妊娠中の日焼け - どのように適切に日光浴するのですか? | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中の日焼け – どのように適切に日光浴するのですか?

ほとんどすべての女性は、長い冬の後に日光浴をして日光浴を楽しんで、妊娠を妨げることはありません。しかし、自分と赤ちゃんに害を与えないように日光浴をするにはどうすればいいですか?

妊娠中に健康な日焼けをするには?

妊娠中の日焼け - どのように適切に日光浴するのですか?

適切なタイミングで、太陽は将来の母親と胎児に有益な効果をもたらします。

太陽の紫外線は、私たちの内分泌系や神経系の活性を高め、生物の防御力を高めます。リンとカルシウムの交換に関与するビタミンDも生産されています。この井戸は胎児の骨格に影響し、くる病の発症を予防します。

女性が定期的にビタミンを飲むと、歯が崩壊し、髪の毛が落ち、爪が切り取られ、クラムが運ばれ、体内にカルシウムとビタミンD3が必要となります。しかし、もしあなたが錠剤を服用すれば、彼らは必要な量で同化されないので、日光浴する – これは将来の母親のための必要性です。

妊娠初期に日焼けしたい場合は、まず体を準備しなければなりません。太陽に出ることはめったになく(15分以内)、しばしば日陰や天蓋の下にいなければなりません。数日後に、あなたは約5分の時間を上げることができ、いつも帽子をかぶっています。太陽に過剰に暴露すると、腸、膀胱、神経系に問題があります。

妊娠中の日焼けの安全規則を遵守する必要があります。ビーチでの中断を30分に制限し、傘の下で、日陰の中で、空腹で混雑した胃の上で日光浴をしないでください。自然な生地だけから浜辺に服を着て、ガスなしで帽子と水を持参してください。

体内には日焼け止めを施し、使用すると妊娠することができ、シャワーでクリームを洗い流し、モイスチャライザーを皮膚に適用してください。

日光浴が間違っている場合、妊婦を待っているのはどんな危険ですか?

女性が彼女の子供を産んだとき、この期間中、彼女の体は特に敏感で、非常に頻繁に首、顔、腕、背中、デコルテゾーンに色素斑があります。

紫外線は血液循環、動悸、呼吸、代謝を強化しますが、未来の母親がこのような病気を患っている場合、彼女は厳密に日光を浴びて日光浴に行くことが禁じられています。

あなたが太陽の下で妊娠中の女性を見つけることを長い間、あなたは脱水または日焼けを経験するかもしれません。

妊娠中に日光浴するのはなぜ有用なのですか?

太陽の光線は妊娠中の女性がうつ病から生き残るのを助ける最も良い抗うつ薬です。誰もが知っているように、母親が神経系を整えていれば、赤ちゃんは落ち着きます。また、太陽の光線は代謝を刺激する。妊娠中にそれらの少数は血液中のヘモグロビンを増加させるのに役立ちます。

パン粉の骨は、将来の赤ちゃんの歯に影響を与える小さな妊娠期間から形成されます。夜の11時が17時から始まるまで妊婦は常に朝にあると森と海で、公園の中を歩く必要があり、日光浴は日陰で一日一時間以下でなければなりません。しかし、医師は、深刻な毒性および心血管疾患、罹患した腎臓および肝臓を有する日光浴する妊婦を禁止する。

妊婦の日焼けは危険ですか?

しかし、禁忌についても覚えておく必要があります。太陽に長時間さらされると、妊娠中の女性の心臓が非常に速く働き、太陽がそれを積み込むため、日中の過熱、子宮内での出血を引き起こします。静脈瘤が発生することもあり、子宮の平滑筋が弛緩し、血圧が低下して出血を引き起こすことがあります。

直射日光の当たる場所で長期間妊娠した場合、そのような結果が生じることがあります。

  • ホルモン、特にエストロゲンの増加、出生後に消え、永遠に残るかもしれない色素斑;
  • 腐敗は、女性の内臓や胎児、脳の過熱の温度上昇です。
  • 葉酸のレベルを下げると、もし起こると、子供は神経管の発達の欠陥で生まれることがあります。

妊娠している女性は、次のように診断された場合、サンベッドやビーチへの訪問は避けてください。

  • 真性糖尿病;
  • Mastopathy;
  • 高血圧および虚血性心疾患;
  • 急性心疾患;
  • 血液疾患;
  • 甲状腺機能を妨げた。

他のすべての将来の母親は、ビーチで日光浴することができますが、注意してください。あなたはまだ短い妊娠期間がある場合でも、中絶の脅威と上記のケースがない場合にのみ、日光浴することができます。

日焼けと妊娠は両立していますか?

