私はママです!

妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

ケトンは、特定のアセトン体と呼ばれ、タンパク質、脂肪および炭水化物の交換において、一般的な代謝過程で生成される。それらは肝臓で形成され、末梢組織によって排泄される。ケトンはまた、尿によって部分的に排泄されるが、分析によって決定されない健康な人の尿にはほとんどない。この場合、ケトンは妊娠中に尿中に見出されることが多い。

妊娠中の尿中のケトン - 驚くべき鐘?

妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

これは、必ずしも特定の病状を示していませんが、妊娠糖尿病、子癇前症、甲状腺中毒症、広範囲の感染性プロセスおよび他の障害の存在に起因し得ます。したがって、分析がケトンの濃度の増加を示す場合、女性は伝統的に徹底的な健康診断を処方されている。

そのようなテスト結果は、あなたをパニックにさせるものではありません。彼らは必ずしも真性糖尿病および他の重篤な疾患を示すとは限らないことに注意してください。

ケトンは私たちの体内で最も重要なエネルギー源であることが臨床的に証明されています。彼らは肝臓を除いてほぼすべての組織に給餌し、体内のエネルギーバランスを維持します。肝臓組織レセプターは最も感受性が低いので、体に適切に反応して使用することはできません。

治療的な飢餓期には、脳に活発な栄養を供給するケトンです。したがって、彼らはしばしばダイエットと長い下車日を持つ健康な女性の体内で生産されます。彼らはしばしば激しい身体活動を行う人にも見られます。

しかしながら、この場合、尿中のそれらの量は、通常、わずかに増加する。それで、妊娠中の尿中のケトンの増加に関連するものは何ですか?

育てる女性の尿中のケトンの痕跡は、常に彼女の体に起こっている違反を告げるわけではありません。この因子は純粋に生理学的なものであり、時には標準とみなされる。

将来の母親の生物が莫大な負担を負担するのは、誰にとっても秘密ではありません。重要な器官やシステムの機能の変化に適応できない場合、尿中にケトンを観察することができます。

なぜこれが起こっているのですか?事実、肝臓や腎臓は代謝産物の利用に関与しています。タンパク質の分裂中に分解の産物であるケトンは、胎児によって生じる追加の負担のために、これらの器官によって排泄される時間がない。

妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

したがって、尿中のケトンの痕跡が最初の妊娠で妊娠中に現れた場合、それは体がまだその成分で起こっている変化に対処していないことを示しているだけです。

この現象は妊娠中期に解消されない場合は、それは、子癇前症の存在を仮定することは理にかなって - この用語は、患者や医師によって無視された場合に真剣に両方の母体、胎児の生命に害を与えることができます後半中毒を指します。

妊娠中の尿中のアセトンの増加が最も悲惨な結果につながることに注意してください。医師がこの現象を無視すれば、産科医や婦人科医師の別の専門医に目を向けるのは理にかなっています。

規範とは何か、偏差とは何か?

妊娠第17週頃に女性の尿中にアセトン体が見られる。妊娠中の尿中のケトンの規範が存在していない - 彼らは、理想的には完全に(言い換えれば、彼らはどんな健康な人の体内に存在するが、低濃度であり、かつ生物学的流体の研究では検出できない)でなければなりません。

しかし、わずかな増加で、病気の発達について、特に指示された時間に話すことは早すぎる。

尿中のアセトン体の量が急激に増加するのは全く別の問題です。通常、そのような状態は、女性自身のための痕跡なしでは通過しません - 彼女はひどく、疲れて、疲れていると感じます。さらに、この現象は、ほとんど常に悪心および嘔吐を伴う。

増加したケトンの原因

妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

ケトンは、摂食障害のために将来の母親の尿に現れることがあります。したがって、あなたの食生活がタンパク質と脂肪の多い食品に支配され、複雑な炭水化物が不足している場合、分析の結果に驚くことはありません。

アセトン体はまた、長期にわたる嘔吐の背景に対する脱水のために尿中に優勢であり得る。これは特に、重篤な毒性徴候に苦しむ女性に当てはまります。

尿中のケトン濃度を上昇させる他の理由:

