アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか? | pangudownloads.com
私はママです!

アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか?

アカゲザル因子は、赤血球の表面を占める抗原(タンパク質)である。このタンパク質の存在または非存在に応じて、それは陽性(世界の住民の80%)または陰性であり得る。

アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか?

場合によっては、輸血が必要です。ときどき患者の生活はそれに依存します。ドナーはのRhプラス(RH)、および患者の場合 – 負、輸血は、そうでない場合は治療が致命的に解決することができ、実行することはできません。

この点に関して、あなたはこのインジケータがあなたにとって何であるかを知る必要があります。健康な子供を妊娠させ出産するためにも、女性はそれを必要とします。ヒトの静脈血の研究を可能にするアカゲザル因子を決定する。

医師は、負のRh因子は人にとって危険ではないと言いますが、母親になりたい女性にとっては問題になる可能性があります。

アカゲザルによる男性と女性の相性

男性と女性の異なるRh因子は、しばしば出生への道に障害となります。この現象をRh衝突といいます。妊娠不可能というわけではありません。しかし、両方の潜在的な親が彼らの健康で大丈夫であっても、彼女の攻撃は時には長い時間を待たなければならない。練習では、カップルの待望の子供たちが最も頻繁に生まれていることが示されています。

この問題は、女性が負のRHを有し、男性が陽性である場合にのみ生じ得ることを覚えておくことは重要である。逆の状況では、概念に障害があってはならない。

最初のケースでは、女性が最初の妊娠を取り除くことはできません。さもなければ問題が後で起こるかもしれません。

母と子の両立性

将来の両親のRh因子に応じて、妊娠の発症にはいくつかのシナリオがあります:

アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか?
  • ママとパパは負のRHを持っています。この場合、養育の困難は通常は見られません。なぜなら、不適合性がないからです。
  • 両方の両親が前の場合のように陽性Rh因子を有する場合、妊娠は正常である。
  • 有利なのは、Rh因子が母親によって遺伝され、陰性であり、父親が陽性である場合である。母親の体は果物を引き裂こうとしません。

最も困難なケースは、母親RHが陰性であり、子供が父親の陽性を継承している状況です。同時に母親の生物は、赤ちゃんを外国人として認識し、それを引き裂こうとします。妊娠の崩壊や合併症を避けるためには、常に医師の監督下にいなければなりません。

Rh因子が母親と妊娠中の陽性女性で陰性である場合、女性は定期的に分析のために血液を与えて抗体の存在を検出する。これは毎月32週間まで、毎週32週間から行われます。妊娠期間に関係なく見出された抗体は、入院の根拠であり、力価

成長の場合、羊水穿刺が行われる。この手順は、血液中のビリルビンのレベルを検出するために羊水を研究するために、胎児の膀胱を穿刺することにある。それが高すぎる場合、特別な手順が割り当てられます。血漿女性は、さらに逆輸血を受けて掃除することができます。このプロセスは、血漿交換と呼ばれています。

アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか?

場合によっては、陰性RHの血液の臍帯を介してインプットが導入され、以前は子供の筋肉をリラックスさせるのに役立つ物質を導入しています。この手順を2週間後に繰り返す。したがって、赤ちゃんの血液は一時的にドナーの血液に置き換えられます。

子供の正と負のママの状況でのRh因子でいる場合、この手順は、所望の効果を達成することはありません、しばしば早産に頼ります。

この点に関して、医師は、母親が少なくとも34週間(赤ちゃんの肺が既に形成されている時期)まで子どもを救うのを手伝っています。第2の影響力はより効果的ですが、すべての診療所で実施されるわけではありません。

予防

残念なことに、母親と子供のアカゲザル闘争が、胎児の重大な先天性疾患を引き起こしたり、死に至ることがあるケースがよくあります。しかし、負のRHの女性を絶望させることは必要ではない。なぜなら、今日の医学は遠く離れており、将来の両親の注意を喚起するための予防措置の変種を提供しているからだ。

未来の両親は、妊娠を計画する前にRh因子を事前に知っていなければなりません。このアプローチは、すぐに医師の注意を妊娠の特異性に呼ぶでしょう。ところで、母親と赤ちゃんの両立しないことは血液型と関連する可能性がありますが、この現象はそれほど危険ではなく、重大な合併症を引き起こすことはありません。

アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか?

反復妊娠 – 免疫グロブリンの導入による妊娠の繰り返しにより、Rh葛藤の発現リスクが有意に低下する可能性がある。これは、中断された最初の子供または妊娠の誕生後最初の3日間以内に行われます。この薬は、女性の血の中にある積極的な体に破壊的です。

抗体の開発が徐々に発生し、その最初の妊娠は赤ちゃんが何を脅かすませんが、合併症なしに行われますが、それは優れている妊婦場合は、医師の監督下にあるすべての回で確保しようとする可能性があります。

反復妊娠中の葛藤の危険性は、それらの間の休憩が少なくとも5年である場合、有意に減少する。

継承

アカゲザルの要因:なぜそれを決定する必要があるのですか、どのように妊娠に影響を与えますか?

人々はしばしば、Rh因子がより良く、より安全であることに肯定的または否定的に関心を持っている。 RHが負の人はより健康であるとの意見があります。医師は、それが血液のちょうど特徴だと主張し、それが良いか悪いことができない、それは特定の目の色、右または左の足よりも良いか、悪いことはできません。

人の中のどのRHにかかわらず、それは継承され、それを選択する必要はありません。両方の両親が同じ子を持つ場合、その子は同じになります。これは将来の赤ちゃんのベアリングと健康のための好都合な選択肢です。

Rh紛争の両親の場合、子供は因子のいずれかを継承することができる(確率は約50%×50%である)。母親の妊娠中でも可能なことを学ぶ。

人間の血液は人体内で最も重要な結合組織です。したがって、輸血が必要な場合は、医師がこれらの特徴を見つけるのに時間を費やすことなく、可能な限り短時間で手助けできるように、グループとRh因子を知ることが重要です。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 2 = 4