妊婦の副鼻腔炎からのIsofra(フレーセセチン) - リスクは正当化されていますか? | pangudownloads.com
私はママです!

妊婦の副鼻腔炎からのIsofra(フレーセセチン) – リスクは正当化されていますか?

あなたは寒いですか?遺伝性紅斑は、補充の期待の幸福な期間に現れましたか?急いで医者に行ってください。危険な薬の予約を受けたら、胎児への影響についてもっと調べてください。この記事では、「イソフラ」スプレーが将来の赤ちゃんの健康の妊娠にどのように影響するかについて説明します。

リスクのある局所抗生物質 "Isofra"を滴下またはスプレーする

妊婦の副鼻腔炎からのIsofra(フレーセセチン) - リスクは正当化されていますか?

これは一般的な治療法であり、その中で人が害について考える人はいませんが、育児期の女性は緊張して治療前に見つけなければなりません。 "私は妊娠していますか?".

一般的な風邪および副鼻腔炎からのこの薬剤は、Framichetin(抗生物質)の抗菌薬に基づいて作られています。そして、これは、あなたの体は、病気を克服する助けを受けるだけでなく、毒素の用量を得ることを意味します。これはどのように胎児に害を及ぼす危険性を伴うのでしょうか?

医師はグループの位置に女性を規定しているすべての - A、B、C、DとX.何かがXに属している場合、それはあなたが鉄の保証を持っていることを意味し、どんな胚、胎児および将来rebonochkuを害するませんあなたはトリメスターを持っています。これは専門家によって割り当てられません。

残りのグループは任命することができますが、より重要なもの、つまり母親の生活や赤ちゃんの健康への脅威を重視しなければなりません。

FramicetinはD群に属するアミノグリコシドであり、薬剤師は子宮内の一部の子供にその使用が十分に反映されていないという信頼できる情報を持っています。グループXとの違いは、これは害の保証ではなく、そのリスクであるということです。それは言ったようです:あなたはFramichetinで治療されていますが、この薬の影響下で生まれた子供の発症や病気の遅れのケースがあることを知っています。それは、妊婦のためのphramycetinです。

性転換症の治療を拒否することが可能かどうか?

処理されておらず、増幅さ副鼻腔炎または鼻炎は、副鼻腔炎が終了する可能性がある、すなわち、感染は、鼻組織にさらに深く行きます。

未治療の胸焼けの最も嘆かわしい結果は次のとおりです:

妊婦の副鼻腔炎からのIsofra(フレーセセチン) - リスクは正当化されていますか?
  • 頭蓋骨に膿を注入する。
  • 血液の感染;
  • 脳の炎症;
  • 心臓への感染;
  • 避けられない腎臓損傷。

しかし、これらの恐ろしい結果はどこからも取られず、夜通し起きることはありません。あなたも医者でもないが、それを許可されません - あなたは医師の診察をして技術を逃してはいけない場合は、確かに来ることはありません例ほとんどの急性期までの寒さとそうでない場合は、自分の健康の世話に対して、保護します。

私は抗生物質で治療を受けなければならなかった

抗生物質療法がなければ、体は感染を打ち負かすことはできません。あなたはENTによってこれについて知らされ、おそらく局所抗生物質を処方するでしょう。それに同意すると、妊娠と幸福の期間、あなたの状況を慎重に検討してください。

この時期に妊娠する可能性を排除しない、または妊娠を待っている女性のための推奨事項:

  • 新しい人生が子宮内で起こっていないことを確信していない、抗生物質を拒絶し、洗浄、加温、すすぎなどの非侵襲的ENT処置を指す。
  • アミノグリコシドによる処理を拒否すると、特に、 アイソフラ 妊娠1ヶ月で;
  • 取る アイソフル 第2期の妊娠中に、妊娠中の胎児にもたらす薬の約束とリスクを慎重に調べる。
  • コースを修了する アイソフラ 3週間に3回妊娠してから、9週間前に服用してください。
  • 抗菌薬を混合しないでください。複数の抗生物質を服用しないでください。
  • 最低有効量を選択してください。

医師は、治療のリスクと非治療の害について知らせるべきです

妊婦の副鼻腔炎からのIsofra(フレーセセチン) - リスクは正当化されていますか?

おそらく、あなたが興味深い状況で抗生物質を考えているなら、彼らは言うとおり、 「押された」. 誰もが化学物質由来の抗菌薬の体に害を知っている - それはタマネギよりもタマネギやニンニクのにおいが良い "化学". しかし、人々の手段が無力ならば、重い砲兵が戦闘に参加します。

私たちは、妊婦のための抗生物質に関して特定のポジションを受け入れるか拒否するようにあなたを説得しようとはしません。その

あなたは将来の赤ん坊の人生と健康を担当しています。しかし、法律では、医師と医療機関の施設から完全かつアクセス可能な医療情報を提供する権利があります。

リスクを理解していないと、あなたは無力な立場に留まり、将来はあなたの将来がその事件によって支配されます。したがって、私たちはその状況下で私たちのコントロール下にいなければならず、医師には徹底的に、そしてわかりやすい言葉ではなく、あなたに理解可能な言葉で答える必要があります。

薬に関する情報は薬局の薬剤師が提供するだけでなく、指示書やインターネットや医薬品の参考書にも記載されています。

妊婦の副鼻腔炎からのIsofra(フレーセセチン) - リスクは正当化されていますか?

あなたが供給し、今保有し、将来の出産に影響を与えるであろう、あなたの健康が危険にさらされていることを認識した場合 - 医師があなたのために見つけた場合は、しかし、実績のあるリスクグループCまたはDで薬を選択する権利を持っている代替治療を、彼らを危険にさらすために急いではありません子供、滴以外のものを試す アイソフラ 早い妊娠で。

要約すると、次のことが言えます。質問への答えは、ドリップすることが可能ですか? アイソフル あなたが現在副鼻腔炎または副鼻腔炎を治療することができないかどうか、妊娠中の(またはスプレーの使用)反対の答えになります。

医者があなたの寒さを伝えたら "Can" - あなたは抗生物質について話している "それは不可能です".

逆に、耳鼻咽喉科医が無視できないあなたの健康への脅威を見た場合、有害な抗生物質があなたの体に入ることに同意する必要があります。

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

5 + 2 =