妊娠初期に運動することはできますか? | pangudownloads.com
私はママです!

妊娠初期に運動することはできますか?

多くの女性が活発なライフスタイルをリードし、スポーツに参加します。妊娠中であっても、彼らはすでに馴染み深い訓練をあきらめたくありません。しかし責任ある女性は今、彼らの心の下に子供を運んでいることを理解するので、自分自身についてだけでなく、彼らについても考えるべきです。当然、彼らは妊娠中に運動することが可能かどうか疑問に思っています。

適度な負荷 "滑らかな" 毒性およびめまいのようなものである。最初の妊娠では眠りと食べたいという事実にもかかわらず、このような場合には少し動かすことさえ勧められます。

スポーツはなぜ有用なのですか?

妊娠初期に運動することはできますか?

初期段階で健康に問題がなければ、妊娠中のスポーツに役立ちます。

それは感染に対する抵抗力を高め、代謝を改善し、すべての身体システムの作業を正常化します。あなたが定期的に運動しなければ、出産後の可能な合併症のリスク、骨折のリスクを軽減し、女性は彼女の体に発生する可能性が少し停滞プロセスを移動したとき、妊娠自体は、あまりluchshe.Na妊娠初期を進めてまいります。

胎児をうまく発達させるためには、小さな体力が必要です。彼らは血液循環、細胞の栄養を改善します。したがって、果実は有用な物質を欠いておらず、十分な量の酸素を受ける。妊娠中にどのようなスポーツをすることができますか?

あなたが正しいタイプの訓練を選択した場合、あなたは朝病、毒物症を発症しません。個々のスケジュールはコーチを作るのに役立ちます。

どんな身体活動を避けるべきですか?

妊娠初期に運動することはできますか?

身体はどのような負荷がかかりますか?計画や妊娠中にすべてのスポーツが許可されるわけではありません。パラシュートでジャンプし、空手、ボクシング、乗馬に従事することは禁じられています。これは、そのような運動が非常に外傷的であり、胎児にリスクを負うためです。

絶対に、自転車、スキー、ジャンプに乗って水の中にダンスエアロビクス、長距離走、ダイビングに従事することはできません。

プレスのストレスを誘発したり、ストレッチしたり、マハや屈曲と関連している演習は禁忌です。

何をすることができますか?

彼らがもっと歩くと、妊婦の健康が向上します。これは最も手頃な負荷で、胎児にとって有用です。あなたは計画の始めから始めることができます。ゆっくりと歩く必要があります。散歩には、静かな通り、公園、広場を選ぶ方が良いでしょう。しかし、あなたが快適な靴と暖かい服を世話する必要があることを忘れないでください。

医師は、中断の脅威にさらされている女性のために、歩き回ったりフィットネスレッスンを行うことを控えます。彼らは寝たきり姿勢で示され、どんな活動でも悲惨な結果につながる可能性があります。

妊娠初期に運動することはできますか?

妊婦は階段を歩くのに便利です。これをゆっくりと行い、呼吸が離脱しないようにします。いつもあなたの鼻を通って呼吸してください。口を開ける必要はありません。

妊娠前にスポーツに積極的に関わっている場合は、トレーニングの強度を下げるべきです。そして、赤ちゃんの概念の前にあなたがスポーツをするのを迷惑しなかった場合、負荷を徐々に増やすべきです。

アクアエアロビクスや水泳の位置にある女性に特に便利です。

水の中では、筋肉がリラックスし、脊椎の負荷が大幅に軽減されます。水中のすべての動きは筋肉を強化し、血液循環を改善します。少数のセッションの後、女性は彼女の健康が著しく改善し、浮腫は減少し、食欲は回復することに気づく。しかし、プールの水がきれいであることを確認することが重要です。

妊婦のためのヨガと体操

多くの種類のヨガがあり、コーチは妊婦のための複合施設を習得するのに役立ちます。エクササイズは、母親の健康と胎児の発育に有益な効果をもたらします。コンプレックスには背中で行わなければならないポジションは含まれていません。授業は、適切に呼吸してリラックスさせる方法を女性に教えることを目的としています。

手順を実行すると、腹筋をひどく歪ませたり、靭帯を強く伸ばすことはできません。あなたが
あなたはすべてのことを正しく行うでしょう、赤ちゃんは彼が必要とする酸素を得るでしょう。

妊娠初期に運動することはできますか?

特別な体操は別の有用な練習のセットです。これは、赤ちゃんを運んでいる女性の体のすべての特性を考慮に入れて設計されています。練習は、呼吸器系や血管系、心臓の働きを正常化させ、腹部と骨盤の筋肉を強化します。

出生時に、会陰の筋肉にかかる負荷は非常に大きいので、フィットボールの実践的なエクササイズです。これは大きなボールです。彼らのおかげで、柔軟性と強さが発達し、背中の痛みが軽減され、圧力は正常化します。

テニスをすることは禁止されていません。しかし、あまりにも関与しないでください。トレーニングは激しくはありません。あなたは突然の動き、かわいそう、ジャンプをすることはできません。

妊娠5ヶ月後、運動をやめなければなりません。

あなたは何を考慮する必要がありますか?

トレーニング用の服は快適で快適であることに注意してください。動きを妨げてはいけません。これは靴にも当てはまります。通りが冷たいなら、帽子とスカーフを忘れないでください。

最大8ヶ月間、体に適度な負荷を与えることができますが、セッションが終了すると終了します。練習中に気分が悪くなったり、息苦しさや息苦しさ、筋肉痛がある場合は、トレーニングを続けることはできません。

禁忌の対象は誰ですか?

女性が妊娠中に慢性的な病気や病気を発症した場合は、医師に相談した後にのみ行えます。

禁忌には以下のものがあります:

妊娠初期に運動することはできますか?
  • 膿疱性または炎症性プロセス;
  • 慢性の虫垂炎;
  • 毒素症;
  • 血まみれの放電;
  • 多汗症;
  • 腎臓の問題。

覚えておくことが重要です!

妊娠中のスポーツは便利ですが、専門家が主に推奨することを知る必要があります。

妊娠初期に運動することはできますか?
  • 高いカーディオパッドは禁忌です。心臓は2人のために働きます。
  • エクササイズをすると怪我をすることがあります。
  • 過熱は胎児への血液供給を妨げる。
  • 将来の赤ちゃんの健康を危険にさらすことよりも安全である方が良いです。
  • 専門家に相談し、検査のために彼に行くことを忘れないでください。

スポーツや妊娠中の運動は楽しいはずです。

女性が気分が悪ければ、彼女が練習をするのは難しいですし、訓練をやめる必要があります。

あなたの妊娠と成功納品を落ち着かせてください!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

8 + 2 =