妊娠中の日焼け - どのように適切に日光浴するのですか?

すべてが適度に良いです。上記で説明したように、太陽への曝露は、正と負の両方の側面を有する。徹底的に理解し、私たちの勧告を武器にして、日光浴をしても安全です。

太陽の光線は多くの人々に喜びを与え、内部分泌腺の改善、代謝の増加、ヘモグロビンの増加を助けます。

日光浴のために皮膚層の表面の厚さが増加し、皮膚細胞がメラニン色素の産生を促進し、これが褐色の光をもたらし、これは日焼けと呼ばれる。メラニンは、肌の色や太陽に対する反応を決定します。あなたのフォトタイプに応じて、太陽の下にいながらあなたを守る日焼け止めを選ぶことができます。

妊婦の日焼け止めをどう選ぶか、日光浴はどうですか?

ほとんどすべての日焼け止めには化学フィルターが含まれていますが、将来の母親はSPFが多い子供にのみ日焼け止め化粧品を使用できます。 SPFは日焼け止めです。日焼け止めを塗るときは、クリームにビタミンDを逃さないことを心配しないでください。

ビタミンDの基準を得るためには、クリームを使わずに週に30時間は可能です。女性が妊娠しているとき、胃の上の皮膚は特に敏感で薄いので、腹と赤ちゃんを保護し、より多くのクリームを塗布する必要があります。

妊娠中の日焼けのクリームは、女性とその子供の体を紫外線の有害な影響から保護します。ビーチに行く前に、20分間クリームを塗布し、アレルギーがあるかどうかを確認する必要があります。あなたがビーチから家に帰るときには、日光浴の後にクリームを塗布する必要があります。

妊娠中に日焼けするのは簡単ですか?

妊娠中の母親の多くは、瞬時日焼けの使用の結果を恐れることはありません。妊娠中は、タンニングクリームはインスタント日焼けに使用され、彼らは自然な褐色のような美しい日焼け色を与える。このクリームを使用すると、皮膚はジヒドロキシアセトンに暴露され、皮膚に浸透して血液中に浸透します。赤ちゃんに危害を与えるので、このクリームを使用することはできません。

ブロンジングまたはインスタント日焼けは、楽しい、むしろポピュラーな手順で、1回のセッションで美しいブロンズの色合いを獲得します。紫外線なしで実施し、20分間行う。しかし、長期間滞在すると、皮膚が色素の斑点で覆われ、やけどをすることがあるので、所望の色合いを得ることは起こりそうにない。

インスタント日焼けをするには、クリームやローションは必要ありませんが、ルールを知る必要があります。まず、あなたの肌を暖かくし、クレンジングと保湿を行う必要があります。彼らのおかげで、インスタント日焼けは体の上に均等に横たわっています。すべての女性が質問を心配しています。インスタントタンはどれくらいですか?

妊娠中の日焼け - どのように適切に日光浴するのですか?

このタンは皮膚のタイプ、マスターの経験、ブロンズの組成に依存するので、誰も答えを知る人はいません。長持ち日焼けを、あなたは、チューブから液体を飲み、24時間洗浄身体運動を避けるため、それは日焼けが2週間まで続く一方で、クリームやローションを使用しない、汗ではありません必要はありません。

淡い水が皮膚を非常に乾燥させて脱水するので、インスタントタンを持つ女性は海で泳ぐ必要がないので、タンは数時間洗い流されます。しかし、黄褐色を保つ場合は、多くの保湿クリームを塗布する必要があります。

正しい方法と日焼けを選んで、あなたの健康を見て、太陽があなたに大きな利益と喜びを与えるでしょう。あなたとあなたの赤ちゃんにあなたの妊娠、簡単な配達と健康をお楽しみください!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

29 + = 33

Adblock
detector