私はママです!

出産前の妊婦の食べ物は何ですか?

この状況の多くの女性は、「2人で食べれば」、これは母親と赤ちゃんの両方の健康に有益な効果しか持たないと考えています。その理由は、子供が容易に栄養状態に飢えているという恐れがあるからです。しかし、そのような推論は大きな誤りです。

妊娠している女性と育っていない子供のエネルギーコストの差はわずか数百カロリーです。

出産前の妊婦の食べ物は何ですか?

余分な体重に悪影響、配達に影響を与える物理的、心理的な用語の後工程と回復を複雑にすることができますので、赤ちゃんの出現前の最後の数ヶ月は、すべて簡単で供給されなければなりません。将来の母親は、生まれてからは厳しい食生活を続けなければならず、できるだけ多くの食べ物を食べることを恐れています。しかし、そのような行動は根本的に間違っています。出生前の栄養は正しいとバランスが取れていなければならず、女性は安全に、そして難なく健康な赤ちゃんを産むでしょう。

断食は選択肢ではありません

逆に、母親の中には、赤ちゃんの体重と体重が心配されている人もいます。将来の母親の健康は子宮の赤ちゃんの健康と正常な発育に直接影響するため、これも間違っています。

はい、ここ数ヶ月は、身体の活動に一定の製品をお控えください他の問題の解決を目的とした、と彼はむしろ、常に食品の大部分を消化するよりも、費やしたエネルギーを回収、配達時に伴う応力、血液の損失に対処することができたました。しかし、これはあなたが座って飢え、食べ物を拒否しなければならないという意味ではありません。

出産前の妊婦の食べ物は何ですか?

子供は将来の母親から必要な栄養素、ビタミン、ミネラルをすべて受け取るべきです。

妊娠開始以来、あなたの冷蔵庫の内容を修正することが望ましいです。防腐剤、色素、甘い発泡性飲料は子供の病気や素質の発達を誘発するので、消費しないでください。

蜂蜜やミルクチョコレートには注意が必要です。

この期間は別々の食べ物を試してみると良いでしょう。すなわち、動物と野菜の製品を別々に食べる必要があります。

出産前に妊婦を食べる:基本ルール、食事

ダイエットでは、身体的、心理的な準備よりも大きな役割を果たすので、あなたは自分のゴールデン・ミディアムを見つける必要があります。

赤ちゃんを待っている間、食べ物は便利で、簡単で簡単です。

  1. 揚げ物の除外 メニューから赤ちゃんの誕生の少なくとも一ヶ月前にすべての揚げ脂肪を除外する必要があります。ソーセージや臓物を食べないでください、彼らは体のために重いです。ソーセージを野菜と交換する方が良いです。
  2. 食事に植物油を含める. オイルは組織を弾力的にし、特にビタミンEを多く含んでいます。消化しやすく、有用な脂肪の脂肪を含んでいます。ない配信、および組織および血管後の痔のためには、毎日がオリーブオイルやオイルのわずか2杯を飲んでサラダの部分を食べることができ、弾性残ります。適切なニンジンジュースは、新鮮なだけで、油の数滴が追加されています。
  3. 分数パワー. 頻繁に食べるが、1日に5〜6回、小分けで食べる。
  4. 大げさにしないでください. 胃や腸に過負荷をかけないでください。そうしないと、食べ物の消化過程が長くなり、重篤さや不快感に悩まされます。夜も、食べないように、そして眠りは静かになるでしょう。
出産前の妊婦の食べ物は何ですか?

