妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は? | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は?

婦人科医への定期的な訪問の前に、必要に応じて、より頻繁に尿を分析に渡すことが必要です。医師は、タンパク質、白血球、赤血球、およびリン酸塩を含む塩などの指標に興味があります。

妊娠中の尿中のリン酸塩の出現原因

妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は?

直ちに、結果の独立した解釈が、妊娠期間中に完全に役に立たない不必要な緊張を招く可能性があるので、医師だけが分析の結果を評価できることを想起する価値がある。また、あなた自身も治療法を自分で処方すると、自分自身だけでなく将来の赤ちゃんにも回復不能な害を引き起こす可能性があります。

妊娠中の尿中のリン酸塩は常に見つかるため、その外観は心配の原因ではありません。


別の問題はその番号です。医学におけるこれらの塩のレベルの増加は、ホスファチユリウム(phosphaturium)と呼ばれる。医師は、増加の原因を間違いなく決定しなければなりません。

一部の人々は、その濃度の増加も、肉眼で目立つ、尿の混濁を示したが、原因はその泌尿器系だけでなく、不純物の尿中に入る、彼女の他の塩との分離の感染症の様々な隠れている可能性として、それは、真実ではないと信じています。

尿の複雑な実験室検査のみがこの生物学的液体のすべてのパラメータを評価することができ、違反、例えば燐尿症も検出することができる。

後者は、それが注目に値する、プライマリとセカンダリの両方になることができます。

妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は?
  1. 障害の主要な形態は、先天性代謝病理によって引き起こされる。それは、尿石症を発症するリスクが高いため、女性に危険をもたらす。この状態は、治療よりむしろ矯正であり、素因を排除することはできないためです。特別な食事といくつかの薬を選択する必要があります。上記の補正方法は厳密に個々の順序で選択されます。
  2. 二次的な形態は、飲酒の規範の低下、尿生殖器系の特定の病気の存在と、食事の違反の背景に対して発症する。

妊娠中に尿中に見られるアモルファスリン酸塩

女性自身は、自分の気持ちの違反を決めることはまずありません。いくつかの症例では、障害は腎疝痛の発作として現れることがあり、これは既存の石の変位に起因する尿の正常な流出の違反を引き起こすが、これは無視された場合のみである。

したがって、尿の変化は発症病理を示す可能性があるため、医師への予定された訪問はすべて、詳細な(完全な)臨床分析を行わなければならない。そうする際には、コレクションのルールに厳密に従わなければなりません。

妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は?

まず、皿はきれいでよく洗って乾燥させ、分析の誤った結果を避けるべきです。

第二に、手順の前にあなた自身を洗う必要があります。

本研究を行うだけで、臨床検査室である - 定性的な反応がはるかに塩が尿中に存在しているかを評価するために、通常、および定量的な反応よりも高い彼らの増加のレベルを証明する、があります。通常、その数を決定する上で、妊娠中のより高精度が必要とされていません。

アンフォラリン酸は、多くの場合、妊娠中の尿中に発見されました。これは当たり前ではなく、過剰な量の原因は女性の身体からのカルシウムのほとんどは、それぞれ、自分になってきてずっとmenshe.Priこのカルシウム血清の母親は非常に多く、それはちょうど別の方法で吸収胎児の骨格の形成に入るということです、部分は、その塩の形成をもたらす酸アルカリ尿を変更することにより、排出されます。

妊娠中の女性に尿中のリン酸塩が見つかった場合はどうすればいいですか?

まず第一に、この指標が臨床試験で見つかった場合、慌ててはいけません。医師のすべての勧告に厳密に従うことが必要です。まず、尿を採取するための規則に従って、別の研究所で分析をやり直すことをお勧めします。

妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は?

医者は、女性が飲む日の体重を調べるべきです。水がない場合
規範における塩の不均衡レベルは、他の人と同様に最小限に抑えるべきである。そして、十分な体液がない場合、それらは病原的に増加するでしょう。体内に水分が欠乏している場合、1日当たり少なくとも1.5リットルの水を飲むように、禁忌がなければ飲酒規制を変更することが推奨されます。食事療法も示されているが、飲酒療法の補正のように効果がないと、リン酸血症の原因を確立するために代謝研究が行われる。

腎臓の尿石の燐酸塩と同時に検出された場合、妊娠中の婦人科医と泌尿器科医による同時観察が必要です。尿中排泄系の器官の徹底的な診断を行い、その後、病気の検出の観点から明らかにされた病状の治療に進む必要がある。

妊娠中に尿中のリン酸塩が検出されたら、どのような食事療法が推奨されますか

原則として、この場合の投薬はめったに必要ありません。圧倒的多数の場合、状況は控えめな方法を用いて改善することができる。まず、消費された液体の量を元に戻してから、食事を変更します。

少なくとも特定の時間は女性のメニューから、塩辛い、スパイシーな、スパイシーを排除する必要があります。 1日あたりの塩の基準は8グラムに減ります。さらに、禁止には、主に卵、牛乳、酸っぱい牛乳、ココアなど、多くのカルシウムを含む製品が含まれています。野菜や緑色の野菜(レタス、タマネギ、パセリ、セロリなど)だけでなく、ジャガイモやフルーツジュースも含まれていません。

毎日の食事では、妊婦の尿が酸性化される食事を入れる必要があります。

これらには、次の製品が含まれます。

妊娠中に尿中のリン酸塩を取り除く方法は?
  1. 酸っぱい果物 - クランベリー、カラント、クランベリー;
  2. バーチジュース(1日3本以上);
  3. 乾燥した果実、例えば、乾燥したリンゴ、乾燥したアプリコット、レーズン;
  4. 魚と肉の料理;
  5. パン、穀類、粉製品を切る。
  6. バター;
  7. カボチャ、アスパラガス、ブリュッセルの芽。

すなわち、リン酸塩の形成を防止するとともに、再発防止策に再発推奨リゾートを防ぐために - 漢方薬の手順に。この場合、効果的に二つの手段証明:空腹(50グラム)と乾燥リンゴの皮の粉末に午前中に飲む大根汁、(粉大さじ1お湯のガラスを広げる一日に三回、...)。

妊娠は、通常の安全な製品や薬でさえこの期間中に害を及ぼす可能性があるため、特別な治療が必要な状態であるため、自己の薬物療法に携わるべきではない。

燐酸化症の女性は、食生活や飲酒療法に従うべきであり、例えば、ハーブ療法やビタミンサプリメントを飲むなど、医師の推奨に従うべきです。

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

71 − = 69