妊娠中のシナモンの使用:何を恐れる? | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中のシナモンの使用:何を恐れる?

「面白い立場」にある女性は、食べ物を見直し、有害で危険な製品を絶えず打ち出しています。妊娠中に適切な栄養を欲しがるのは賞賛できることですが、それはパニック狂信に境界がない場合に限ります。最初に母親になる準備をしている美しい女性は、妊娠はまったく病気ではないことを理解する必要があります。

これは奇跡のための魔法の待機期間であり、根拠のない経験と極端な注意で覆われてはいけません。子供を運ぶときのメニューの鋭い変化は、母親の体にさらにストレスを与えます。しかし、彼はすでに無慈悲な負担を受けています!したがって、産科医の中には、通常のメニューから除外するにはほとんど何も必要ありませんが、製品の使用法を守る価値があるという意見があります。

すべてのスパイスは同じように良いですか?

特に、母親の前に香辛料を選ぶことの問題は深刻です。

妊娠中のシナモンの使用:何を恐れる?

私たちの多くは、特に甘いペストリーでシナモンを尊敬します。そして、あなたはブラウザを開いて、妊娠中にシナモンを使用する可能性がある妊娠中の女性をパニックにするという話を見て、すでにこのスパイスに目を向けることさえ恐れています。

実際、産科病変を持つ女性の中には、実際には禁忌のシナモンです。しかし、これは他の誰も心配してはいけません!さらに、いくつかのスパイスは将来の母親にも推奨されています。妊婦にとって非常に便利なためです。

シナモンの詳細

妊娠期間中にシナモンを摂取することも有用である。

妊娠中のシナモンの使用:何を恐れる?

第一に、それは疫学時代に将来の母親のために文字どおり必要な強力な消毒特性を有する。

第二に、肝臓、腎臓、および膵臓の排泄プロセスを刺激し、身体のための実際の解毒薬です。シナモンは、柔らかい、下剤と利尿剤の特性で有名で、腫れた現象から最高のヒーラーが栄えます。

一般的に、妊娠中のシナモンの使用は有用ですが、... 1つのピンチ、または1日あたり1/2ティースプーンの量でのみ!

残念ながら、質問 "妊娠中にシナモンを食べることはできますか?" 医者は明白に答えられない。一つのことは知られています。 "無邪気な" スパイスは、子宮の平滑筋の収縮を誘発することができる。この身体の運動性の活性化は、知られているように、嘆かわしい結果に冠される。早期に、これは自然流産(流産)を招き、後で早産の覚醒剤となります。

妊娠中のシナモンの使用:何を恐れる?

医師は、完全に健康な妊娠でのみ、このシナモンの量が妥当である場合にのみ、このスパイスの使用を許可します。あなたはそれを取ることができますが、ほんの少しです。

すでに産科病変に遭遇し、妊娠の保存に服している女性には絶対禁忌です。特に危険なのは、出血傾向のあるスパイスであり、不機嫌での流産の脅威である。

また、あなたはシナモンを遅らせることができない、または疑わしい品質を重視することも重視する価値があります。

例えば、中国、ベトナム、インドネシアから輸入された安価なスパイスには、人間の健康に有害な物質、クマリンが含まれています。現在のセイロンスパイスは、それを0.02g / kgの濃度で含有している。 "偽" - 100倍。この要素は生命を脅かす可能性があるとは言えませんが、高用量では頭痛を引き起こし、肝組織に大きな損傷を与えます。

妊娠後のシナモンの利点

妊娠中のシナモンの使用:何を恐れる?

シナモンは、出産後毎日少量で採取され、労働の女性に非常に便利です。その強さを回復し、免疫力を強化し、効率を高め、将来にとっても重要です "眠れない夜".

インドでは、ちょうどシナモンとお茶を飲む必要があります女の子を出産したそれによれば、でも儀式がある - 彼女の子宮が高速であると考えられていると、通常の形で減少し、健康的な、高品位、高品質の授乳を開始することが非常に重要であるミルクの流れを確保します。

妊娠 - どんな女性にとっても最高の時間です。それは根拠のない気持ちや疑念で覆われてはいけません。しかし、アマチュア活動に従事する必要はありません。決断を下す前に、医師に相談してください。

健康で、母性はあなたに最も暖かく、親切な感情だけをもたらします!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

8 + 1 =