昼食前に高カロリー食品、すなわち魚、肉、パスタ、甘いものを食べる必要があることを知っておくことが重要です。夕食後、逆に、肺:サラダ、果物、野菜、穀物。コテージチーズは朝によく吸収されるので、ハチミツと緑茶を加えて朝食を取るのが理想的です。

36週の時間で、子宮内の赤ちゃんはすでに十分に成長しており、より強く、より速く体重を増やすようになります。


新生児に出生時に非常に大きなではなかった、とプロセス自体は複雑ではなく、体重の多くは、赤ちゃんの健康状態に悪い影響はありませんが、迅速かつ容易に消化軽量の食事に切り替える必要があります。つまり、出産直前の栄養メニューは必ず簡単にする必要があります。

チーズ、焼き、煮込んだどんな形であれ、野菜をもっと食べる必要があります。野菜スープは一番良い一品です。チキンに適した耳、低脂肪ブロス、子牛。魚の煮込み、煮込み、妊娠中は簡単に置き換えられない。焼きたてのリンゴ、カボチャ、ビートは、腸の機能に好影響を与え、この間に起こる可能性のある便秘を和らげます。お菓子やマフィンの代わりに、ドライフルーツ、赤身クリームのフルーツサラダを食べる方がいいです。夕食にはヨーグルトを飲むのが良いです。

女性が与えられた期間にどのように食事をしたかは、どのような過程があるか、それがどのように成功するか、どのように素早く簡単になるかによって決まります。

出産前の妊婦の食べ物は何ですか?

そうであるためには、実際には、生活の中で重要な出来事が始まる前の少なくとも1ヶ月間、簡単な食事に座ることは価値があります。この場合、食事はシンプルで健康的でバランスのとれた食事で、多くのビタミンや有用な要素を含んでいます。

このような食事のおかげで、お母さんだけでなく、赤ちゃんも感じるだけでなく、子宮に滞在した最後の1ヶ月が重要なので、この時点で彼の完全な発達は修正されています。

妊娠中の女性のための食事療法

  • 出産の1ヶ月前。 誕生の1ヶ月前に、あなたは簡単かつ迅速に吸収された食べ物を食べる必要があります。ダイエットの肉、卵、牛乳、バター、魚、すなわち動物性タンパク質を取り除く必要があります。ケフィア、発酵焼き牛乳、サワークリーム、ヨーグルト、シリアル、水で調理し、植物食品、野菜、オーブンで焼いた、絞りたてのジュース、ミネラルウォーター:乳製品をお勧めしておきます。すべてのハーブが妊娠中に消費されるわけではないので、ハーブのお茶は医師との相談の後に飲酒することができます。赤ちゃんと母親の骨の頭蓋骨がさらに強くなり、それが出産のプロセスが複雑になりますので、カルシウムが豊富な食品の消費量を低減することが望ましいです。
  • 2週間。 待望のイベントの数週間前に、穀物やベーカリー製品を除外し、野菜や乳製品を残すべきです。彼らは腸に負担をかけることはなく、食べ物は消化されてより早く吸収されます。
  • 一週間 ダイエットには野菜や果物だけの植物食品があり、サワークリーム製品は除外されています。

誕生が始まったばかりのとき、軽いものを食べ、ガスなしでミネラルウォーターのガラスを飲むことができます。しかし、強力な戦いでは、特に子宮がすばやく開くと、吐き気や嘔吐が起こる可能性があるため、食べることを控える方がよいでしょう。

出産前の妊婦の食べ物は何ですか?

出産後、消費する製品を慎重に選択する必要があります。子供の腸はまだ最終的に形成されていません、有益な細菌が住んでいません。

彼に有害な製品はアレルギーを引き起こし、授乳中に子供は毒素を服用します。子供の誕生後、再び牛乳、チーズ、コテージチーズ、ケフィアなどのカルシウムが豊富な食品を消費し始める必要があります。

すべてを連続して使用すると、余分な体重を得ることができます。体重を必要とすることはありません。出生後や出産後にうつ病につながるだけです。したがって、赤ちゃんを待つ間に適切に食べることが重要です。

このような簡単な食事のおかげで、未来の母親は、フルで、元気で満足して、いつも良い気分になり、将来の出産のために彼女の体を準備します。

皮膚は弾力性になり、赤ちゃんの誕生中に強い涙と痛みを排除します。

栄養は、胎児の正常な発達と未来の母親の幸福に大きな役割を果たすことを忘れてはならない。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

76 + = 83