アスピリンとアルコール:二日酔いを乗り越えるには? | pangudownloads.com
美容と健康

アスピリンとアルコール:二日酔いを乗り越えるには?

多くの人が同時にアスピリンとアルコールの両方を服用しますが、これらの2つの物質の相性は非常に論議的です。彼らは自分自身の中で化学反応を起こし、その結果、体の状態に強く影響します。

アルコールでアスピリンを服用できますか?

アスピリンとアルコール:二日酔いを乗り越えるには?

身体が1番と2番の両方になるとすぐに、薬ははるかに強く作用し始めます。さらに、これらの物質はアンタゴニストである。

アルコールは血漿中の赤血球から微細な凝集体を形成するので、それらの同時投与は毛管系に主に影響する。アスピリンは、対照的に、脱凝集剤として特徴付けられ、血液の凝固能を低下させる。

さらに、アルコールおよびアセチルサリチル酸は、消化管(GIT)の粘膜に対して刺激作用を有する。このため、飲む前に薬を飲む方がずっと安全です。そして、アルコールを飲む前に1日当たり酸を飲むと、二日酔いの重症度を大幅に緩和することができます。

アルコールを伴うアスピリン:胃腸管に対する影響

アセチルサリチル酸は、抗炎症薬に属する。これは、炎症過程を引き起こす酵素シクロオキシゲナーゼの反応を阻害する。しかし、他の医薬品と同様、アスピリンは副作用があります。化学物質や粗悪な加工食品の影響を受けて胃粘膜に積極的に作用します。

アルコールを摂取すると消化管の粘膜が刺激され、アスピリンを飲むと悪影響が二倍になります。これらの2つの物質が頻繁に混合すると、内部出血および他のびらん性潰瘍性プロセスが起こり得る。治療の不在およびさらなる混合は、胃の壁の穿孔をもたらす。

主な危険性は、例えば、大きな血管が破裂した場合など、胃腸管内での多量の出血さえも、ほとんど秘密であるという事実にある。人は、故障、わずかな衰弱、血圧の低下を感じることができます。まれに、意識の喪失が起こります。マイナーですが、定期的な失血は慢性になります。

その結果、胃粘膜の穿孔が起こり(破壊)、鉄欠乏性貧血が発症する。無視されたケースでは、最も根本的な対策ですら効果がありません。

しかし、そのような重大な結果は、アセチルサリチル酸とアルコールの両方を定期的に乱用する人のみを脅かす。慢性胃腸疾患では、これらの2つの薬物の1回の摂取でさえ重大にな​​り得る。

アスピリンの血中作用

アセチルサリチル酸を含有する全ての薬物は、血液が凝固する能力を低下させる。それらは、血管の表面への血小板の付着を防止するので、後者は蓄積して凝塊を形成することができない。このプロセスは、血小板を活性化するトロンボキサンA-2の阻害に関連する。

この効果は、正と負の両方と考えることができる。例えば、アテローム性動脈硬化症および血栓性プロセスに関連する他の病状に好都合に影響を及ぼすであろう。

さもなければ、血液の凝固能力が十分に低いとき、酸は出血を引き起こす可能性がある。潰瘍性プロセスを形成する能力を考慮すると、胃腸壁の穿孔のリスクが大幅に増加します。

アルコールの同時投与は、血液の凝固能をさらに低下させるので、この効果の強化にのみ寄与する。そういうわけで、あなたはこれらの2つの物質を同時に、あるいは小さな間隔で摂取してはならず、使用頻度を乱すべきではありません。

アスピリンとアルコールはどのように肝臓で働きますか?

アスピリンとアルコール:二日酔いを乗り越えるには?

