新生児の熱交換の特徴またはなぜ赤ちゃんがかき混ぜるべきではないか | pangudownloads.com
私はママです!

新生児の熱交換の特徴またはなぜ赤ちゃんがかき混ぜるべきではないか

多くの若い母親は、なぜ彼らの赤ちゃんがいつも冷たい四肢を持っているのかという疑問に困惑しています。もちろん、最初に気になることは、赤ちゃんが病気であるか、寒いことです。母親はできるだけ緊密に包み込むように急いでいます。

事実、新生児の体温調節のプロセスはまだ規制されていない。子供たちは積極的に動かないので、寒い肢は正常です。これは産科医とセラピストによって確認されます。

なぜ赤ちゃんは冷たい手足を持っていますか?

子供の健康に戸惑う – それは普通ですが、それをやりすぎてはいけません。子供たちは、すべてのプロセスが順調に進まず、まだ調整されていないプロセスもあります。例えば、熱交換および体温調節のプロセスは、1年後、最大1年および6ヶ月後にのみ正常である。

したがって、部屋は暖かく、小さな指はまだ冷たく湿っていることがあります。これは、標準を超えていません。赤ちゃんが体内で完全に形成されたシステムとプロセスではない間に、クラムウォーマーを着用して包みます。

赤ちゃんがいつも冷たい手足を持っているなら、これは病気になりますか?

クラムの手足がまだ非常に寒いと思う場合は、他の倦怠感の兆候があることに注意する価値があります。

これは病気の指標となる可能性がありますが、追加の症状がある場合に限ります:

新生児の熱交換の特徴またはなぜ赤ちゃんがかき混ぜるべきではないか
  • 赤ちゃんの体温が正常値を上回っています。
  • 赤ちゃんは常に泣いている。
  • 赤ちゃんはよく食べない。
  • 体には別の種類の発疹や炎症があります。

絶対にすべての症状のがある場合は、医師にご相談ください。おそらく、あなたのpipsqueakは風邪を引きました。食欲や皮膚が正常であれば、赤ちゃんは、自律システムと熱伝達プロセスはまだ完全に形成されていないことに起因寒さとウェットのペンです。

赤ちゃんの生物は、環境条件に素早く適応する方法をまだ知りません。つまり、適応はすぐには起こらないということです。列挙された症状のすべてがあるべき場所を有する場合にのみ、セラピストを見ることは価値がある。

凍った子供を温かくしたいという欲求の中で、しばしば高齢者から孫に不健康なケアをすると、体温調節の形成に真の混乱を招く可能性がある。したがって、将来、子供は風邪に対する免疫力が弱く、しばしば病気になります。足を包み込むための過度のぬかるみや躁病は、赤ちゃんのおむつの発疹を引き起こす可能性があります。

赤ちゃんが本当に寒いかどうかを判断するには、熱をハンドルの指で測定するのではなく、乳房で測定すべきです。それを手の甲に触れてください。手のひらと赤ちゃんの胸の温度が同じであれば、そのような場合には、それを包み込む必要はありません。

体があなたの手のひらよりも寒い場合は、次のようにします。

  • 暖かい毛皮の手袋または柔らかい、身体に優しい布で肌をこすりますが、それをやりすぎないでください。
  • フリースやフランネルの生地から暖かく保つものにクラムを入れる。
  • 毛布で覆う。

クロハは必要な暖かさを受け、静かに眠りにつきます。もしあなたが彼の横に横たわっていれば、それはさらに良いでしょう。新生児を温かく安心させる最も信頼できる方法は、母性保健です。

寒い四肢をこする方法:血液循環のプロセスを安定させる

新生児の熱交換の特徴またはなぜ赤ちゃんがかき混ぜるべきではないか

子どもの体温調節システムが正しく形成されるようにするには、なぜ赤ちゃんが再び冷たい手を持っているのか、それ以上の質問をしなければなりません。体操、こすりとマッサージが必要です。後者は体の活力を与え、筋肉系を発達させ、強化し、熱交換を安定させる。

体操は初日からのケアの手入れの必要な部分です。赤ちゃんの四肢の軽い交互運動は、血液を温め、筋肉の色調を正常に戻します。

子供が環境の温度に慣れさせることが重要です。造影剤浴を使用し、小さなものを裸にして、広い袋を使用してください。温度のコントラストは熱交換の仕事を活性化します:細孔と循環系は収縮し、膨張し、体内の血液の流れを活性化します。これは、赤ちゃんがおなかの母親よりも快適ではない環境に適応する方法です。

家庭では、控えめな控えめではなく、薄いミトンと暖かい靴下で暖めます。この場合は、近くのスライダーやセーターでは着ないでください。そうすれば、より寒くなります。赤ちゃんのお風呂で冷たい指と脚をとった後、厚手の暖かいタオルで揉んでピンクにします。

急冷手順のボディマッサージやエクササイズ – 熱伝達要素を確立するには、赤ちゃんに必要とされています。しかし、そのようなそこに悪いなど、寒さのハンドルに加えて、乳幼児などの症状に存在する、場合が多い泣いて、気分の変化は常に、なぜこの出来事は、唯一の検査後にご出席の小児科医で答えることができます。

赤ちゃんの場合、間違いを犯すのは簡単です。赤ちゃんの状態を見ても、過度に過ごしてはいけません。そして心配な質問では、子供の相談に連絡し、アマチュア活動に従事しないでください。

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

74 − 69 =