2歳未満の子供のための予防接種 | pangudownloads.com
私はママです!

2歳未満の子供のための予防接種

子供の免疫の形成は、育成生物の形成において最も重要な段階の1つと考えられている。このプロセスにおける予防接種は、おそらく最も重要な役割の1つを果たします。そのため、予防接種の問題は、確立された規則に真剣に遵守されなければなりません。

2歳未満の子供のための予防接種

どの予防接種に2歳未満の子供を作るのに時間が必要で、何が特別な注意を払う必要があるのか​​、私たちは記事で説明します。

予防接種とは何ですか?

予防接種とは、将来感染しないように、または病原性の影響を最小限に抑えることができる、病気に対する免疫を発達させるのに必要な少量の抗原性物質を体内に入れるための手順です。

原則として、体は最初の病気の転移後に免疫を発症する。しかし、現代医学は、この病気の深刻な経過を招かないことを学んだ。免疫を発達させるために、今日は病原性ウイルスまたは細菌をシミュレートするのに十分なワクチン接種であり、身体はすぐに抗体の産生に取り組み始めます。

だから、人は治療のために反応しない人(B型肝炎)でさえ、重病を防ぐことができる、信頼できる保護の輪を持っています。幼児に予防接種が必要かどうかという疑問に対する答えがここにあります。

2歳未満の子供のための予防接種のスケジュール

保健省は、予防接種の表と明確なワクチン接種スケジュールを承認しました。このスケジュールは、病気に対する免疫の成功のために守らなければなりません。

子供のための必須の予防接種の表には以下が含まれます:

  • 赤ちゃんの生後12時間以内に行われるウイルス性肝炎に対する予防接種。これは、大腿骨領域において筋肉内で行われる。
  • BCG – 結核に対するワクチン接種は、生後3〜7日で行われます。
  • 次の段階には、1ヵ月齢で実施されるウイルス性肝炎の再接種が含まれる。
  • 2ヵ月後には、ウイルス性肝炎に対するワクチンの注射を繰り返す必要があります。
  • 赤ちゃんが3ヶ月齢のときは、百日咳、ジフテリアおよび破傷風に対する予防接種、ならびに麻疹および血友病に対する予防接種の第1段階を含む包括的な予防接種の時期です。
  • 4,5ヶ月齢では、破傷風、百日咳、ジフテリア、血友病、麻疹などの第2段階が来ます。
  • 6ヶ月齢の小児は、ウイルス性肝炎B型に対する3回目の予防接種と、4.5ヶ月齢で行われた予防接種の再発を待っています。
  • 半年休憩後、12ヵ月齢で、B型肝炎に対する再ワクチン接種の別の段階が開始され、麻疹、風疹およびかゆみ(かゆ)に対する予防接種が行われます。はしかに対する接種は非常に重要です。
  • 1年後の子供のための予防接種は前のことを繰り返す。 1.5年後に、ジフテリア、破傷風および百日咳からのワクチンの反復、ならびに麻疹および血友病感染に対する再接種が繰り返される。
  • 20ヵ月齢の幼児の予防接種の段階が終了しています。現時点では、ポリオ撲滅から2回目のワクチン接種を行う必要があります。
  • そして24ヶ月で、チキンポックスから子どもを育てることができます。

少女にとって、風疹ワクチンは、流産の可能性や重度の悪性児の誕生に直接関係しているので、非常に重要であることに留意すべきである。男子では、乳房に対する予防接種が優先され、生殖器系に影響を与え、男性に不妊症を引き起こす可能性があります。

ワクチン接種の準備

ワクチン接種室に行く前に、準備段階を経なければなりません。予防接種が可能であると考えられる主な状態を覚えておく必要があります。子供は健康で、慢性疾患の悪化の状態にないはずです。

最初のステップは、子供が地区の小児科医に見せて、検査を受けることです。 ARVIやインフルエンザの発症の徴候が見られる場合は、完全に回復するまで予防接種を延期することは有益です。問題は、予防接種が免疫力の弱さで行われるかどうかではなく、深刻な結果を招く可能性があります。

