妊娠中に体重を減らす方法:将来の母親のためのアドバイス | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中に体重を減らす方法:将来の母親のためのアドバイス

多くの人は、子供を抱く時間が外観や体重減少の実験に最適な時期ではないと言います。 「面白い状況」のように、女性は美味しく、満足して、多くを食べるべきです。しかし、そのような陳述は真実からは遠いです。

妊娠中に体重を減らす方法:将来の母親のためのアドバイス

また、彼らのパン粉の正常な妊娠のために、若い母親は慎重に体重を監視し、おそらくそれを減らす必要があります。

このような困難な状況では、妊娠中に体重を減らす方法の問題は非常に深刻です。そして、出産後によく見え、ベアリングクラムの期間中にすばらしく感じたい美人たちは、あなたのメニューを監視する必要があります。

したがって、妊娠中に体重を減らすことに決めた女性は、この期間中に栄養のニュアンスをすべて理解して、赤ちゃんと自分の健康に害を与えないようにする必要があります。

妊娠の1ヶ月に体重を減らすには?

最初の妊娠では、妊娠中の女性は、強い毒性とホルモンの背景の変化によって引き起こされる一般的な衰弱が食欲に寄与しないので、ほとんど回復しません。この期間では、1〜1.5kgの増加が正常とみなされます。もちろん、妊娠の最初の三ヶ月から、何かを噛んでみたいという幸せな婦人がいます。このような美しさは非常に速やかに余分なキログラムに見え、生命を複雑にするだけでなく、出産の過程に悪影響を及ぼすことがあります。

ベアリングクラムの最初の段階では、適切な栄養に切り替えることが重要です。体重を抑えるだけでなく、胎児の調和のとれた発展にも貢献します。

ダイエットから、ファーストフード、脂肪すぎ、フライドフード、ベーキングを除去する必要があります。急性でスパイシーな食べ物は、肝臓や腎臓、これらの器官や多くの仕事を拒否しないでください。日替わりのメニューには、野菜油を加えた緑色の野菜を加えたサラダがあります。この期間は魚を食べるのに非常に便利です。

脂肪サワークリーム、バター、クリームを避け、コテージチーズに脂肪分を最小限に抑えます。

野菜や果物を消費し、小麦粉ではなく、粗粉であるパンを忘れないでください。そのような製品では、繊維およびビタミンが存在する。

妊娠中の塩は、より注意する必要があります。この白色の添加物は、体内の水分を遅らせ、浮腫や炎症過程を伴います。

飲み物から未来のお母さんには、アルコールやコーヒー、女性にも強い紅茶は何を拒否する必要があります。非常に頻繁にベアリングのクラムの期間中、女性は鉄の欠乏にこのような問題を避けるために苦しんで、そばやナッツを食べ物に含める。後者を過度にしないでください、彼らはカロリーです。

このような単純なルールを守れば、余分な体重を増やすことはできません。主治医からの禁忌のない女性で、体操をするべきです。練習は滑らかで外傷的でなければなりません。この震えの中で飛び降りることは避けてください。

妊娠第2期の体重を減らす方法は?

妊娠中に体重を減らす方法:将来の母親のためのアドバイス

第2妊娠から、女性は週に約300グラムの体重増加を開始します。より積極的なkgの増加が目覚ましとなり、女性が食事を修正すべきであることが示されます。

原則として、第2期の女性のメニューの変更は重要ではありません。将来のミイラは炭水化物の使用を最小限に抑えるべきです。複雑な炭水化物については、穀物や食べ物については言及していませんが、簡単なことについて:お菓子やケーキなど

コレステロールがたくさん含まれている食べ物も食べないでください。このような食品には、卵、ソーセージ、脂肪、チーズなどから卵黄を運ぶことが可能です

2回目の妊娠では、メニューからすべての種類のピクルスを完全に除外し、白い調味料の添加を最小限に抑え、消費される脂肪の量を制限する必要があります。

果物や野菜があります。しかし、果実が強いアレルゲンではないことを確認してください。例えば、イチゴの過度の使用は、多くの不快な結果を引き起こす可能性があります。

ダイエットには乳製品、コテージチーズ、ヨーグルトがたくさんあるはずです。これらのすべての製品は今では必要なカルシウムで身体に栄養を与え、そのような珍味の脂肪層は成長しません。

あなたの医者が与える場合 "良い", あなたは7日間で休みを取ることができます。妊娠中は、リンゴやケフィアを練習することができます。第1の変形例では、1日当たり1kg以下の緑色リンゴを食べることが許される。あなたがケフィアに座ることに決めたら、それを1.5リットル飲むか、1リットルのコテージチーズ1リットルと交換してください。

欲望があり、禁忌がなければ、スポーツを続ける。実際、この時点では、トレーニングの強度を低下させ、突然の動きを減らすべきではありません。すべてスムーズに、慎重に。

妊娠第3期の体重を減らす方法は?

妊娠の第3期およびパン粉を運ぶ最後の週には、食事の推奨事項が最も厳しいです。そのような制限は、あなたに余分なポンドを与え、毒性を発揮させることはできません - 後期には非常に一般的な現象です。

浮腫を避けるために、この期間に体重増加の結果として、液体の摂取量を1リットルに減らすことが推奨されます。そして、医者は、飲み物だけでなく、スープに含まれる水や水も、果物に含まれていると考えることを勧めます。

代謝プロセスを強化し、浮腫を予防するには、可能な限り制限し、理想的には完全に食塩から塩を排除する必要があります。

メニューから、肉や魚の肉汁で調理された最初の料理、肉の肉汁を除外する必要があります。野菜スープを好みにし、肉と魚を調理し、カップルのために調理し、焼く。

脂肪、豚肉、その他の動物性脂肪は消費してはいけません。許容されるのは少しバターだけです。必要に応じて、植物油を調理する。それは多くのビタミンと栄養素を含み、体に有益です。

あなたの医者が気にしない場合は、1日に1〜2回、服用日数を疲れさせてください。彼らは安心感を得るのに役立ちます。

あなたが妊娠の最後の週に少なくとも2キロ以上の体重を減らす方法を知りたい場合は、以下のヒントを参考にしてください:

妊娠中に体重を減らす方法:将来の母親のためのアドバイス
  • 蜂蜜、砂糖、ジャムなどの食事から除外するか、または速い炭水化物の使用を最小限に抑える。
  • 小麦粉とベーカリー製品をあきらめる。
  • メニューから脂っこい食べ物を完全に取り除く。

そのようなアドバイスに続いて、あなたは少し体重を減らすだけでなく、配信のプロセスを容易にします。

今日、妊娠中に体重を減らし、各妊娠期にどのように食べるのかについて話し合ったので、赤ちゃんは正常に発育し、余分なポンドは固執しません。

たぶん一部の人々はアドバイスが効果がないと感じるかもしれませんが、子供を産んでいる間に硬い食事に座らせることはもちろん、体に実験をすることは厳しく禁じられています。

食生活の変化については、医師に相談してください。将来の赤ちゃんの健康とあなた自身の世話をしてください。幸運と簡単な配達!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 79 = 84