私はママです!

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?

妊娠は女性の特殊な状態です。未来の母親は、赤ちゃんの健康に害を及ぼしたり、妊娠自体を危険にさらす可能性のあるすべてのものを避けようとします。妊娠中に脱毛を行う可能性の問題が婦人科医によって精力的に議論されているのは偶然ではありません。この問題に関する専門家の意見と、妊婦の除毛手術の実施方法に関する推奨事項については、この記事から学びます。

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?

よく整えられ、美しく見せたいという願いは、女性が赤ちゃんが生まれるのを待っているときには特に素晴らしいことです。長年にわたり、婦人科医は妊娠中の外見の操作を禁止しています。毛髪の染色、ケミカルパーマや他の多くの処置は不可能でした。今でも、これらの禁止は十分に確立されています。

多くの場合、ケア製品にはアレルギーや毒性を引き起こす可能性のある化学元素が含まれています。したがって、妊婦は、合併症および副作用を引き起こさないケア製品のみを使用することができる。

このアプローチは、特に、妊娠中の脱毛の挙動に関連する。

どのような時限で可能ですか?

脱毛は、体の望ましくない髪の様々な除去です。この手順は、毛髪だけでなくその根も除去するように設計されており、十分に長い期間植生が存在しないことを保証する。

婦人科医は、将来の母親の体内で起こるプロセスのいくつかの特徴を長い間指摘しています。

  • 女性のホルモンの背景の変化に伴う髪の増加の増加;
  • 痛みに対する感受性の増加;
  • 静脈瘤の発生および脚の腫脹;
  • 全体的な免疫の弱化。

これらすべての要因は、妊婦の髪を非常に注意して治療する必要があります。

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?

もちろん、妊婦は自分自身のケアを完全に放棄すべきではありません。これは特にビキニゾーンに当てはまります。妊娠中は、親密な場所からの除毛は、美しさと肌の荒さだけでなく、個人衛生の問題です。

婦人科医は、副作用のない手順を実行する可能性は、妊娠の異なる時期に同じではないことを指摘している。

すでに多くの妊婦が痛みをより強く感じていると言われています。痛みは、子宮の色調を引き起こし、妊娠自体を危険にさらす可能性があります。これは特に妊娠12週目に危険です。したがって、初期段階では、脱毛を適用すべきではない。それにもかかわらず、必然的に体の余分な毛を除去する必要がある場合は、より倹約的な脱毛方法を使用してください。

第2トリメスターは、操作に適した時間です。これらの時、女性は痛みに対してあまり敏感でなくなり、不必要な植生を除去するための処置を実行することが可能である。

あなたは髪を除去することができますし、後の時期にはもちろん、慎重で穏やかな方法を選んでください。

それが不可能なときは?

妊娠中の女性の除毛手術には厳しい禁忌があります。これらには、

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?
  • 処置の領域での刺激および皮膚損傷;
  • 操作のための製剤に使用される成分を含むアレルギー反応;
  • 悪化段階のヘルペス;
  • 感染症;
  • 真性糖尿病;
  • 精神障害およびストレス;
  • 毒物症;
  • トーヌスの子宮の存在と流産の脅威。

これらの場合、操作は厳密に禁止されています。未来の母親は、この禁止条項に違反することを覚えていなければなりません。彼女は赤ちゃんの生命と健康を危険にさらします。

安全な方法

だから、質問に: "妊娠中に脱毛をすることはできますか??「多くの医師・婦人科医が肯定的な答えを出している。しかし、すべての方法が将来の母親に適しているわけではありません。最も安全なものを考えてみましょう。

生物浄化。 この手順は、ワックス、カラメル(shugaring)、植物性物質の助けを借りて余分な植生を除去することです。手順はかなり痛いので、初期段階では使用すべきではありません。ワックスで最も人気のある毛の除去。このメソッドは長期間持続的な結果をもたらします。

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?

女性は数ヶ月間操作を繰り返す必要はありません。妊娠中、ワックスの脱毛は、第2および第3妊娠において実施するのに適している。彼女の助けを借りれば、脇の下の脚や腕に髪を取り除くことができます。

大きな植生では、その手順はむしろ痛いものです。ビキニゾーンには注意が必要です。痛みに対する感受性が高まるにつれて、このゾーンではワックスの使用を完全に放棄する価値があります。

静脈瘤での禁忌多くの女性がそれほど苦痛を感じることはないので、カラメルまたはフィトマスを用いた脱毛はワックスに取って代わることができます。

脱毛器. 身体の不要な植生を自己除去するための装置。このメソッドの利点の中には、プロシージャの可用性があります。それは自宅で独立して行うことができます。

妊婦の場合、この方法は非常に強い痛みを引き起こすので危険です。したがって、流産や健康状態の脅威の場合には使用できません。それはフィットしないし、ビキニゾーンで妊婦の脱毛を行うために。

妊婦には適していない方法

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?
  • 電気分解. 過剰な植生を除去する最も効果的な方法の1つ。毛包は電流の弱い放電によって破壊される。副次的効果は、高温およびアルカリの使用である。すべてこれはあなたが長い時間の間に髪を取り除くことを可能にします。この手続きは、妊娠中の女性には厳重に禁止されています。その理由は、痛みと長時間、ならびに電流の影響(これは子供の負担を妨げる可能性があります)です。
  • レーザー脱毛 将来の母親にも禁忌である。妊娠中にレーザ脱毛が受け入れられるとの意見がありますが、同時に慎重を期す必要があります。この方法の相対的な無痛性により、母と胎児にある種の危険を隠す。毛包の破壊は、高温のレーザービームの作用によって達成される。これは、その後のすべての否定的な結果を伴う女性の熱傷とストレスを引き起こす可能性があります。
  • 光退色. フラッシュの助けを借りて卵胞を破壊し、さらに成長を防ぐ新しい方法。妊娠は実際には研究されていないので適切ではない。母と胎児への影響は知られていません。

脱毛

シェーバーや特別なクリームで脱毛。この方法は最も倹約的であり、妊婦に禁忌はない。脱毛の利点は、無痛性およびアクセシビリティ、副作用および赤ちゃんへの脅威がないことです。

妊娠中に脱毛:それは可能かどうか?

それは妊娠のいつでも行うことができます。この手技の不便さに対して、我々は、毛剃りした毛の急速な成長、ビキニゾーンにおける刺激を参照する。

剃る前に不快な効果を最小限に抑えるために、暖かいシャワーを浴び、特別な女性の織機と穏やかなクリームを使用してください。別の良いヒント:脱毛クリームや皮膚軟化剤、モイスチャライザーを使用する前に、アレルギー反応をテストします。これは、手順の不快な結果を避けるのに役立ちます。

妊娠中の女性を操作するかどうか?

妊娠が病気に似ていると考えられていた時代は、これまでずっと過去に沈んできました。現在、将来の母親は積極的なライフスタイルをリードし、スポーツに取り組み、自分自身を世話します。美容術の手順、妊婦のネスト症候群スポーツとフィットネスは、専門家と妊婦自身によって広く議論されています。

それで、妊娠中に脱毛をすることは可能ですか?もちろん、そうです。しかし、この手順に合理的かつ慎重にアプローチすること。結局のところ、自分の健康と赤ちゃんの安全を世話することは、母親の主な関心事です。健康である!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

28 − 24 =