私はママです!

子供の拒否:責任の一部を削除しない致命的なエラー

人生では、さまざまな状況がありますが、道徳的な観点から子供の拒絶は単に不可能であると正当化する。しかし、拒絶"彼ら自身の子供から、家族のコードによって提供されていません。それにもかかわらず、現代社会におけるこの現象は、それほど驚くことではありません。

若いカップルは、避妊を無視し、しばしばそのような "ティックリス" 状況、赤ちゃんの誕生のように。子どもの責任負担を引き継ぐ準備ができていない、または財政的にそれを提供することができないので、悲しみの両親は病院に拒否の背中を書こうとします。また、フリップフロップや衣服などでそこから逃げ出したり、赤ちゃんの出生証明書を発行する機会を与えない人もいます。

法律は何を言いますか?

子供の拒否:責任の一部を削除しない致命的なエラー

子供の拒否のプロセスは法律では規定されていません。技術的に、あなたはまだ規制要件に従ってフォームに必要事項を記入する権利を持っており、それが合法的に認定されたときに、それが発効することである。しかし、あなたは子供への親の権利を失います。

早めに喜んではいけません。家族コードはすべてのニュアンスを提供しています。子供の拒否を正式に正式にする方法を学んだとしても、その内容に対する責任から免除されることはありません。

さらに、あなたは自分の養育に参加しなくてはなりません。もはや母親や父親ではありません。

胎児から失敗の手順は公証人や弁護士に今日、ロシア連邦の法律によって提供されていないという事実にもかかわらず、ますます文書を保証したい若者を回っています。

病院での赤ちゃんの拒否

母性病院の若い母親による児童の拒否、または新生児の病理の分離は、珍しいとは言えない現象です。最も嘆かわしいことは、多くの新しい母親が、保護施設がすぐに養子になる機会を得るために赤ちゃんを飾ることさえできないということです。 "カッコウ", 病院から不法に逃げ出し、実際には孤児院への新しい命を奪った。

子供の拒否:責任の一部を削除しない致命的なエラー

正式には、どんな女性も病院での子供の拒否を公式化することができます。そして、これは、あなたの人生の残りの部分について痛いほどの後悔を話していないならば、とても簡単な手順です。あなたはそのような拒否をどのように子供から書いていますか?手作業による伝統的な伝統的なステートメント。

この書類は、子供のための他の書類と一緒に、後見機関に送られます。そして非常にクラムでは、今や1つの道があります - 赤ちゃんの家へ。母親が自発的に決定した場合、州はそれを提供する義務があります "二度目のチャンス".

配達から6ヶ月以内に、彼女は適切な施設から赤ちゃんを連れてくることができ、ケースを逆の動きにすることができます。

そのようなケースが多く、その理由は、出産後うつ病またはそのような重要かつ責任ある出来事の前夜に夫の撤退である。母親が赤ちゃんを返却することを決めた場合、別の紙の赤いテープが続きますが、子供は返却されます。

一年のうちに帰ってきて、母親から自分自身を離そうとしないと、彼女は自動的に親の権利を失う。この場合、クラムは一時的な保護者を任命することができます。

子供の拒否:責任の一部を削除しない致命的なエラー

後見権は父親と一緒に残っています。母親との喧嘩があれば、子供を連れて行くことができます。多くの近親者もまた、後見権を持ちますが、関係当局の正式な許可がある場合に限ります。

ところで、赤ん坊の家への赤ちゃんの移転は可能であり、その状況下では、女性が単に子供と一緒に行くことができない場合、不正に行くことができ、そして出産の女性に圧力をかけるために、彼女は失敗を書く作り、どちらか自主的に採用の可否に署名ようにマーキング。

実際、若い母親は毎日子供を訪問し、母乳で遊んで、遊んで歩く権利があります。そして、彼女は住宅の条件があるとすぐに、それは何の障害もなくそれを取ることができます。あなたが後見当局によって圧力を受けている場合、この事実を考慮に入れてください。 6ヶ月になるまで誰もあなたから子供を連れ出す権利はありません。そして、彼らの恐ろしい寓話はすべて、自分自身に迷惑をかけないで 「拒否」.

子孫を放棄する決定はあなたが非常に冷静になった場合は、注意深く慎重に、あなたはより良い多かれ少なかれ高貴を行うには、孤児院に赤ちゃんを非難しません。

  • 後見権限に協力する。
  • あなたの名前とパスポートの詳細を隠してはいけません。
  • 赤ちゃんのための出生証明書を作る;
  • 子供の正式な拒否を書く。
  • 弁護士にあなたの採用の許可に関する文書を確認してください。

あなたがこれをしないと、書類作成が1年以上続くかもしれませんし、子供は本格的な家族を見つけるチャンスがはるかに少ないでしょう。

父親の拒否

原住民の父親による子供の拒否は、母親からの放棄よりもずっと頻繁に出会う。非常に若くて成熟した父親は、子供の人生には何も関わりたくありません。彼らは母親を脅かすようになり、子供の父親放棄と引き換えに強制的に扶養を拒否するようになる。

子供の拒否:責任の一部を削除しない致命的なエラー

悲しみパパはあなたを押して執行令状を取ることを要求することもできますし、裁判所に行かないこともできます。そして、非常に頻繁にそのようなオスのトリックが働きます。

不幸な女性が少ないために解決し、状態からわずかな手当を取得することに合意したが、司法vzyskatelstvoの慰謝料などの恥ずべき手続きを取ることはありません。

実際、子供のための児童扶養の拒否は、彼を拒否することだけでなく不可能でもあります。もちろん、 "パパ" 法廷にこれが彼の子供ではないことを長い間証明することができますが、今や最短時間でこの事実を確認または否定するために自由に利用できる分析があります。もちろん、子供が本当に男性と何の関係もない場合、誰も彼が年を取るまで子供を飼うように強制しません。しかし、それが実際の父親であれば、彼は法律で義務付けられています。

すべての当事者が、彼らが家族ではないことを友好的に決定した場合にのみ、婚姻義務を負う義務が生じます。母親が赤ちゃんを養子にしたいと思っている別の男を見つけたとします。この場合、父親は熱心に代償を支払うことを避け、他の親が養子縁組を同意することを公証する必要があります。他のケースでは、たとえ父親が親の権利を奪われても、彼は彼にお金を払う義務がありますが、唯一の違いは、彼に会う権利がないということです。

覚えておくことは重要です。善良で強制的に親の権利を剥奪された親でさえも、過半数の瞬間までに子供を適切に支援する責任は免除されません。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 1 = 1