美容と健康

ホメオパシーは閉経と戦うのに効果的ですか?

クライマックスは病気ではありませんが、女性に多くの不便を与えます。ほてり、頻繁に頭痛、気分の可変性、尿失禁、静脈瘤:エストロゲンの減少は、不快な症状を引き起こします。これは人生の質を悪化させ、機会を制限します。

現代医学を提供する治療は、ほとんどの場合、ホルモン薬の予約によって表されます。それらの使用の結果は、エストロゲンの産生の減少によって引き起こされる有機障害よりも深刻であり得る。

閉経におけるホメオパシーの使用は、健康を損なうことなく生活の質を改善するのに役立つ。

ホメオパシーの原則

ホメオパシーは閉経と戦うのに効果的ですか?

ホメオパシーは伝統医学ではありません。治療中、投薬は少量で投与され、この最小量の薬物は身体の特定の反応に作用する。

望ましくない副作用はホメオパシー用量を引き起こさない - それらの摂取量は医師によって常に調整される。個々のアプローチが最大化され、これは更年期には非常に重要です。特定の患者における疾患の発現に固有の症状を考慮する。

ホメオパシーは、寛解時に慢性寛解を維持し、体が衰えると不快な症状を取り除き、体内で起こる代謝過程を矯正することができます。

閉経の最も一般的な問題

ほとんどの場合、クライマックスに言及するとき、あなたは潮について聞くことができます。熱の突然の発生と過度の発汗の出現は女性に疲労をもたらす。

潮は動悸、血圧上昇、時にはめまいが起こることがあります。悪心が感じられることがあります。

状態が正常に戻り、不快な症状が消えると考えるのは間違いです。潮は、心臓血管系の疾患、特に虚血性疾患に刺激を与えることができる。

ホメオパシーは閉経と戦うのに効果的ですか?

更年期性神経症 - 不合理な恐怖、うつ病、不眠症の出現、うつ病につながる可能性のある状態。

膣減肉の粘膜の乾燥による病原性の植物によって引き起こされる外陰膣炎、:エストロゲン欠乏は、膣の酸性度の違反、頻繁に病気親密圏の原因となります。性生活から喜びを受けることができないことは、道徳的な不快感を引き起こす。

肌の乾燥が増え、色素沈着があります。泌尿器系の側面からも、不快な変化があり、排尿が頻繁になり、尿失禁が現れることがある。血管壁が薄くなり、不可逆的な血管変化を引き起こす - 静脈瘤。代謝過程の速度を低下させることは、体重増加を引き起こす。

女性ホルモンの欠如は、骨粗鬆症の最も一般的な閉経によって活性化される疾患を引き起こす。骨が緻密になり、図形が変形し、骨折の危険性が高まり、これはわずかな衝撃荷重で起こる。

これらの問題はすべて、閉経に対するホメオパシーの使用の適応です。

ホメオパシーによる更年期の治療

医学的なホメオパシー製剤は薬局で販売されており、必ず指示が与えられているにもかかわらず、医師の監督下で治療コースを受けることが望ましい。

ホメオパシーは閉経と戦うのに効果的ですか?

閉経時の満潮時ホメオパシーは、一般的な条件を緩和し、徐々にほてりの頻度を減らすのに役立ち、ホメオパシーの薬は、不快な症状を解消し、体内の様々なシステムについて、加齢に関連した変化の出現を減らすことができます。少量の物質は柔らかい効果があります。

«セピア" - 主要な活性物質 - イカイ。 、血液の循環を改善し、トーン子宮の筋肉を増加させ、膣内細菌叢を回復するのに役立ちます - 痔のために推奨される外陰膣炎の治療を促進します。

«怠け者" - 主要な活性物質 - ヘビ毒。複雑な治療では、血栓性静脈炎、関節炎、痔核、心血管系の疾患および腸管の治療に役立ちます。

早期閉経にホメオパシーでコースを含めるようにしてください - 毎月のサイクルを正常化する卵巣機能を安定化させ、婦人科臓器における良性腫瘍の発生を低減または排除します。

«Actaea rotsemoza" - 医薬品の心臓部 - 薬草の抽出物はカラスが陸地のようなものです。この薬剤は、女性だけが植物性エストロゲンを栽培し、閉経に効果的であるだけでなく、彼は、周期的な出血の間にすぐに月経痛を止め、その期間を短縮し、卵巣と子宮への血液供給を正常化する。仙骨の月経による胸痛と痛みを取り除きます。閉経時の緊張の症状を軽減します。

ホメオパシーは閉経と戦うのに効果的ですか?

«Glonoin Homaccordサンザシの抽出物、ニトログリセリン、およびズジズニク処女からなる。特に重度の頭痛、窒息感、動悸の増加を伴う潮の除去を目的としています。それは、腸内の片頭痛、血管痙攣、痙攣現象を取り除くのに役立ちます。緑内障の治療に有効性を示しています。

非常に興味深い基本的な活性物質は、Acidum sulphuricum"硫酸です。手に震え過度の緊張を排除するための行動の医学分野、発熱が、それは、気分の可変性を取り除くことができますほてりを軽減します。また、長期の下痢を伴う腸の正常化にも寄与する。

«ゲルゼウム" - バージンジャスミン。それは泌尿器系の問題に使用され、頻繁な排尿への衝動を止め、圧力を安定させるのに役立ちます。 1週間以内に適用されると、突然の衰弱の間に目の前で飛行が止まる。

ホットフラッシュを除去し、更年期の間の不快な状態を排除する最も有効な薬物の1つは、プルサチラ"それは多くの慢性疾患で使用され、特徴的な更年期症状を排除します:頻尿と灼熱感、急性症状を治癒します。

複雑な療法が導入されている病気は、プルサチラ»:

ホメオパシーは閉経と戦うのに効果的ですか?
  • 神経衰弱;
  • 頭痛;
  • 結膜炎;
  • 鼻炎;
  • 中耳炎;
  • 眼瞼炎;
  • 神経痛;
  • 関節症;
  • 関節炎;
  • 肺炎;
  • 気管支炎:
  • 静脈瘤;
  • 膀胱炎;
  • 夜尿症;
  • 湿疹;
  • 胃炎。

ホメオパシー製剤の使用に関する適応症 "Pulsatilla「更年期は、灼熱感、衰弱、めまいの頻繁な発作、四肢の震えです。ホメオパシー調製物は、顆粒、錠剤または滴剤の形態で製造することができる。

彼らの多くの行動は似ているので、あなた自身で最適な治療計画を決定することは不可能です - 有能な医師の相談が必要です。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 3 = 6