早期の妊娠の温度 | pangudownloads.com
私はママです!

早期の妊娠の温度

妊娠は女性の特殊な状態です。この期間中、将来の母親は自分の健康を心配し、体内で起こる変化のために経験しています。体温の上昇はさまざまな要因によって引き起こされます。そのような生物の反応は正常とみなされます。感染症や病気は胎児に危険をもたらす可能性があるため、妊娠中の体温は女性に不安を与えます。

温度に対するホルモンの背景の影響

早期の妊娠の温度

状態の女性はしばしば考える:妊娠中に熱があり、それはどれくらい危険なことができますか?

各生物は個体であり、健常人の指標は異なるかもしれないが、通常は36.6℃と見なされるが、それはむしろ恣意的である。

プロゲステロンが産生されると、起きる可能性があります。このホルモンは、胎児を保存する役割を担っています。したがって、早期の妊娠中37〜37.4℃の温度が通常と考えられている。

この期間中の女性の中には、体が内側から燃えていると感じる人もいるし、冷却したい人もいます。しかし、気分が良くてARIの症状がなくても、あなたの健康を過度に治療しないでください。悲しい結果につながる可能性があります。妊娠中は、免疫力がやや弱まり、体は様々な感染症や病気に罹りやすくなります。

妊娠中の温度の危険性は何ですか?

多くの場合、女性は安全と考えられる妊娠の温度を考えます。医師は、初期段階では37.4°Cまでの指標が標準であると言います。インジケータが38℃以上であれば、赤ちゃんの将来の健康に悪影響を及ぼすことがあります。

体のほとんどのシステムは、受精直後にすぐに産卵されるため、妊娠中の熱は奇形を引き起こす可能性があります。 38.5℃の値を1日以上保持すると、重大な結果につながる可能性があります。

妊娠が危険な場合、温熱療法はタンパク質の合成を妨げるため、胎盤の血液供給を悪化させ、早産を招くことさえあります。初期の段階では、時には流産を引き起こす。

妊娠中の発熱の原因

妊娠中、体は外部から来る細菌やウイルスだけでなく、内部で産生される発熱物質にも反応します。

したがって、医師は温度値の上昇に影響を与えるいくつかの要因を特定します。

早期の妊娠の温度
  • 感染によって引き起こされる炎症過程;
  • 内分泌疾患;
  • ホルモンの背景の変化;
  • 血液疾患;
  • 神経学的性質の病理;
  • アレルギー;
  • 自己免疫疾患。

温熱療法は、体の反応や代謝過程の速度を高め、汗や尿とともに有害物質の放出を速め、血液循環を改善する保護メカニズムです。しかし、その温度では、妊娠中の女性の体内の多くのプロセスが中断される可能性があります。これは胎児の奇形を引き起こす。

第2期の妊娠中の体温

13〜24週間続きます。この時間は、未来の母親のために有利であると考えられている:それはもはや毒物症に悩まされず、めまいが止まり、おなかはすでに目立つが、依然として不快感を引き起こさない。胎児にとっては、この期間は非常に重要です:彼の脳はすでに発達しており、赤ちゃんは動き始め、特定の動きをすることができます。

およそ16週で、胎盤障壁の形成が終了する。今、彼は胎児への酸素の供給を担当しています。胎盤は赤ちゃんの栄養に参加するだけでなく、感染の侵入を防ぐ保護機能も果たします。もちろん、これらすべての変化は女性の体に反映されます。まず、第2期に妊娠中の高体温で発現します。

早期の妊娠の温度

原則として、この期間に体温計の指標は36.6℃を超えませんが、時には妊娠時に37℃になることがあります。鼻水や咳など他の病気の症状がなければ病理ではありません。

第2妊娠では、体の個々の反応によって高体温が引き起こされる可能性があります。女性がうまくいけば、心配する必要はありません。しかし、腹痛や一般的な倦怠感がある場合は、医者に診て診察を受ける必要があります。

妊娠中に体温を下げる方法は?

温熱療法は、慢性疾患を含む重篤な疾患を示すことができる。それはどんな場合でも無視することはできません – これは合併症につながります。熱には、ヘルペス、腎盂腎炎、結核、急性中毒などの疾患が伴うことがあります。自己投薬をしないでください。助けを求めるなら、専門医に相談することをお勧めします。

温度が38℃未満の場合は、ノックダウンする必要はありません。液体を、より頻繁に飲み込んで、しばしば前提を空にして、草から治癒用ブイヨンを作る必要があります。主な仕事は、適切に汗をかくことです。しかし、すべてのハーブが妊娠中の女性に適しているわけではないことを忘れてはならないので、使用前にその特性を慎重に調べる必要があります。

2回目の妊娠中に妊娠中の体温が38℃以上に上昇すると、投薬が必要になります。この期間中、プロゲステロンの作用が止まるので、高熱は感染または疾患によって引き起こされる可能性が最も高い。健康状態が悪い時、めまい、衰弱、嘔吐、痛みがあるときは、すぐに “応急処置

早期の妊娠の温度

一番安全な解熱薬の一つはパラセタモールです。しかし、多くの患者は催奇形性を有しており、胎児に病理を引き起こす可能性があるため、医師に相談した後にのみ、すべての薬剤を服用しなければならない。 nurofen、analgin、またはaspirinは使用できません。

妊娠中、レボマイシン、ストレプトマイシン、テトラサイクリンを含むすべての薬物は禁忌である。

すべての女性は、妊娠中に気温を落とす方法を知っている必要があります。レモンジュースで酢や水で拭き取ることができます。モール、緑茶、クランベリーやリンデンをベースにした飲み物など、たくさんのものを飲むことが非常に重要です。あなたが24時間以内にそれをノックダウンすることができない場合、あなたは常に医者から助けを求める必要があります。

あなたの状態を把握し、悪化し始めるとすぐに医師に相談してください!あなたとあなたの子供に健康!

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

35 − = 27