に不適切です。腺の機能低下は、ホルモンによる身体の飽和が不十分であることを意味します。妊娠を今保存する必要がある場合は、プロゲステロンを含む製剤の使用のみが役立ちます。

民間療法では、通常の妊娠で起こるように、そのようなブイヨンやその他の手段はなく、その内容を100倍に増加させます。機能低下の疑いがある場合はそのため、:不規則な月経周期は、以前に妊娠初期やホルモン障害で流産していた、それは、遅滞なく、婦人科医を訪問する必要があります。

超音波検査および他の検査の結果に基づいて、医師は正しい投与量で必要な準備を処方するか、または別の治療が必要であると結論づける。機能低下は時間のかかる検出によってのみ危険であることを覚えておく必要があります。時間が経つと非常に簡単に検出されます。

シストは、機能低下とは異なり、拡大した腺である。この診断は絶対に危険ではありません。大部分のケースでは、これは初期の段階だけでなく、妊娠の終わりまで維持される良性の形成です。

卵巣に緊急手術を必要とする嚢胞の破裂の可能性がない限り、危険を表す可能性があります。このような結果の可能性は、超音波診断の結果に基づいて医師によって考慮される。

機能低下の予防

統計によると、機能不全は、妊娠失敗後にのみ検出されることが多い。計画された包括的な検査を行う子供を慎重に慎重に計画している人は非常に少ない。ホルモンの背景に明らかな違反がある場合、この欠陥が明らかになり、治療が処方されます。

最高の予防は健康的な生活習慣と定期的な検査であり、6か月ごとまたは1年ごとに各女性が見つかるはずです。

これは、体調を維持し、不規則な月経周期やその他の不安症状として現れていない異常を検出します。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

42 + = 48