妊婦にどのように日光浴をするのですか? | pangudownloads.com
私はママです!

妊婦にどのように日光浴をするのですか?

妊娠中の女性も人であり、夏には暖かい太陽の下に浸かっていたい。残りの間に赤ちゃんに害を与えないように、特定の規則を覚えておくだけでいいです。

私は太陽の下で妊娠して日光浴することができますか?

妊娠中は、ホルモンの背景の変化による日焼けがより早く起こることを覚えておく必要があります。エストロゲンのレベルは急速に増加しており、色素 - メラニンの生成を促進させる。短時間の肌にはチョコレートの色合いが現れます。従って、深刻な合併症を避けるために、将来の母親は海岸の行動規則に非常に慎重に近づくことが望ましい。

妊娠中の女性が日焼けすることは可能ですか?

この質問に答える前に、肯定的な瞬間に注意する必要があります。

妊婦にどのように日光浴をするのですか?
  • 日光浴は喜んで妊娠中の女性の健康を改善する。
  • 太陽の下でビタミンDが産生され、胎児にくる病が発症するリスクを軽減します。
  • 日光が免疫を増強し、代謝を改善する;
  • 太陽の下では、汗がより集中的に放出され、それと共にスラグと毒素が残る。

未来の母親の太陽は、素晴らしいエネルギー源であり、素晴らしい気分です。したがって、ビーチの休暇の後、女性はしばしばうつ病や毒物を失います。

妊娠中は、特定の規則に従えば、ビーチで日光浴をすることができます:

  • 長い間ビーチにいないでください。週2〜3時間以内に数回ビーチの休暇を割り当ててください。
  • 頭の上にパナマを着て、そしてサングラスの目の上に。
  • 太陽の下で寝ないでください。 「バーンアウト」;
  • あなたの近くで涼しい非炭酸水を保つ。急激な温度変化が寒さにつながるだけで、寒さではありません。
  • 防腐剤や香料を含まない特別な日焼け止め剤を使用してください。
  • 太陽暴露の持続時間は1時間を超えてはならない。日光浴のために、最高の時間は午前7時から午前10時まで、夜は17時から夕方までです。このルールを無視すれば、熱中症を得ることができます。妊娠した女の子は熱に敏感です。また、太陽に長時間さらされると、妊婦の静脈瘤が発生する可能性があります。
  • 高い防腐力を持つクリームを使用する - UFフィルター。太陽の光線は未来の母親のためだけでなく、赤ちゃんのためにも有用であることを忘れないでください。なぜなら、ビタミンDは太陽の下で産生されるからです。
  • ビーチでは、動きを拘束するものではなく、発汗の多い地域では刺激の出現を引き起こさない天然素材製の広々とした服を選びます。
  • 木の陰や傘の下にあっても帽子をかけることを忘れないでください。
  • あなたの目を守る。妊娠中、多くの女性は、目が日光に敏感になることに注意します。したがって、便利な右サングラスを選んでください。

なぜ妊婦が日光浴できないのか

私たちの母親や祖母は、それが妊娠で日焼けする価値がないと言います。

そして、これにはいくつかの理由があります:

妊婦にどのように日光浴をするのですか?
  • 乾燥した空気湿度による日射病または健康状態の悪化の可能性;
  • ビーチであなたは偶然に脚を怪我することができ、麻痺に感染をかけることができます。これは母親の状態や胎児の発達に最も影響します。
  • 多くの人が海岸に座っており、例えば胃の中でボールを打つなどのリスクが増大する。

あなたが小さな場所で休息している場合は、不快な瞬間を避けることができます。

靴の中だけで砂の上を歩いてください。また、体に大きな巨根がある場合、太陽の光線が安全でないことを忘れないでください。この場合、太陽の下での長期滞在は皮膚癌につながることが知られている。

妊娠中にサンルームで日光浴することはできますか?

太陽の光が十分でない冬には、年中いつでもサンルームを訪れることができます。この期間中にカタラーム病の発生を避けることができ、ソラリアムは女性の身体を保護する機能の強化を促進します。紫外線の影響でビタミンDが生成されます。ビタミンDは筋肉、歯、骨を強化するためにリンとカルシウムを吸収する必要があります。

しかし、人工日焼けは将来の赤ちゃんの発育に有害であるという意見が多くの医師にあることを覚えておく価値があります。したがって、ソラリウムを訪れる前に、医師と相談する価値があります。

ソラリウムを訪れる前に、特定の規則に従ってください:

  • セッションは30分を超えてはなりません。
  • セッションの前に、アレルギー反応がないようにメイクアップと香水をすすいでください。
  • 高血圧、乳房疾患、真性糖尿病、またはソラリアムが禁忌である他の病気のためにソラリウムを訪れないでください。
  • 不十分な眼の保護が網膜の熱傷につながる可能性があるため、特別な眼鏡を使用すること。
  • 親密な場所の皮膚領域がより柔らかくて敏感であるので、完全に裸で日焼けしないでください。

ソラリウムの妊婦は簡単に傷つき、赤ちゃんの状態に悪影響を及ぼします。子供の汗腺はまだ形成されていないので、あなたの体温に従うことが望ましく、どんな場合でも過熱しないことが望ましいです。さらに、妊娠中に、例えば、あなたが年齢の斑点で覆われたくない場合、バーンアウトは望ましくありません。

妊婦が入浴できるか?

妊婦にどのように日光浴をするのですか?

海への入浴は体にプラスの影響を与えます。

海水は長い間その治癒特性として知られています。また、水泳時には柔らかいボディマッサージを受けることができます。女性の "面白い" 予防原則に基づいて海で泳ぐことができます。まず、温度が25度以下であれば水に浸さないでください。

日中は入浴をやめ、日焼けを起こすこともできます。

ほとんどすべての妊婦は発作を起こしやすいので、泳げないでください。夫と一緒に会社に入院してください。

底に注意してください。それがストーニーならば、特別な靴を購入して、けがやけがをしないようにしてください。また、クラゲや有毒な魚があるところでは泳がないでください。海に行って、波のエンターテイメントを控えてください。

たとえあなたが低温や嵐のために泳ぐことができなくても、怒らないでください。妊婦の体に起こる過程では、海岸のサーフ音や新鮮な空気が積極的に影響します。淡水域での入浴は、感染を起こさないよう避けてください。特に、野生のビーチを避けてください。

妊娠初期に日焼けすることはできますか?

恐怖がなければ、最初の妊娠で日光浴をすることができますが、2〜3日には、安全対策を遵守する必要があります。日差しを浴び、徐々に太陽の下で30分から2〜3時間の間滞在してください。

放射線を反射して皮膚に日焼け止めを塗ってください。開いた太陽の下で座って長い時間のために有害であることを忘れないでください。あなたが気分が悪い場合は、十分な水を飲んで休んでから、必ず医者に相談してください。

将来のお母さんであれば、妊娠初期の段階で日焼けすることができます。

これに対する禁忌は、後の言葉よりも少ない。後の言葉では、太陽の光線は、妊婦が医師のすべての規則と勧告を考慮に入れた場合にのみ有益です。

Previous PostNext Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply

14 − = 11