妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか? | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか?

残念なことに、赤ちゃんの妊娠中に体は様々な病気の影響を受けやすくなります。特に将来の母親は風邪をひくことが多い。他の病気と同様に、鼻炎の治療は医師によって処方され、胎児にとって可能な限り安全であるべきである。

ああ、この寒い...

誰も鼻炎に保険をかけられません。そして、女性が早期に慢性鼻炎またはアレルギーに罹患しなかった場合、妊娠中にこれらの病状を満たす可能性が高い。

妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか?

この場合、普通の風邪さえもより頻繁になることがあります。このような問題が妊娠前に観察されなかったとしても、鼻の鈍さは依然として妊娠の最も耐え難い姿の1つになります。

女性の鼻炎は危険ではありませんが、将来の母親には呼吸が不十分ですが、それに応じて赤ちゃんへの酸素のアクセスに影響を与えます。つまり、特定のリスクが発生します。原則として、妊娠9ヶ月を悩ます可能性がある鼻炎は、出生直後に発生します。

しかし、この瞬間までに、正常な呼吸がないときにそれをどう扱うべきでしょうか?

妊娠中にNazonexを使用することはできますか?

この薬剤は、このカテゴリーの患者にとってはめったに医師によって推奨されていません。しかし、実際には効果があり、呼吸を促進し、鼻水やアレルギー症状をなくすため、多くの女性が自分自身を治療しています。

ただし、 "ナゾネックス" グルココルチコステロイド薬の群に属し、ホルモンが含まれています。

妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか?

この薬剤は、抗炎症、脱感作、抗アレルギー(抗毒素)および免疫抑制効果を有する。それは、慢性型の季節性アレルギー性鼻炎および副鼻腔炎を予防する手段として、治療に非常に有効である。

"ナゾネックス" 妊娠中は、できるだけ早く、新しい腔の粘膜の腫れを取り除き、短時間、呼吸を回復させる。事実は、その適用の必要性は一定であり、これは推測しやすいので、将来の赤ちゃんにとって否定的な結果を伴います。

妊娠中の寒さの治療のための「ナゾネックス」の使用

妊娠期間中に薬剤の助けを借りて鼻炎を排除することは完全に安全ではないことはすぐに留意すべきである。それらのすべてがある程度まで害を及ぼす可能性があります。完全に安全な処置は、鼻腔を生理食塩水および海水で洗浄する処置であるが、このような処置はしばしば効果がない。医者はしばしば一般的な風邪を治療する民間の方法を勧めます。後者は完全に安全ではないことに注意する価値があります。

あなたが以前にいくつかのハーブと料金を使用していたとしても、妊娠中は禁止されているかもしれませんが、それを忘れないでください。フォークレシピの大きな欠点は、多くの人に多大な利益をもたらさないということです。さらに、そのような治療は、原則として非常に時間がかかります。したがって、将来の母親は、最も一般的な風邪の症状を完全に忘れるために、最も安全な点鼻薬またはスプレーを使用したいと考えています。

血管収縮剤は、妊娠中の女性には極端な場合にのみ使用することができ、また、医師の妊娠の発表者のアドバイスと、彼の直接の監督下でのみ使用することができる。さらに、そのような薬物による治療は、治療の最適なコースである7日間を超えてはならない。数日である。

妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか?

同じことが薬物に当てはまります "ナゾネックス". さらに、各鼻孔には最小限の有効量が投与される。さらに、最小限の有効投与量を観察しながら、すべてが適度に良好であることを思い出すことは不必要であり、この薬物の活性物質は血流に入り込まず、全身作用を持たず、未来の子供に何ら影響を与えない。

しかし、このカテゴリーの患者の間では研究が不足しているため、この治療法は、大部分の他の局所製剤と同様に、潜在的に安全ではないグループに分類されます。

副作用

一般的な風邪を治療する他の薬剤と同様に、 "ナゾネックス" 身体から否定的な反応を引き起こす可能性があります。

これらには、

  1. 鼻粘膜の刺激;
  2. 鼻の通路での乾燥と燃焼;
  3. 鼻出血;
  4. 咽頭炎;
  5. 増加した眼内圧;
  6. 頭痛;
  7. 頻繁なくしゃみ。

また、妊娠中のホルモン剤の使用は非常に危険な運動であるため、医師はほとんどの場合子供のための一般的な風邪の代替スプレーと点鼻剤を好むことに注意する必要があります。

特別なアプリケーション

妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか?

重度の疾患では、医師は、 "ナゾネックス", 個別に
妊娠初期の段階では起こりそうもありません。

通常、治療は1週間以上続くことはなく、薬物自体は1日1回のみ使用されます。ベアリングの期間中にベビートリートメントが行われた場合 "ナゾネソム", 赤ちゃんの出現後、彼らの機能低下を発症する可能性があるので、彼の副腎をチェックすることが推奨されます。

禁忌

妊娠中の「ナゾネックス」:いつどのように薬を服用できますか?
  1. 薬物のいずれかの成分に対する個々の不耐性;
  2. 鼻咽頭の粘膜が炎症過程に関与している場合、局所的に感染症が治癒していないこと。
  3. この領域の最近の鼻外傷または外科的介入(創傷治癒前);
  4. 呼吸器系の能動的または潜在的な結核感染;
  5. ウイルス、真菌、細菌性全身感染症、または微生物に起因するHerbessimplexの存在。視覚器官への損傷を伴う。

過剰摂取

高用量の長期使用または複数のそのような薬物の同時使用で、視床下部 - 下垂体 - 副腎系の圧迫が起こることがある。

あなたの幸福を把握し、軽微な変化について主治医に常に伝えます。あなたへの健康と静かな妊娠!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

69 − = 64