鼻腔の嚢胞 | pangudownloads.com
美容と健康

鼻腔の嚢胞

鼻腔の嚢胞は、私たちの時代にはかなり一般的な現象です。新生物は、しばしば、別の疾患を検出することを目的とした診断研究を行う過程で、医師によって検出される。

鼻腔の嚢胞

炎症性の液体で満たされたこの泡は、原則として決して現れません。患者は痛みや不快感を経験しません。あなたが苦情を受けておらず、腫瘍が誤って診断された場合は、緊急治療は必要ありません。治療を開始するための適切な時期を選択する機会があります。

上顎洞に局在する嚢胞は、粘膜に位置する腺からの分泌流出の違反の結果として現れる。

新生物の分類

腺上の膀胱の内容の性質に応じて、突起を区別する:

  • 粘膜;
  • 漿液性;
  • フェイシング;
  • 空気で満たされている。

嚢胞は異なる方法で分類することができます。真性または恒常性ならびに偽性または嚢胞様新生物がある。最初のものが内側と外側の両方から滑らかなボールで裏打ちされている場合、第2の内側は異なるタイプの組織で覆われています。

真の形成は、肛門洞の壁にセット内に位置する腺の管の閉塞のために、鼻の人に現れる。炎症性液体を内包する偽嚢胞は、アレルゲンの作用、感染症または上顎の歯の炎症に基づいて生じる。

鼻洞の嚢胞のX線写真では、偽か真実かにかかわらず、同じことが見えます。臨床像も事実上区別できません。しかし、これは同じ治療計画が使用されるので、治療には影響しない。

鼻の問題の原因

上顎洞における膀胱の発症メカニズムを理解することは困難ではない。鼻腔の粘液層は粘液を常に産生する腺を含む。各腺に排泄管が付いており、これは鼻の副鼻腔の粘膜の表面に現れる。

通常の炎症プロセスは、時間の経過とともに、副鼻腔の内面が肥厚し、出口を塞ぐという事実をもたらす。アイロンは粘液の形成に取り組んでいることが判明していますが、そのための方法がないので、組織は液体の開始時に伸びています。

だから鼻洞の嚢胞があり、その症状は初めて無視することができます。ほとんどの場合、鼻の新たな成長が予期せず起こり、患者の幸福に目に見える影響を与えることなく、目に見えないほど「座っている」。

鼻腔の嚢胞

人は人生を送ることができ、バブルの存在については決して学ぶことはできません。しかし、病変の大きさが増し、最終的に成長して病変にアクセス可能な空洞全体を占有する場合、悲しい絵もある。スペースは完全に詰まる可能性があります。

時間をかけて鼻腔の嚢胞を治療する方が良いです。病原性微生物が体内に侵入すると、膿の発生を伴う教育で炎症が始まる可能性があります。

このような疾患の症状は、急性上顎洞炎の場合と同様である。

歯原性嚢胞(炎症のために成長した嚢胞)の出現は、

  • 虫歯
  • ハード口蓋の下降;
  • 顔の非対称性。

このような嚢胞は、常に鼻腔の底に位置し、保持および嚢胞性新生物は、空洞の任意の部分を占めることができる。

症状のニュアンス

鼻の腫瘍が成長する時間がない場合は、ENTの医師に予定されているハイキングで診断することができます。初めて、あなたは一般的な倦怠感の訴えを持って医師に向かいましたか?鼻腔の嚢胞は長い間あなたに生息していた可能性があり、単に診察を受けることなくそれを特定することは不可能でした。

免疫の一般的な弱化を伴う微生物の作用下で、ある時点で、上顎腔に位置する気泡が膨張し始める。そして、問題を示す新しい症状があります。

鼻の中に炎症性の液体が泡が形成されているという考えにあなたを導くために、

鼻腔の嚢胞
  • 眼窩周囲領域に痛みがあり、これは上顎洞の投影である。
  • 頭を前に傾けると痛みが強くなります。
  • 鼻から離れているか、咽頭の後面を流れ落ちる粘液分泌物(粘性物質に膿を含むことがある)に気付きました。
  • 登場し、顔面非対称を進行し始めた:腫瘍の出現によって、どちら側に、鼻の壁の腫れ増加、眼球の位置をシフトしてもよいです。

鼻腔が完全に閉塞されていると、さらに不快な症状がさらに現れます。

この場合の副鼻腔嚢胞は、重度の頭痛発作、患部周囲の圧迫感、鼻呼吸困難を引き起こす可能性があります。痛みは歯や目にも現れます。

診断機能

医師の診察または伝統的なラジオグラフィーの助けを借りて新生物が明らかにされた後、その性質を決定するためにさらなる研究を行う必要がある。嚢胞を正しく分類し、得られた結果に従って有効な治療を処方する必要がある。 X線画像によって提供されるデータは、腫瘍の特性を決定するのに十分ではない。

ENTの実践においては、以下の研究方法が用いられる:

  • 穿刺;
  • 聞こえる。
  • 内視鏡;
  • ラジオグラフィー;
  • コンピュータ断層撮影。

良性の形成の発生の追加の間接的な証拠は、顔面非対称変位と眼球患部の近くに腫れだけでなく、浮腫、増加甲介、鼻ポリープの増殖として呼び出すことができます。

診療所または自宅での治療

患者は自宅で民間療法を受けるか、病院で問題のある腫瘍を取り除く現代的な方法をいつでも選択できます。

人民協議会は正常に復帰するのを助けるでしょう。自宅で癒しの雫を自分で準備することができます。これにより、将来の再発の発生を予防し、予防することができます。

嚢胞が検出されたときに鼻に点滴するために推奨されるオプションのいくつかを以下に示します:

  • アロエジュース - 各鼻孔にわずか3〜5滴。
  • グリセリン(1ティースプーン)、ミイラ(2g)および水(1大さじ)の混合物 - 1日中3回ドリップ;
  • 森林のシクラメン塊茎のジュース - 水で1:4の割合で飼育し、朝に1週間、2滴を掘る。
  • 黄金の口ひげのジュース - 各鼻の通路に1日3滴。
鼻腔の嚢胞

伝統医学の修復機能について意見を共有していない懐疑論者は、唯一の臨床現場では、嚢胞性腫瘍の治療の近代的な技術を使用して、問題を取り除くことができますと主張しています。

多くの医学研究に示されているように、教育のデータは時間とともに解決しません。さらに、彼らは容易に薬物の影響を受けません。したがって、問題を解決する唯一の100%信頼性の高い方法は外科的介入です。

問題は、偶然に検出されたと患者の不安を起こさない場合ENT医師人気の信念の中で、それはそれは、すべてを残して、体内の仕事に干渉し、業務への影響を与えないよう最善であること。

バブルの状態の悪化を見逃さないように、時々状況を観察することだけが重要です。

しかし、鼻腔の嚢胞が有意に腔を閉塞し、痛み、不快感、腫れを引き起こした場合、手術なしで行う方法はありません。

あなたの鼻に新生物の疑いがある場合は、直ちに医師に相談してください。私たちが見るように、診断と治療の両方が複雑なプロセスであるため、自己投薬に従事しない方が良いでしょう。

現代医学は、検査やX線検査中に予備診断が確認されたとしても、腫瘍の検査や治療の問題でははるかに進歩しているので、パニックにはなりません。

主治医と調整された静かな思慮深い行動は、あなたの回復につながります。

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

63 − = 53