どのように胸の声を開発する:便利なヒント | pangudownloads.com
美容と健康

どのように胸の声を開発する:便利なヒント

人間の声は楽器の一種です。このツールの一部は本質的に私たちに与えられますが、エクササイズとトレーニングによって最適な機能を実現するようにカスタマイズすることができます。

どのように胸の声を開発する:便利なヒント

歌手、俳優、教師だけでなく、美しい自信を持った声を出すだけでなく、より多くの職業があり、その代表者も美しい音を放つべきです。したがって、人々は、音の生成技術を学び、その基本原則とその開発のための練習を知りたいと考えています。

会話中の適切な呼吸は横隔膜でなければなりません。我々が呼吸すると、空気はダイヤフラムの支えで胸郭を均等に膨張させます。

横隔膜の不動の場合には、肺表面全体を使用することができない表面呼吸が生じる。

どの臓器が音の形成に関与しているか

音声装置は、相互に作用し、発声または歌を形成する器官のチームからなる。このプロセスは、それを調整して調和させる神経系によって制御される。

音の形成に貢献する3つのセンターがあります:

  • 肺は、音の発声に必要な空気の供給を提供する。
  • 気流を作ることに関与する胸部および腹腔の筋肉;
  • 音声装置(これはボーカルオルガン)で、喉頭にあります。

音声システムのこの部分のタスクは、音波または音声の作成です。喉頭は母親の子宮に形成され始める。私たちがこの世界に来るとき、私たちは既に反射音に基づいて発達した形の音声装置を持っています。喉頭はまた呼吸するのに役立ちます。

どのように胸の声を開発する:便利なヒント

このシステムの枠組みの中で、噂は、対応する音声信号の大脳皮質を受け取り、それらを制御し発声に影響を及ぼすことができるようにする責任を負う監督当局である。

適切な会話と歌唱のためには、すべての臓器の調和の取れた協力が必要です。ただ一つの間違った行動は、他の違反を伴う。このすべてのために、脳から衝動が必要です。胸の声に影響を及ぼすのは、靭帯の緊張をコントロールするのは彼です。

健全な改善には以下が含まれます:

  • 運動;
  • 否定的な習慣を変える必要性。
  • 固定姿勢。
  • 呼吸の方法;
  • サウンド抽出法。

どのように胸の声を開発するには?

これは大きな体力を必要としません。このためには、意識的に呼吸機能を制御する必要があります。呼気の段階を長くするために、音の抽出過程が生じる間に、ダイアフラムを使用して全体として呼吸することを学ばなければならない。これにより、私たちの演説は美しく共鳴します。

身体と頭部の正しい位置

どのように胸の声を開発する:便利なヒント

体の位置も重要です。それはかなり簡単でリラックスしているはずです。会話中に止むことはできません、それは呼吸機能の低下に影響し、過度に直立した位置は筋肉の張力を逆に増加させます。

同じことが重要なのは、会話中の喉頭の位置に影響を及ぼすため、頭を保持する能力です。ヘッドの前方への過度の伸展、後方への傾きまたは横向きの傾きは、喉頭の機能に悪影響を与える。

強くて共鳴する胸の音は、私たちの主な呼吸筋であるダイアフラムの正常な動作によって生成されます。胸の声でうまく話すためには、完全に呼吸して、すべての肺を空気で満たす必要があります。

女性はなぜ胸部の音に問題があるのですか?小さな女の子でさえ、しばしばあなたのおなかを引き寄せて突き出ないようにする必要があると聞きます。


これは身体のこの部分の緊張を促進し、腹筋は固定され、結果としてより多くの拘束された呼吸が現れる。これを変更することは可能ですか?スピーチ・セラピストや専門家は、多くの女性が静かな声で、不安定で震えていることを強調しています。そのため、声楽器官の病気を防ぐために、音、共鳴、強さを向上させるための演習を行う必要があります。

胸部の発達のための練習

まず、自分の声を知る必要があります。レコーディングで彼らの声を聞いて、驚きの感覚を経験する私たちのほとんどは、それは奇妙に聞こえるようです。あなたのサウンドを録音して聞くことから始めます。その声域と音色を勉強して、実験することができます。胸や腹からの音を演出することで、声は小さく、重くて柔らかい。

実験をすると、私たちはより鋭い声を含む様々なバージョンの音を得るでしょう。

どのように胸の声を開発する:便利なヒント
  1. 毎朝、呼吸や筋肉の弛緩の発達に役立つ怠惰な授乳の形で練習をする価値があります。
  2. 声を発するもう一つの楽しい運動は、羽を吹くことです。あなたはそれらを想像することができます。私たちは、羽が空中にぶら下がり、床に落ちないように十分に吹かなければなりません。これにより、肋骨と横隔膜を刺激することができます。横隔膜、背中の胸部と腰部の筋肉が私たちのサポートです。下顎、喉および頚部、腕および胸部、背中を繋いではならない。リラクゼーションがなければ、自然で美しい胸の声はありません。
  3. 咽喉が柔らかい場合、顎は緩んで、肩も、横隔膜の筋肉も腰も自由であり、呼吸は静かで深い。吸入や呼気の段階が長い場合には、このような緩和状態、落ち着きの状態で呼吸を行う必要があります。あなたの背中に横たわって、胸に物を置き、深く息を吐き、物が入った胸が上がっていることを確認してください。
  4. 改善された呼吸は、呼吸相の延長を伴うべきであり、これは適切な呼吸補助に依存する。横隔膜で深呼吸をしてから、吐き出してゆっくりと手紙を言う “C”, 排出空気は
    投薬する。吸入したときのように吐き出すとき、胸の位置を保つようにしてください。

練習 音声の明瞭化のため

どのように胸の声を開発する:便利なヒント
  1. 音の共鳴中の鼻腔の振動感覚に焦点を当てた大きな音を出す。
  2. ダイヤフラムに手を置き、音を鳴らしながら呼吸する “A”, “O”, “U”, “E”. 胸が振動すると、胸の声はよく発達します。振動がなければ、あなたの胸部レゾネータは機能しません、あなたは胸の声ではない音を発音します。
  3. 演説では、呼気フェーズを延長するために身体運動が非常に重要です。単調に、1回の呼気で有名な諺や諺を発音しようとします。

話してみてください、ゆっくりと、この声はより自信を持って説得力があります。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

2 + 8 =