妊娠中の紅潮の危険 | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中の紅潮の危険

紅斑熱は小児病に属すると考えられています。確かに、それはしばしば幼い子供で見つけることができますが、病気の年齢制限はありません。

紅斑熱の影響は何ですか、妊娠中に起こる場合、妊娠は中断されますか?状態は胎児の発達と形成に反映されていますか?

この病気を治療するには、妊娠中に紅斑の症状が現れたら?

緋色の熱

あなたが連鎖球菌の体に入ると病気が起こります。それは空中および接触ルートによって伝達され、インキュベーション期間は10〜12日であり得る。

紅斑熱の症状:

妊娠中の紅潮の危険
  • 喉の痛み – 夜明けの鮮やかな赤 – 臨床像は膿性の咽頭痛に似ています。
  • 高温;
  • 一般的な倦怠感と衰弱。
  • 体の小さな発疹、押したときに消えます。

発疹は、発症後3日目に現れる。

この疾患は、症状がなくても軽度の症候性症状で発症することがあります – 発疹が出現した場合のみ。

合併症を避けるために、その病気はその足に運ばれるべきではありません。

妊娠中のSc紅熱

胎児の発達のために、妊娠中のsc紅熱の危険は表されません。未来の母親が病気であれば、子供の体内に感染症を導入する際の病理は発生しません。

危険性は異なります – 治療はペニシリン系抗生物質で行われますが、初期段階で使用されると、将来の赤ちゃんに既に脅威を与えています。

最初の妊娠では、どんな薬を使用することも望ましくなく、抗生物質ははるかに少なくなります。それらの使用は流産を引き起こし、有機胎児系の形成を妨げる可能性がある。

特に妊娠中や薬草が制限されて飲酒される可能性があるので、淡紅熱の治療は温かい飲み物、寝たきりとハーブの煎じ薬だけでは不可能です。防腐性と抗炎症性を有する、最も軽くて無害な植物原料の1つと考えられているカモミールさえも、納品前に保管する必要があります。それは、たとえそれが軽いとしても、中断を誘発する可能性のある胆汁排泄作用を有する。

病気が治療されない場合、腎盂腎炎、糸球体腎炎、または敗血症のような尿生殖器系の重大な合併症のリスクが非常に高い。

これらの病気は、女性の健康だけでなく、彼女の人生にも脅威を与えます。この場合、抗生物質のショック用量が使用されます。

自発的な中断が生じなければ、胎児の状態を徹底的に調べた後、検査を継続し、超音波検査を行い、羊水(羊水)を採取して分析します。

妊娠中の紅潮の危険

妊娠が遅れていると、緋色の熱はあまり危険ではありません。あなたはすでに抗菌薬を使用することができます。胎児の基本システムはすでに完全に形成されている。

しかし、女性と将来の赤ちゃんの尿生殖器系に合併症のリスクがあります。早期および後期の妊娠中の紅潮の中毒は同じように危険ですが、子供の命を救うために帝王切開を行うことができます。


現在、第2学期の終わりに、26〜28週生まれの乳児の命を救うことができます。生理学的発達によると、そのような赤ちゃんは、その年の間に生まれた同輩たちに追いつきます。

紅斑熱の治療

病気の最初の症状 – 高熱と咽喉の出現 – 活発な生命を放棄し、寝たきりに適応する必要があります。最初の3日間はまだ病気がどのようになるのかはっきりしておらず、医師も狭心症を診断することができますが、可能な合併症から身を守る最善の方法は、妊娠しているかどうかに関係なく、

小さな斑点状の発疹が体に3〜4日間現れます。アレルギー反応を起こさないために、以下の試験を行う。わずかな圧力で薄くなり、強くなると肌は黄金色になります。顔、胴、鼠径部の局所化された吹き出物。 1週間で発疹が消えて、その後に痕跡はありません。

興味深いことに、連鎖球菌が大量に蓄積しているために、赤色から4日目までは、緑色を得ることができます。実際、この症状は必須ではありません。

狭心症の場合と同様に、激しい襲撃を洗い流すことは不可能です。すすぎは喉の痛みを和らげることができますが、長くはありません。一般的な状態が緩和するにつれて、彼ら自身が通過します。

発疹の出現が終わった後、皮膚は緻密で硬くなり、剥がれ始める。これは回復が近いという兆候かもしれません。

治療のために、ペニシリン系の抗生物質は、不耐症の場合には、テトラサイクリンから処方される。必ず抗菌薬を使用しなければなりません。血流感染は体全体に広がり、合併症のリスクが高くなります。それらには、ビタミン、ビタミンC、B、A、様々な種類の免疫剤が含まれる。

このような療法は、妊娠後期にのみ使用することができます。最初の妊娠では、胎児の発育には病気そのものよりも危険です。

妊娠中の紅潮の危険

現在、紅斑は重篤な疾患とはみなされていませんが、抗菌薬を使用することで治癒が容易です。妊娠中の彼女の危険性は、この状態では抗生物質が望ましくないということです。緋色の熱が流れやすいので、薬物をまったく持たなくてもいいです。

出生前に女性の紅斑熱との接触があった場合、医師に警告する必要があります。この場合、予防措置について決定することができます。母親と新生児は抗菌薬を注射されます。

自己診断して自己治療しないでください!これはあなたの子供の人生にとって危険です!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

18 − = 12

Adblock
detector