アセチルサリチル酸を含む医薬品は、抗炎症および解熱効果を有する。さらに、それらは鎮痛剤を指す。

しかし、この物質は、特にこの器官に何らかの機能がある場合、肝臓に負の影響を与えます。したがって、医師はそのような救済策を非常に注意して処方します。

そして、アルコールは毒であるという事実は、確かにすべてを知っています。アルコールの乱用は、肝細胞の不可逆的な破壊をもたらす。アルコールとアスピリンの同時使用により、それらの肝毒性が現れる。

重要なストレス、特に頻繁なストレスは、重度の肝臓損傷をもたらす。その結果は、身体の全体的な状態、その個々の特徴および服用量に依存する。

アルコールを飲んだ後のアスピリン - 二日酔いの治療?

上記の状態は慢性的なアルコール依存症の特徴であることにすぐ留意する必要があります。これは、アルコールが患者の代謝において大きな役割を果たし始めた後にのみ形成される。

この状態は、アルコールが液体を大きく移動させるので、血液の肥厚による血管の急激な狭窄を特徴とする。

この状況では、アセチルサリチル酸は、痛みを排除し、プラークおよび血栓の形成を妨害し、その逆もまた妨害しない。さらに、この薬物は、頭痛および腫脹を引き起こす赤血球の微小塊の破壊を引き起こす。

酸の鎮痛効果は、痙攣を引き起こすホルモンであるプロスタグランジンの生成におけるその成分の抑制によって説明される。痛み症候群の前提条件であるのは後者の合成です。

しかし、定期的にそのような救済策に訴えるのは、副作用が非常に多いため、厳格に禁止されています。状態を緩和しないが、体内の毒を取り除く民間の方法や薬を使う方がよい。また、使用される方法の互換性も考慮する必要があります。

アルコールとアスピリンを含む化学反応が血液凝固のプロセスを中断させ、胃の壁の侵食につながることを思い出します。多くの国で胃腸管に悪影響を与えるため、アセチルサリチル酸は小児入院が禁止されています。

結論として、あなたはアスピリンを服用するための原則と規則を明確にすることができます:

  • 消化性潰瘍の人には禁忌です。
  • アスピリンはアルコールの前に服用することができますが、虐待は受けません。あなたは飲酒した後や二日酔いのあいだに飲むことはできません。
  • 上記の2つの物質を同時に使用すると、体に強い悪影響を及ぼします。

提案された宴会の少なくとも2時間前に、それ以降6時間以内に丸薬を飲むことができます。二日酔いでは、急速に溶解する薬で非刺激性の粘膜を取ることが推奨されます。たとえば、アップサリン他のものの中には、飲酒の不快な症状を抑制するクエン酸が含まれています。それはアルコールで隔離された毒を処理するプロセスを活性化するクエン酸です。

また、注意喚起の後の頭痛は、生物の共通の中毒によってだけでなく、大脳皮質の血管に形成される微小血栓によっても引き起こされることに留意すべきである。アセチルサリチル酸は血液を希釈します。つまり、痙攣を和らげます。

しかし、アルコール後の状態を排除するプロセスは複雑でなければならない。身体からアルコールの分解生成物を取り除く必要があります。あなたはいつもそのような薬を饗宴の前に使うことはできません。それらを適度に取る。

アルコールとアスピリンの同時摂取の結果

アスピリンとアルコール:二日酔いを乗り越えるには?

医療行為では、これらの2つの物質の乱用が胃内出血および潰瘍を引き起こす多くの症例が存在するが、最も強いアレルギー反応を発症する頻度はそれほど多くない。さらに、心臓発作、脳卒中、さらには死亡のリスクが高まります。したがって、同時にアルコールと一緒に薬を服用する前に、慎重に考える必要があります。

この薬は異なる用量と組み合わせで利用できるため、一見して同じ治療法をとる効果は異なる場合があります。受け取るには、いわゆる心肺アスピリンがあります。それは清潔な血管の予防のために処方されています。

このような錠剤は、胃の中ではなく、腸の中で溶解するので、消化管を保護する。しかし、アルコールを摂取し、同時にアスピリン心臓を服用すると、伝統的な薬物療法と同じ結果につながります。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

+ 84 = 90