私はママです!

妊娠中の “Persen”:飲むか飲まない?

子供を持つ期間は、すべての女性の生活の中で最も簡単な時間ではありません。一方で、女性は、奇跡の期待の素晴らしい状態に到着し、赤ちゃんが最初に足を動かした瞬間、忘れられないほどです。しかし、メダルへのもう一つの側面 - 将来のミイラに対する不安と不安が絶えません。女性は、非常に良いテスト、職場での問題、人生に対する恐怖、クラムの健康に邪魔されることがあります。

このすべてが妊娠中の女性の感情喚起状態に悪影響を及ぼし、頻繁な気分の変化、睡眠の問題、さらにはうつ病に苦しむ可能性があります。そのような問題では、医師は患者に鎮静剤の受け入れを勧めます、真実、ここに1つのニュアンスがあります - vynashivanijaの間にそれを飲む子供は栄養の準備だけとされています。そのようなもの ペルセン, 妊娠中に可能かどうか、さらに話をします。

妊娠中の "Persen":処方されるとき?

上記のように、妊娠期間の気分は揺らぐ - ほとんどの女性のための条件は正常です。ホルモンの背景が反抗しているので、女性の感情は高すぎます。

妊娠中の "Persen":飲むか飲まない?

それは良い気分に過ぎず、女性は頻繁に来ることはありません。彼らは通常、睡眠障害や抑うつ状態を引き起こす不安、涙目、触感の増加によって悩まされます。

そのような否定的な感情、将来の母親の一般的な抑圧された状態は、胎児の発達に影響を及ぼす可能性がある。同時に、女性は、このような困難な生活の中で、化学薬品や精神安定剤の服用は容認できないことを理解する必要があります。

妊娠中の未来の母親は、バレリアン、母娘、ミントなど自然鎮静剤のみを摂取することができます。

最近、多くの医師が妊娠中の落ち着いた薬として処方している "Persen Fort" それは完全に自然であるからです。

それにもかかわらず、この救済策は妊娠の最初の3ヵ月目には必要ないことに注意することは重要です。なぜなら、すべての重要な器官やシステムが胎児の中に置かれているからです。薬物が早期に胎児の発症にどのように影響を与えるかについてのデータ、no。そして、一般的には、身体への影響は研究されていないと言われています。女性の利益が赤ちゃんのリスクを上回る場合にのみ飲むことができます。

心地よい "Persen Fort"の特徴

妊娠中の "Persen":飲むか飲まない?

医師は将来の母親に就寝前に鎮静剤を服用することを勧めます。妊娠中の専門家によると、夜のレセプション "Persen" 不安、不安を取り除き、健康的な睡眠を提供します。一部の人々は非常に合理的な質問をします: "なぜ就寝直前?".

実際、薬の一部であるメリッサやバレリアンなどのハーブの抽出物は、反応を少し遅くすることができ、鎮静効果があります。

あなたが家から離れて自分の足で一日を過ごすつもりならそう、それは鎮静を控えることをお勧めします。あなたが家に滞在する予定がある場合は、リラックスしたり、夜の散歩を配置するが、彼女の最愛の夫や親戚の会社では、あなたは日中のツールが、せいぜい1〜2つのカプセルを取ることができます。

あなたが妊娠中のすべての女性を思い出させるもう一つのポイント:あなたの健康と胎児の発育にとって安全でない可能性があるので、医師に相談せずに医薬品を使用しないでください。最も正しい決定は、あなたの問題について教えてくれる医師との相談です。専門医は、あなたのために適切な用量を選択します "Persen" または別の薬を推奨する。

副作用と禁忌について

あなたがこの鎮静のための指示を信じるならば、実質的に禁忌はありません。

ただし、「Persen」が使用しないほうが良い場合は、いくつかの例外があります。

  • 薬物を構成する成分の個々の不耐性の存在下で;
  • 血圧を下げる傾向がある。この場合、薬剤は慎重に取られるべきである。実際、そのような患者はしばしば完全に放棄しなければならない "Persen" 健康上の理由から、別の薬剤に切り替える必要があります。
妊娠中の "Persen":飲むか飲まない?

注目すべきことは、この鎮静剤と​​いくつかの鎮痛剤との同時受け取りと、圧力を下げる薬剤が、後者の効果を高めることができることである。

したがって、そのような場合には、特別な注意が傷つくことはありません。

副作用の中には、アレルギー、衰弱、便(便秘)による長期間の薬剤の問題の発現が認められる。


過剰摂取の場合、患者はめまい、眠気、不快な胃の痛み、四肢の振戦を経験することがある。これらの症状が出たら、直ちに医者に連絡してください。

妊婦のためのアドバイス

もちろん、気分の変化に対処できない場合は、妊娠中に適切に眠ることはできません。 パッセンフォート 心理感情を安定させる。しかし、自分自身を投薬に持ち込まない方がいいです。妊娠中の落ち着きが赤ちゃんの健康を保証するものであることを理解してください。

妊娠中の "Persen":飲むか飲まない?

したがって、不必要な心配から身を守り、 「痛ましい出産」, 聞いてはいけない 「怖い話」 経験豊富なガールフレンド。

すべての女性は個人であり、彼女の出生も彼女の知人の家族活動と似ているわけではないことを忘れないでください。あなた自身を風にしないでください!

ホラー映画、スリラー、その他の恐ろしい写真から、特にテレビを見ることから身を守る。

古典文学を読んで、音楽を聴き、もっと歩いて、赤ちゃんとコミュニケーションし、あなたの状態を楽しむ方が良いです。

正しい考え方で、あなたは鎮静剤を必要としません。幸運にも、あなたとあなたの赤ちゃんの世話をしてください!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

74 − 64 =