新鮮なピクルスとキュウリとトマトの母乳育児 | pangudownloads.com
私はママです!

新鮮なピクルスとキュウリとトマトの母乳育児

医師は、授乳中の母親が住む気候ゾーンで成長する季節の野菜を摂取することを勧めています。それから、多くの製品が試してみることのないような少量の余裕があることが判明しました。

この予防措置は、トマトとキュウリのCISのヨーロッパと南部の一般的な野菜に適用されますか?それは授乳中の母親のために可能ですか?

野菜の有用な特性 – トマトとキュウリ

キュウリはヒッポクラテスの時代から栽培されていました。そして、それらはすでに内部と外部の若返りのために使われていました。

この野菜は多くの有用な物質を含んでいます:

新鮮なピクルスとキュウリとトマトの母乳育児
  • ビタミンA、E、C、複合体B;
  • 微量元素 – カリウム、カルシウム、リン、マンガン、銅などが少量含まれています。

それらは水で簡単に消化され、野菜は90%です。

緑色の色は、製品使用時にアレルギー反応のリスクが最小限であることを示します。貯蔵寿命に応じて、キュウリはその性質を変える。

若くて水分が多く、利尿作用を発揮し、成熟した状態で横になり、繊維とペクチンが蓄積します。便秘に苦しんでいる人にとって便利です。

小さなカロリーにはトマトもあり、ミネラルの組成はキュウリに似ています。主な違いは、有機酸 – レモンとリンゴ、日常的なカロチンが多く、ビタミンCが緑色の野菜よりも少し多いことです。微量元素の内容:カリウム、リン、鉄、ビタミンPのために、彼らは代謝プロセス、腎臓や関節疾患、血管や心臓の病気に違反して食事に導入することをお勧めします。

だから、授乳中にこのような有用な食べ物を使うときは、なぜ慎重に使うのですか?子供の腸の危険性は何ですか?

母乳育児のニュアンス

なぜこのダイエットに導入する前に、またはその種の製品、授乳中のお母さんが尋ねる、それは可能ですか?新鮮なキュウリ、トマト、他の野菜、彼らはどのように子供に行うことができますか?

新生児の消化管は最終的に3年で形成されます – それは完全に有用な植物で占められています。成人向け製品に適応し、6ヶ月以内に赤ちゃんを獲得します。開発の初期段階では、母親の食事中の各新製品は、 “原材料” 未熟な消化管に影響を与える。

新鮮なピクルスとキュウリとトマトの母乳育児

キュウリを含む生の野菜は、母親と同じように子供に影響を及ぼすだけで、より顕著である。新鮮なキュウリは利尿効果があります – したがって、赤ちゃんの赤ちゃんの排尿が増加し、これは水 – 電解質バランスの変化を伴います。少し横たわって、野菜には繊維、ペクチン、糖の蓄積量が増えます。新生児は新陳代謝を加速し、腸ではガスが蓄積し始めます。

新生児でしばしば起こり、治療を必要としないが身体的苦痛をもたらす疝痛 – 生理学的疾患の頻度は増加している。

そのような違反のトマトは誘発しない。最近では、消化器や血管の問題の病歴のある人のために食事をすることが許可されていて、少量の食事で赤ちゃんの腸は、トマトに特定の色を与える物質ではない場合、管理していました。トマトの明るい色は、カロチンとアレルギー反応のリスクを高める化合物であるリコピンが必要です。

授乳中の母親が新鮮な野菜を食べることが可能かどうかは、実験的にのみ決定されます。少量の食事で、新製品、言い換えれば一枚を紹介し、一日待つ、どのような反応が赤ちゃんに起こるか。すべて正常です – メニューには、指定された種類の製品があります。

午前中と昼間に、看護婦は2-3の中型のキュウリを食べることができます。トマトは一人で食べることができますが、小です。酸とリコペンとカロチンは、この野菜を授乳中の母親の給餌に望ましくないものにします。

ホームブランク

あなたが本当にしたい場合は、塩漬けまたはキュウリを授乳することが可能ですか?

新鮮なピクルスとキュウリとトマトの母乳育児

塩漬けの野菜は、新鮮なものに含まれているすべての有用な物質だけでなく、ビフィダム菌のために新しいものを取得し、その組成を保持するだけでなく、マグネシウム、カルシウム、カリウム、リン、ヨウ素に加えて、ビタミン複合体、乳酸が添加され、消化過程が正常化します。ピクルスには、大腸炎と鼓腸を排除する、より有用な繊維と生物学的に活性な細菌があります。

保全のために使用される塩含有量の増加のために注意を払うべきである。

それは体内の体液貯留を促進し、利尿作用を排除します。だからこそ、ダイエット中の彼らの数は制限されるべきです。

水と電解質のバランスに反したミルクの生産は減少し、完全に制動することができます – 子供は空腹のままです。牛乳は87%の水であり、その欠如により品質が低下しています。

町の人々は、塩漬けのキュウリを食べると、牛乳が濃くなると信じています。これは真実ではない – それは小さくなり、赤ちゃんは食べない。母親が自宅の準備なしで存在しない場合、彼女は食事を調整する必要があります。

液体の量を増やして食物の体系を拡大することは無駄です。塩は依然として水に結合します。代謝プロセスを正常化する唯一の方法は、他の食器の塩の量を減らすことです。この場合、ママはどんな漬物を食べる機会を得て、子供は苦しまないでしょう。

私はキュウリを食べることができますか?

ビレットのためのマリネは必然的に酢またはクエン酸とペッパーの量を増量しています。野菜は加熱処理され、その間に有用な微量元素やビタミンの一部が失われます。漬けたキュウリの味は、塩漬けよりもはるかによく見えるかもしれませんが、恩恵はありません。

しかし、酢やクエン酸が含まれているため、赤ちゃんの体に悪影響を及ぼし、アレルギー反応のリスクが高まり、ガスの生成が増えます。

新鮮なピクルスとキュウリとトマトの母乳育児

授乳期間中、キュウリは3-4ヶ月より早く摂取すること、または6ヶ月間控えることは勧められません。ブラインは、ピクルスから残って、有用な製品と考えられています – それはカリウム、酵素要素、調理に使用されるハーブの精油で飽和しています。あなたは、あなたの食欲を増やすためにいくつかの飲み物を許可することができます – 授乳中の女性は十分な味がありません。酢を入れたマリネは絶対に食べることはできません – それは残念ながら注がれるべきです。

授乳メニュー

授乳中の母親のための毎日のメニューを作ることは、責任ある仕事です。この段階では、食物の必要量が増えます。食べ物は母体に有用物質を補充し、母乳の産生を促進し、乳児の消化を正常化する必要があります。さらに、母体中の水 – 電解質バランスは変化しないままであるべきである。

これらの要件に違反した場合は、次のようなことがあります。

  • laktokriz – 生成されたミルクの一時的可逆還元。
  • ヘペラガラティア(hepergalactia) – 牛乳の分泌が増加し、その性質が悪化する。
  • hypogalactia – 不十分な牛乳生産。

シャープで塩辛い料理が液体に結合し、寒さが現れることがあります – この状態では、牛乳の生産は完全にブロックされます。

授乳中の母親は、食事を監視し、アレルゲンであるか、赤ちゃんの不快な症状を引き起こす食品を避けるべきです。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 36 = 46

Adblock
detector