2歳未満の子供のための予防接種

主な理由は、この場合に行われたワクチン接種は期待された結果をもたらさず、免疫力は十分にうまくいかないということです。

赤ちゃんがアレルギー性皮膚炎を患っている場合は、アレルギー反応を予防するために必要な抗ヒスタミン剤の投与を勧めます。

また、あなたの家の誰かが風邪やインフルエンザにかかっている場合は、その瞬間も考慮する必要があります。感染の存在はあなたの子供の状態に有害であり得るので。免疫化後、免疫化後に弱くなり、特に様々な感染の影響を受けやすい。

ワクチン接種前に栄養の問題について言及する価値があります。予防接種の3〜4日前には、ダイエットの革新を控え、通常のメニューに従うことをお勧めします。また、予防接種の前に赤ちゃんに給餌することはできず、体液の摂取量を制限しません。

さらに、赤ちゃんを外部からの接触から守る必要があり、感染の蔓延を避けるためには、集中力の強い場所に移動しないでください。

予防接種の禁忌リストにも

  • アレルギー反応の急性期。
  • 貧血;
  • 体の免疫不全の状態;
  • 感染症;
  • 急性学。

ワクチン接種後のフォローアップ

同様に重要な段階は、ワクチン接種後の期間です。赤ちゃんが一般的な倦怠感を経験している場合、眠りたい場合、または温度のわずかな上昇について訴えている場合は、怖がらないでください。これらは身体がその病気に対して免疫を生成することを示す一般的な症状である。しかし、あなたはそのような状態を過失なく扱うことはできません。

ワクチン接種後、ワクチンへの反応を観察し、起こり得る結果を避けるために病院に座るのに30分かかります。後で、クラムの状態の変化を注意深く監視する必要があります。予防接種後の子供の体温は、原則として上昇します。体温のわずかな上昇は許容されます。

この場合、乳児に与えることができるパラセタモールシロップを3ヶ月間に制限することができます。そして、5歳未満の子供にはアスピリンを投与することはできません!しかし、子供の熱と一般的な弱さは、すでに医者を訪問する機会です。

子供の食事に新製品を含めることは、予防接種後3日以内に行うことができます。ワクチン接種の日にも、通りを歩くことはできませんし、赤ちゃんも入浴することができます。注入部位にシールや炎症が現れる場合は、水を温めて圧縮する必要があります。

子供がワクチン接種を受けると、生ワクチンワクチン接種の日から5日から12日の間に有害反応が予想される。

DTPワクチンをワクチン接種すると、熱性痙攣が起こることがありますが、これは一時的なもので、2週間以内に起こる可能性があります。したがって、彼らは怖がってはいけませんが、支配し続ける必要があります。

赤ちゃんのための予防接種:

2歳未満の子供のための予防接種

確かに、小さな子供の健康は両親の優先事項であり、新生児にのみ予防接種する価値があるかどうかは心配しています。この問題に関する医師の意見は明確である – 予防接種のスケジュールのほとんどの疾患は非常に深刻なものと分類されるため、予防接種が行われるべきである。

小さな有機体が病気の重大な経過に対処できないため、予防接種を受けていない赤ちゃんはより大きな危険にさらされています。 特別なリスク集団では、成長する生物が誕生してより強くなり始める1歳未満の子供たちです。また、3歳未満の子供に予防接種を施すように特別な注意を払うことを推奨する専門家もいます。

したがって、一目瞭然では理解できないほど、より詳細な検査でワクチン接種の問題はかなり簡単です。それはすべて、両親の責任と赤ちゃんの健康状態の変化に注意を払っています。

まず、医師ではなく、あなたの子供の健康を担当していることを忘れないでください。この質問を特に重大な問題で扱うことを忘れないでください。あなたとあなたの子供たちへの健康!

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

33 − 23 =

Adblock
detector