妊娠中の "オメス":利益または害? | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠中の “オメス”:利益または害?

「オメス」は合成抗潰瘍薬です。その活性物質は、基礎および刺激された分泌を減少させる。この教示は、製剤の治療効果が刺激の性質に依存しないことを示している。

妊娠中に「オメス」を服用できますか?

妊娠中の "オメス":利益または害?

この薬の組成は、オメジュDドンペリドンを含む。ドンペリドンは、食物消化の過程を阻害するときに、嘔吐を促進し、胃の空を加速する食道括約筋の緊張を高める。この薬剤は、投与後1時間以内に十分に迅速に作用し、その効果は1日中観察される。

薬剤は、プロトンポンプブロッカーのグループに属する。主な活性物質 - オメプラゾール - は、塩酸の胃粘膜への悪影響を抑制する。

医師は次の場合にこの治療法を処方することができます:

  • 胃潰瘍/十二指腸潰瘍;
  • 非ステロイド性抗炎症薬の使用によって引き起こされる胃/十二指腸の壁のびらん性潰瘍性病変;
  • 逆流性食道炎;
  • ストレス潰瘍;
  • ゾリンジャーエリソン症候群。

処方薬は、ヘリコバクターピロリに関連する胃腸管のびらん性および潰瘍性病変の複雑な処置に存在し得る。また、オメジュD 胃食道逆流症の消化不良に適応し、プロトンポンプ阻害剤単独療法にはほとんど受け入れられない。

リリースの形態

この製品は、20mgのオメプラゾールを含有するピンク色のふたを有する透明で無色のカプセルで入手可能である。 10mgのドンペリドンおよびオメプラゾールを含有する紫色のカバーを有する白色固体を得た。

禁忌

妊娠中の "オメス":利益または害?

ツール "オメス"母乳育児や妊娠中の子供にはお勧めできません。

この薬は、オメジュD「胃腸出血、プロラクチン分泌下垂体腫瘍、腸穿孔や胃、消化管の機械的閉塞では、授乳期間中、子どもたちには禁忌です。ただし、「薬を服用することができますオメジュD"妊娠中は厳しい適応症によるが、

適用方法

疾患に応じて、適用期間および投与量は以下のように規定される:

  • 消化性潰瘍の悪化では、標準用量は1日1カプセルです。入学コースは1ヶ月です。時にはノルムが2カプセルに増加することもあります。
  • ゾリンジャーエリソン症候群は、治療の開始時に1日3カプセルを示唆している。厳しい条件 あなたはできる 用量を半分に増やし、2回に分けて投与する。経口治療が困難な場合、薬剤は静脈内投与される;
  • 悪化した胃潰瘍、びらん性病変、びらん性潰瘍性食道炎は、2カ月以上の長期治療が必要です。 1日1カプセルまたは2カプセルを服用してください。必要に応じて、静脈注射に頼る。
  • ヘリコバクター・ピロリの根絶に伴い、抗菌薬と一緒に1カプセルを7日間服用する必要があります。
  • メンデルスゾーン症候群の治療には、夜間に40mg、手術前に2時間の静脈内投与が含まれる。
妊娠中の "オメス":利益または害?

逆流性食道炎の再発予防のための介入として、胃潰瘍は半年にわたり長期間使用するよう処方されている。この薬は、オメジュD通常、妊娠中の女性に処方され、1日1カプセルで食事の前に10-15分かかります。このツールの効果はまだ完全には研究されていないことに注意してください。したがって、あなたは "オメジュD"妊娠中、母親の状態への利益が胎児へのリスクを上回るかどうか。

静脈内投与のための溶液は、注入の前に調製される。追加のツールとして、5%のグルコース溶液が使用される。ボトルには、少なくとも5mlの溶媒を導入し、次いで均一になるまで振盪する。 100mlの用量を少なくとも30分間投与すべきである。

この治療法を指定する前に、専門医は、特に胃潰瘍の存在下で、悪性疾患の症状を消して診断することが困難なため、身体内の病理学的過程の存在を除外すべきである。

妊娠中は、次の場合に処方されます:

  • 上腹部の痛み;
  • 胸焼け。
  • 吐き気や重度、食事後に膨満感。
  • 豊富な唾液分泌;
  • 便秘になる傾向のある胃疾患;
  • いわゆる空腹の痛み。

副作用

«オメス「十分に許容されているが、以下の否定的な反応が記録されている。

妊娠中の "オメス":利益または害?
  • 味覚、腹痛、便障害、吐き気、嘔吐、鼓腸、口内炎、口渇の障害;
  • 貧血症、汎血球減少症、白血球減少症、血小板減少症;
  • 頭痛、過度の神経興奮、感覚異常、不眠、眠気、めまい、幻覚、うつ病;
  • 蕁麻疹、血管浮腫、腎炎、アナフィラキシーショック、気管支痙攣;
  • 筋肉痛、関節痛、筋肉衰弱;
  • 多発性紅斑、掻痒、脱毛(脱毛)、光感受性;
  • 視覚障害、腫れ、発熱、女性化乳房、多汗症。

重度の肝臓病変では、脳症、肝炎、器官機能の障害があるため、薬剤は非常に注意して処方される。使用中、腸の痙攣、錐体外路障害、および高プロラクチン血症が起こることがある。

妊娠中の "オメス":利益または害?

妊娠12週目までに妊娠の前に、胎児の基本的な器官やシステムの基本的な形成が起こるため、治療法を飲むことはお勧めしません。

妊娠中には、局所的な効果を有し、全血流に実質的に吸収されない薬剤が最も好ましい。例えば、これらには、マアロックス"、"ガヴィスコン"、"アルマゲル"最も効果的なのは "ガヴィスコン塩酸、ペプシン、胆汁酸の3つの積極的な要因に直接作用します。

体からの否定的な反応の発達を誘発しないように、独立して医師によって確立された線量を増加させないでください。そうでなければ、吐き気、頭痛、不整脈、視覚障害、口渇、眠気、逆に、かき混ぜ、過度の発汗がある。自分とあなたの健康を世話してください!

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

52 − 45 =