  • ケトン生成物質が豊富な食品の長期使用;
  • 非炭水化物の食事(または通常の食事で炭水化物を含む食品の最小量)に準拠する。
  • アルコール中毒;
  • 若干アルカリ性の食料品の女性の習慣的なメニューの存在;
  • 化学物質(例えば、鉛または水銀)による中毒。
  • 発熱;
  • 真性糖尿病;
  • いくつかの感染病理(結核、インフルエンザ、緋色の熱など)。
  • 過度の心理的負荷、神経過多、興奮性が高まった。

妊娠中のケトン尿症のより危険な、しかしあまり一般的でない原因の中には、以下の要因がある:

  • 腫瘍学的プロセス;
  • 重度の肝臓の病理;
  • 深刻なホルモン障害。いつでも流産や妊娠の衰えを伴うことがあります。

どうすればいいですか?

妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

事実上、これらの状態の全ては特定の投薬を必要としない。感染症の場合、尿中のケトンは診断上重要ではありません。この場合、医師は外観の根本的な原因のみを扱います。発熱により、障害の原因もまた重要です。

アルコール、化学物質や薬物中毒すると、女性は緊急入院、生物の急速なクレンジングと共役し、体に毒素の効果を中和促進し、特定の治療を必要とします。

糖尿病患者にとっては、特別な食事が処方されています。通常、女性は血中の十分なグルコースレベルを観察することができ、適時に病気の経過を補うことができます。妊娠糖尿病では、特定の治療法を規定することができます。

いずれの場合もketonuria(尿中アセトン体の増加)が生理学的プロセスをトリガされない場合、医師は徹底的にあなたを調べる必要があり、必要に応じて、あなたの緊急入院を手配します。

ケトン尿症の妊婦はどのように検査されていますか?

妊娠中の女性の尿中のアセトン体の増加が医師から疑わしい疑いを引き起こした場合、彼は患者に多くの追加の研究を指示する。

彼らの標準パッケージには以下が含まれます:

  • 一般的な臨床血液検査;
  • その中のアセトン体の濃度を深く研究した血液の生化学分析。
  • グルコース濃度の血液検査;
  • グルコース耐性試験;
  • 甲状腺と腹部の器官の超音波検査。
妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

妊婦は、内分泌学者の相談を受けて、ケトン尿症の具体的な原因を判断する必要があります。また、必要に応じて、内分泌専門医は、病理およびそれが見出された期間に応じて、適切な治療を処方する。

ほとんどの場合、尿中のアセトンは長時間の毒性を示し、これは伝統的に体の激しい嘔吐および脱水を伴う。妊娠中毒を治療するための適切な手段がない場合、それは女性自身と将来の子供の両方にとって不可逆的かつ悲劇的な結果を引き起こす可能性があります。

妊娠中毒症は、以下の合併症で治癒することができます:

  • 早すぎる配達;
  • 胎児中毒;
  • 母体の脱水症の重大な形態;
  • 昏睡状態;
  • 流産(現時点での妊娠の自発的終了);
  • 妊娠の衰退または死産;
  • 致命的な結果。
妊娠中のケトン尿症:尿中のアセトンの上昇はどのくらい危険ですか?

女性が電解バランスを回復するのに十分な手段を講じ、多くの液体を消費し始めると、生理学的ケトン尿症はそれ自身で排除される。

女性が毒素で涙を流すと、大量の飲酒は反復して重度の発作を引き起こすだけです。したがって、脱水を予防するために、内部の水分補給のために設計された特別な薬剤が処方される。彼らは医者が定めた計画に従って採取されます。

重度の毒血症の場合の栄養素は、胎児を飢餓から保護するために女性に静脈内投与される。

子供の待機期間中に不快で苦しい状態が発生した場合は、すぐに適格な援助を求めてください。そして、あなたの妊娠はどんな合併症でも覆われないようにしてください。健康である!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 7 = 11