私が妊娠している間は、どのような痛みを訴えることができますか? | pangudownloads.com
私はママです!

私が妊娠している間は、どのような痛みを訴えることができますか?

多くの人が主張しますが、妊娠は各女性の生活の最中です。しかし、時にはそれは、誰にも特有の不快な痛みを伴う感覚によって覆われることがあります。私たち一人ひとりが痛みを感じることが知られています。それらの強度は常に異なり、病変の性質および程度も異なる。

このような状況の多くは、既知の効果的な方法を駆使して戦っています。しかし、妊娠中の女性に痛みが現れた場合、どのように行動するのでしょうか?女性が妊娠中に麻酔薬を飲むことは可能ですか?

妊娠中に麻酔することができる薬物

私が妊娠している間は、どのような痛みを訴えることができますか?

これらの質問は誰もが直面するものではなく、妊娠中の女性の多くは単に何をすべきか分からず、胎児を傷つけることなく妊娠中に麻酔薬を使用することができます。

この場合、多くの場合、子供に害を与えないために、時には非常に強い痛みに耐えることを好む。

今日、鎮痛薬と呼ばれる鎮痛薬のいくつかのグループがあります。彼らは麻酔だけでなく、温度を下げるために、抗炎症効果を持つことができます。

ただし、胎児の発育リスクや胎児の健康を排除するために医師の許可を得た後でなければ、飲酒することはできません。

妊娠中の女性の使用を禁止していない薬の1つがパラセタモールです。頭痛、風邪、熱などに使用できます。肝疾患のある女性にパラセタモールを服用しないでください。

最大限の注意を払って、妊娠中の局所使用にイブプロフェン、ジクロフェナク、麻酔薬の軟膏を使用することができます。それらのうちのいくつかは、特定の妊娠期間にのみ使用することができます。そういうわけで、医師の相談はとても重要です。

母親の中の赤ちゃんが妊娠中に歯を麻酔するのはどれくらい安全ですか?歯痛は最も一般的な問題の1つです。それであなたは歯科医院でしか戦うことができません。この場合、鎮痛剤は歯が痛むと一時的な手段としてのみ使用でき、医師との会合を待つことができます。

どの薬を慎重に使用すべきですか?

痛みを取り除くための薬剤として、アナルギンがよく使われます。しかし、子どもの保有期間中は、子宮内発育に影響を及ぼすため、この薬は禁忌である。

ジクロフェナクで構成されているような鎮痛剤は、医師と相談した後、慎重にのみ第一又は第二の学期ではなく、妊娠中に使用することができます。妊娠後期では、固く禁じられています。

鎮痙薬の使用

痛みが自然の中で痙攣であり、平滑筋のストレスによって引き起こされる場合には、このような無スパ、パパベリンなどの薬物を使用することができます。それは専門家によって推奨されるよう妊婦は、このツールの安全性を心配することはできませんので、パパベリンは時々、子宮の増加トーンのために処方されています。

軟膏の使用

私が妊娠している間は、どのような痛みを訴えることができますか?

麻酔のための軟膏は広く普及しており、非常に人気があります。しかし、妊娠中にそれらを使用することは極度の注意を払って行うべきです。禁止の下では、妊娠中の鎮痛剤があり、これにはヘビとハチ毒が含まれる。

現時点では、子供は非常に敏感なので、これらの生物学的に活性な物質は、彼のためのアレルゲンになることができます。筋肉や関節の痛みの軟膏は、第1および第2妊娠時にのみ採取することができます。

C女性のために妊娠中にどんな種類の鎮痛剤を使用することは禁じられています:

  • 病院での緊急入院の場合。
  • 妊娠している女性に起こる臨床像に、その使用を潤滑することができる場合。

腹部の痛みには特に注意する必要があります。これらが急性の引っ張り痛である場合、血液の混合物を伴う性器路からの排出が観察され、この場合、唯一正しい解決策は病院に行くことであろう。

妊娠の後半に頭痛が子癇前症を引き起こす可能性があり、それは視覚的な症状を伴う場合は、警告が必要である – 目、あるいは漠然としたオブジェクトのうずき。この場合も、すぐに入院を必要としています。

胎児のために危険な薬は何ができますか?

ピル、軟膏、注射などの妊娠中の鎮痛薬は将来の子供に害を及ぼすことがあります。医師でさえ、その薬が副作用を引き起こす可能性がある十分かつ有害な物質であるという事実を否定しない。

最初の妊娠では、それらは胎児の発育に影響を及ぼし、強力な薬物の使用により、未来の母親は子供の奇形や先天性病状を冒す危険性があります。

女性がそのような病気に苦しんでいる場合、妊娠中にあらゆる種類の鎮痛薬を摂取することは禁じられています:

私が妊娠している間は、どのような痛みを訴えることができますか?
  • 腎臓および肝臓機能における重篤な障害;
  • 胃腸潰瘍;
  • 気管支喘息。

女性の合併症

時には投薬を受けた後、合併症が起こることがあります:

  • かゆみ。
  • 悪寒;
  • 発疹;
  • 胃の痛み。
  • 発熱。

同様の症状は、薬物を服用してから数時間以内に起こることがあります。それらのうちの少なくとも1つを見つけたらすぐに救急車を呼ぶべきです。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

91 − 89 =

Adblock
detector