睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用 | pangudownloads.com
美容と健康

睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用

確かに、少なくとも一度私の人生でみんなが不眠症のような現象に出くわした。あなたが本当に眠りにつくが、働かない状態は危険です。長期にわたる障害の場合、精神的感情障害の可能性が増す。朝早く起きる必要がある場合はどうすればいいですか?何かであなたは眠りにつくことができません。

睡眠障害に使用される医薬品

睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用

それぞれの人は不眠症の治療法を持っています。誰かが瞑想に従事しています。誰かが夜のために穏やかなお茶を飲み、お風呂に入っています。しかし、問題が長期的な経過を特徴とする場合、従来の方法は助けにならないので、特殊な薬物群の助けを借りて行う必要があります。

さらに、この現象は、独立した違反として発生するのではなく、副次的なものとして医師への紹介を必要とする。専門家は、原因を突き止め、可能であれば、その原因を取り除くべきである。それ以外の場合は、追加の健康上の問題を回避することはできません。さらに、夜間の休息の質を改善するための療法が処方されている。

薬物(催眠薬)は4つのグループに分けられます:

  • アルファシリーズ "抱水クロラール"、"ブロミゾフ");
  • 抗ヒスタミン剤( "Dimedrol"、"スープラスティン");
  • バルビツール酸塩( "フェノバルビタール"、"エタナール");
  • ベンゾジアゼピン誘導体( "ジアゼパム")。

これらの手段はすべて、行動の一般原則を持っています。脳の活動、体の筋肉をリラックスさせ、脳波を遅らせ、緊張と不安を和らげます。彼らは人体からの同化と排泄の時間が異なります。たとえば、催眠的な速い行動が必要なときは、その効果がすぐに出てくると思っているだけでなく、間もなくそのことを考えなければなりません。これらの群のすべての薬剤は、急速に 眠る 同時に深い段階を減らすことができます。

睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用

インパクトの度合いによって、それらは軽、中、強に分かれています。強いのは、メサクアロン"、"抱水クロラール"、中央に - "フェナゼパム"、"フルラゼパム"、肺に - "ブロムレル"

バルビツレートは体内で7〜8時間作用する。それらは中枢神経系に好都合に作用するが、いくつかの不快な副作用を有する - 習慣性であり、睡眠の構造を乱す。人はよく眠りますが、体は休まないので、翌朝、衰弱、倦怠感、貧弱な健康状態があります。

ベンゾジアゼパム誘導体はあまり効果的に作用せず、眠りの期間を大幅に短縮し、健全な睡眠の発症を促進し、中枢神経系に落ち着かせる効果を有する。ナイトレストは自然と非常に似ています。このグループの本質的な利点は、習慣性の効果の欠如です。

上記の薬はすべて処方箋で処方されなければなりません。それを自分の目的のために薬局で購入することはほとんど不可能です。

大人のための市販薬

いくつかのよく知られた製品がドロップで入手可能であり、処方箋なしで販売されています。彼らは夜の安静の質に有益な効果があります。たとえば、 "Corvalol"、 "Barbovale"まさにそのようなものです。母親の既知のチンキ、バレリアンとサンザシのルーツをすべて控えないでください。

これらの薬剤はすべて、問題を解決するのに役立ちます。あなたは医者の助けを借りなければできません。これらの薬物は、鎮静効果(鎮静)を有し、不安を解消し、ストレスを軽減する。数ヶ月間適用することができます。非常に強い障害がある場合、滴の数を増やすことができ、それは1回の受信あたり30を超えてはならない。

さらに、これらの薬物を組み合わせることもできる。たとえば、 鎮静と睡眠の改善は、バレリアンチンキ10滴と同じ量の "Barbovale"それらを混ぜ、少しの水を加えて食べる。あなたはそれを飲むことはできません。

他の薬と同様に、これらの救済策は否定的な反応を引き起こす可能性があります。非常に頻繁に、就寝前または長期間の使用前に投薬量が増加すると、アレルギー反応が起こる。したがって、これらの資金の安全性にもかかわらず、入院時にはあなたの体にもっと注意を払う必要があります。これは任意の薬草療法にも適用されます。

睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用

錠剤の形態で製造された薬物に関しては、ソンミル"そして"ドノミール"人が睡眠薬を使用しない前に、睡眠薬を半分服用すれば、睡眠時間が短縮されます。 «ドノミール"異なるパッケージと用量で利用可能です。

救済は非常に効果的で、レセプションが保証された後、8時間の睡眠になります。その基本的な利点は、睡眠段階への影響がないことです。薬を服用する過程は2週間を超えてはならない。 1ヶ月後、治療を繰り返すことができます。

«ソンミル「催眠薬、鎮静薬、抗ヒスタミン薬の効果があります。それは前のものよりも強いので、受付の効果は長く続きます。しかし、この薬を服用すると、午前中に重度の眠気が発生します。後者が現れたら、線量を減らすか、受信を完全にキャンセルします。

不眠症用の「スリープフォーミュラ」

このエージェントはphytocomplexです。それは、リラックスして、鎮静し、ハーブを誘発するだけでなく、夜の休息の質に影響を与えるマグネシウムとビタミンB6で構成されています。

睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用

マグネシウムは神経系に好意的に作用し、興奮性を低下させ、ビタミンB6は感情状態にプラスの影響を及ぼす。体内にマグネシウムがない場合、睡眠薬の効果は最小限に抑えられるため、その予備薬を補充する必要があることは注目に値する。

«スリープフォーミュラ「夜間休憩の質は徐々に回復しています。定期的に使用すると、睡眠に関連する問題がなくなります。 Fitokompleksは感情的緊張を取り除き、眠りやすくなり、夜間の休息時間と質を向上させます。

組成物中の生物活性物質:

  • ホップ。睡眠を改善するために適用され、特に過度の神経興奮性の場合に有用である;
  • 母虫はイリドイドの源です。それは穏やかに働く。
  • Eschsolciaは軽度の催眠作用と鎮静効果があります。
  • マグネシウムは、神経および筋肉の興奮性のプロセスに関与する。身体が神経インパルスを伝える必要があります。この要素は、ビタミンB群を含む多くの酵素反応を活性化する。
  • ビタミンB1、B6、B12。彼らは神経系の活動の調節に参加し、他の物質と一緒に神経細胞殻を形成し、神経インパルスの伝達のためにマグネシウムのように必要である。ビタミンB群を別々に服用する方が効果的です。バランスのとれた比率は、体に抗ストレス効果をもたらします。

少なくとも20日間寝る前に、薬物を30分飲む。睡眠障害が定期的に発生する場合。治療は1年に4回まで行うことができます。

速い睡眠と睡眠のための薬:副作用

睡眠改善薬:種類、行動原則および副作用

多くの人が毎日睡眠薬を服用していますが、体に負の影響を与えることは全く考えません。この薬が速くて強い効果を持つ場合、心臓病、血管疾患、さらには精神病の人には禁忌です。

睡眠薬は、他の薬と同様に、草の上で睡眠を改善するための薬物は、早期に中毒になるので、規定期間より長く取ることはできません。

あなたがこの事実を無視するならば、将来の人は薬の効果を高めるために、用量を大幅に増やす必要があります。管理されていない使用の背景に対して、精神的依存が発生する可能性があります。

Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

− 2 = 8